ピクシブ百科事典

恐竜人類アダム/イブ

でぃのさうろいどあだむといぶ

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する怪人(?)。創造主のナーガについてもこの記事で解説する。
目次[非表示]

ダイゴ「同じ星に生まれた者同士、なぜ戦う必要がある!?」
アダム「弱肉強食が、地球の掟だろう!」

概要

別名:恐竜人類(ディノサウロイド)、恐竜人間
身長:1.7m(共通)
体重:70kg(共通)
出身地:6500万年前の地球
演者:松田洋治(アダム)、鈴木みさと(イブ)


第23話「恐竜たちの星」に登場。

宇宙人・ナーガが、絶滅を免れた雌雄2体のステノニコサウルスを人工的に進化させて作り出した知的生命体。
本来は竜人のような姿をしているが、人工皮膚を被ってホモ・サピエンスから進化した現人類と同じ容姿に偽装している。ただし、手は本来の恐竜のままとなっており、首から上だけに人工皮膚を着けているものと推測できる。

どちらも強靭な耐久力と回復力を持っており、彼らの本来の皮膚の強度はTPCの一般隊員にデザートイーグルで狙撃されても全く傷を負わないほどに高く、その際に剥がれた人工皮膚も短時間で治癒してしまう。
また、恐竜から進化した存在であるため、人間離れした身体能力を持ち合わせており、両腕の鋭い爪を使って敵を攻撃する。

イブがウェポナイザー1号、アダムが2号をコントロールする権限を与えられている。

本来は争いを好まない温厚な種族だが、当初は自分たちを絶滅から救い、あまつさえ進化までさせてくれたナーガを敬っていたため、自分たちが騙され利用されていたことには全く気付けなかった。

ウェポナイザーを使って人類に汚された地球を一度綺麗にしてから、恐竜人類が繁栄する新世界を構築する未来をナーガから約束され、自分たちの未来のために計画を実行に移すが、マドカ・ダイゴから「ナーガに騙され、利用されている」「爆弾を埋め込まれ、改造されたウェポナイザーをかわいそうだと思わないのか」と指摘されたことでイブはナーガに疑問を抱き、迷い始める。

一方、アダムは頑なにナーガを信じ、鋭い爪を振るってダイゴに襲い掛かるが、2人の争いを止めようとしたイブがビルから転落した際にダイゴが変身したウルトラマンティガに助けられたことで考えを改める。

ウェポナイザーとナーガが斃れた後、ダイゴから地球人との共存を提案されるが、騙されていたとはいえ地球を破壊しようとした自分たちの行いを理由にその申し出を辞退。本来の姿に戻った2人は、あらかじめ用意していた宇宙船に乗り、新たな故郷を探すために旅立っていった。

ナーガ

別名:恐竜人類(ディノサウロイド)
身長:不明
体重:不明
出身地:惑星ディノゾア
CV:多岐川まり子


「人類に警告する。地球は、我々ナーガが支配する。我らナーガは宇宙の神だ、無駄な抵抗はするな」

かつて恐竜が繁栄していた時代の地球を支配していたと語る宇宙人。
自らを「」と称する傲慢な性格の持ち主。

タルボサウルスやステノニコサウルスをウェポナイザーや恐竜人類に改造した張本人で、アダムとイブは自分たちの創造主である彼らを信頼しているが、ナーガは地球に生きる全ての生物(恐竜人類を含む)を滅ぼした後で地球を支配下に置こうと企んでいた。

劇中では本拠地としている半透明の巨大円盤から出ることが一切なかったため、その容姿は不明だが、現れただけで機械類の機能を止めることができる。おそらく円盤に備え付けられた機能だと推測される。

あらかじめ唆していたアダムとイブにウェポナイザーに搭載されていた「中性子爆弾」を起爆させるよう命じ、目的を達成しようと目論むが、2人がダイゴの指摘やウルトラマンティガの行動から自分たちの行いに疑問を持ち始め、ウェポナイザーのコントロールを手放したためにその主導権を奪い自らの手で計画を実行しようとする。

しかし、計画はティガの活躍で失敗。最後は円盤に中性子爆弾を投げつけられ、ゼぺリオン光線を受けて爆死した。

名前の由来はインド神話仏教説話に登場する蛇神(龍神)・ナーガ。ティガの世界観にはクトゥルフ神話のテイストがあることから察するに、その正体は……

関連項目

ウルトラマンティガ ウェポナイザー

関連記事

親記事

ウェポナイザー うぇぽないざー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「恐竜人類アダム/イブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 815

コメント