ピクシブ百科事典

ゴルドラス

ごるどらす

ゴルドラスとは、特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

別名:超力怪獣
身長:75メートル
体重:8万2千トン
出身地:異次元(時空界)

ウルトラマンティガ第36話「時空を越えた微笑み」に登場

時空界から現れた異次元怪獣で、金色に輝くボディを持つ。
時空を歪める能力を持ち、エリア桜ケ丘に世界中の磁場を集めようとした…それでどうしたかったのかは不明だが
から放つ閃光光線武器バリアーを張る事も出来、デラシウム光流を弾き返したうえ光線を重ねがけしてティガの張ったバリアを破るなどの行為を行っていることから考えてもかなり知能は高い。
ただし、角を破壊されるとこれらの攻撃は愚か時空界に帰ることすらできなくなる。また、攻撃および防御のあと0.3秒間のみ隙が出来るという弱点も存在する(どこかで聞いたような話だ)。

シルバゴンとの関係

彼が登場するエピソードは、元々「これまでの敵で最強だった剛力怪獣シルバゴンの親分的存在を出す」という構想から制作が始まった。
異名が「剛力」に対し「超力」、色がシルバーに対しゴールドというのも、シルバゴンとの対比から来ている。

しかし実際に完成した本編はドラマパートが重視されており、ゴルドラスの「怪獣としての強さ」はあまり強調されていない(というかほぼ逃げ腰だった)。
実際、時空界に入ったものは空間のゆがみでたちまち死んでしまい(ティガは平気だったが)、拡大すれば48時間で関東消滅し、わずか1カ月で地球全てが時空界になるという恐ろしい事態に陥っていたので、ゴルドラスは何もしなくても世界を滅ぼせるほどの力を持っていた(実際、時空界を作って自分だけ逃げて安全圏で地球を滅亡させようとしていた)。つまり持つ能力が強すぎてロクにケンカもしたことが無いが故に、戦いの経験が欠如していたのだろう

脚本段階では「シルバゴンに似ている」というセリフも存在したが実際には使われず(というかぶっちゃけ角の形ぐらいしか似ていない)、ホリイ隊員が「磁場の乱れやすい場所」としてシルバゴンのいた獅子鼻樹海を挙げているのが僅かな繋がりとなっている。

それでも企画当初の名残か、放送当時の児童誌などでは「これまでで最強の敵」「シルバゴンと同族だが格上」と記述されている。
その割に内部図解はまるで似ていないが
例えるならのシルバゴン、のゴルドラスとでも言うべきか。

着ぐるみはヤナカーギーに改造された事もあり、シルバゴンとの共演は叶わなかった。

ゲームにおいて

プレイステーション用格闘ゲーム『光の星の戦士達』に、操作可能キャラの1体として出演。
シルバゴン、クローンシルバゴンも出演している為、対戦させる事もできる。

関連タグ

ウルトラ怪獣 ウルトラマンティガ
シルバゴン

キングゴルドラス

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴルドラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15169

コメント