ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ダイゴ「そんな…!何千万年も前に、誰がどうやって恐竜にサイボーグ手術を!?」


ステータス

別名恐竜兵器
英表記 Dinosaur Weapon WEAPONIZER
身長58m(1号)/60m(2号)
体重6万5000t(共通)
出身地研究都市ダイナソアバレー

概要

第23話「恐竜たちの星」に登場。


謎の異星人ナーガが肉食恐竜タルボサウルスを改造して生み出したサイボーグ。2機が存在し、生体部分の皮膚が緑色なのが1号、やや紫がかった色なのが2号。

ウェポナイザー1号ウェポナイザー2号
WEAPONIZER_1WEAPONIZER_2
恐竜兵器  ウェポナイザー1号恐竜兵器  ウェポナイザー2号

同じくナーガに改造されて恐竜人類(ディノサウロイド)へと進化を遂げた恐竜・アダムとイブによってコントロールされる。

1号をイブ、2号をアダムが操作するが、ナーガ側から2体同時に動かすこともできる。


胸部のミサイルバルカン砲と鋭い爪、尻尾による打撃、マルチタイプでは押さえ込めないほどの怪力など、いかにもサイボーグと言った戦力を揃えており、その戦闘力は侮れない。

最大の脅威は体内に埋め込まれた中性子爆弾で、1号と2号が接触すると起爆する仕組みになっている。ホリイ隊員は「爆発すれば地球上の半分の生物を消し去るほどの威力がある」と分析した。


迂闊に攻撃できないのをいいことにGUTSティガを一方的に圧倒するが、紫の姿へと変わったティガの凍結攻撃で2体とも停止させられ、変形型ハンドスラッシュで地面に陥没し爆発。

飛び出した中性子爆弾は間一髪でティガにキャッチされ、ナーガの円盤を破壊するのに利用された。


以降の作品での活躍

ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 新たなる二つの光

エピソード6「侵略者の島」に登場。

宇宙人ナーガが南海の孤島に建造した地球侵略の前線基地を防衛するべく、出撃させた怪獣。

原作と同様に中性子爆弾を持っているため、制限時間内にウェポナイザーを倒さずしてナーガの基地を破壊することが勝利条件となる。基地を破壊するとウェポナイザーは機能を停止するが、ティガは構わず空へ去っていく。せめて中性子爆弾ぐらいは持って行った方がいいのではなかろうか…。


余談

スーツは新造ではなく有り物の恐竜のスーツを流用したもの。最初はパキケファロサウルスのサイボーグとしてデザインされた。

それはそれで見てみたいと思う諸兄もいるだろうが、当時は「ハゲ面みたい」と不評であり、タルボサウルスベースに描き直された。残念。


本エピソードは他のSF作品のような要素も連想され、さながら『宇宙戦艦ヤマト完結編』や『ゲッターロボシリーズ(特に初代)』或いは『ドラえもん のび太と竜の騎士』をミックスさせてウルトラシリーズでやったような展開にも感じられるものである。


関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣

恐竜人類アダム/イブ


タルボサウルス 地球破壊爆弾

機械竜 メカザウルス

関連記事

親記事

ティガ怪獣 てぃがかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13702

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました