ピクシブ百科事典

ガゾート

がぞーと

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する怪獣。
目次[非表示]

トモダチハ、ゴチソウ!トモダチハ、ガゾートノタベモノ!」

概要

変形怪獣  ガゾート


別名:変形怪獣
身長:59m
体重:5万t
出身地:電離層
CV:佐々木麻理
スーアク:北岡久貴

第6話「セカンド・コンタクト」に登場。

概要

『ティガ』を代表する怪獣の1体。

電磁波やマイクロ波の影響を受けて突然変異を起こした電離層に住む生物・クリッターが、群れごと融合して誕生した巨大怪獣。
肉食で平成ウルトラシリーズ初の人食い怪獣

もともと変異前のクリッターからして共食いをする生物なのだが、凶暴化および怪獣化した影響か同族以外でも「トモダチ」と認識し、眼前の全ての生物を捕食対象と見なして手当たり次第に襲いかかる他、自分を激しく攻撃する敵でさえも「トモダチ」と呼んで捕食しようとする。
なお、これだけ凶暴な怪獣ながら言語体系が存在しており、その気になれば会話も可能。劇中では、動物の声を人間の言葉に翻訳するホリイ隊員の発明品「サウンドトランスレーター」で人類と会話している。武器は口から吐くプラズマ光弾と鋭い牙による噛み付き攻撃。また、死んだふりからの不意打ちを得意とする。

住処にしている雲の中に飛び込んできたクリッター研究者であるミズノ・タカジ博士を含む調査チームを捕食し、彼らを捜してやってきたダイゴの乗ったガッツウイング1号をも繭状に変異した雲の内部に取り込んだまま日本に飛来、その中から出現する。

逃げる市民を次々と捕らえては食い殺し、暴れるガゾートを止めるためにサウンドトランスレーターによる対話を試みたホリイ隊員と会話するが、この時点で人間そのものを自分たちの糧となる「トモダチ」と認識しており、そうだと言ってしまったホリイ隊員に襲いかかった所を現れたウルトラマンティガに阻まれ、激突する。

地上でティガと戦った後、スカイタイプと凄まじい空中戦を繰り広げるが、ウルトラボディーアタックで地上に落とされ、ランバルト光弾を受けて爆発。無数のクリッターに戻り、空へ還っていった。

鳴き声はラドンのアレンジ。その後、『ウルトラマンコスモス』でゲルワームに再度アレンジされた。

ロストヒーローズ2ではクロスボーン・バンガードに肉食である事を利用されてヒーロー達に差し向けられるも、共食いの習性を知らなかったせいで『ヒーローは敵だ』と命令された為、混乱に陥る。
この隙を突いてタロウがサウンドトランスレーターを使ってデナン・ゲーはトモダチだ!』と吹き込んだ事でデナン・ゲーを追い払った。このウルトラマン、ガゾートよりも鬼畜じゃなかろうか。
ちなみに、MACステーションでガゾートの存在を知るイベントにて、仮面ライダーフォーゼをパーティーに入れていると、ガゾートの言葉を鵜呑みにしたフォーゼがガゾートとダチになろうとするが、ティガからガゾートの習性を聞いて恐怖するイベントが追加される。

ガゾートⅡ

別名:変形怪獣
身長:59m
体重:5万t
出身地:電離層
スーアク:北岡久貴


ホリイ「あれから電磁波に対する対策はなんにも変わってません。また人間がクリッターの眠りを妨げたんや」

第15話「幻の疾走」に登場。

TPC宇宙発電所が実施していた太陽光を発電衛星でマイクロ波に変換して地球に送る実験の影響により、再びガゾート化したクリッター。シンジョウ隊員の妹であるマユミの恋人、アオキ・タクマが乗るゴリガン航空206便を消滅させ、日本にあるマイクロ波受信施設の超電導リングを狙って飛来した。

能力は初代と変わらないが、かなり強い帯電体質になっているのが特徴。半径10キロ内の計器を狂わせ、その強さは乗用車が動かなくなるほど。

GUTSと交戦している最中、突如現れた謎のライダー(その正体はマユミを守るために現れたタクマの魂)によって安全地帯まで誘導され、ティガと対決。
ハンドスラッシュを吸収し、プラズマ光弾でティガを苦しめたが、プラズマ光弾をデラシウムエネルギーに変換され、投げ返されたエネルギー弾を腹部に受けて爆死した。

その後もクリッターとガゾートによる被害は絶えず、第28話でクリッター殲滅作戦が実施されることになったが……。

ウルトラマン超闘士激伝新章

第1話で観客として登場。流石に原作のように観客を捕食するなんてことはないと信じたいが…。

『《SPECIAL LIVE MOVIE》』

久々に再登場。ティガと戦い、ウルトラブレーンチョップを受けて退散した。
スーツはヒーローショーなどで使用されているものだが、昨今ピックアップされる機会に乏しいTDG怪獣において、長らく登場していなかった怪獣からの人選であったためファンをざわつかせた。鳴き声もオリジナルのものを使用している。

セブンガーファイト

先述の突然の再登場から本格的に映像作品に帰ってくるのではないかという声もあったが、今作で本当に再登場する事に。

ストーリーでは第6話に登場。宇宙セブンガーのワープ実験の事故で怪獣無法惑星に飛ばされたヨウコとユカが遭遇した怪獣として登場。エレキングの昼寝を邪魔してしまった事から喧嘩に勃発してしまう。物陰に隠れて様子を伺っていたセブンガーだったが、怪獣好きの血が騒いだユカが不用意に接近させてしまい、気配に気付いた彼らのバトルに巻き込まれる羽目に。最期は20式多用途電磁警棒の前に2体とも敗北した。しかし、そんな彼女らに新たなる影が忍び寄る…。

なお、初めて宇宙空間に出現した個体であり、地球を去ったクリッターが一体どこへ行ったのかという疑問に対するある種のアンサーにもなっている(流石にネオフロンティアスペースの個体と同一というわけではないだろうが)。

ウルトラマントリガー

ガゾート
変形闇怪獣 ガゾート


別名:変形闇怪獣
身長:59m
体重:5万t
出身地:電離層
CV:???
スーアク:石川真之介

第3話「超古代の光と闇」に登場。
別名が変わっており“変形怪獣”となっている。
闇の三巨人の一人であるヒュドラムによって闇の魔力を注入された個体であり、そのためか原点と異なり目が赤くなっている。原作通りの鳴き声の他、『トモダチ』とも聞こえる鳴き声を放つ(実際、テレビ放送の字幕にて、『トモダチ』と発言した事が示唆されている)。
また、メトロン星人マルゥルの発言から、トリガーの世界でかつて出現した可能性が示唆されている。

ヒュドラムが発生させた黒い竜巻の中でクリッターたちが融合することで誕生し、街を襲撃するがGUTSファルコンと交戦、続いてウルトラマントリガーと交戦する。
トリガーがスカイタイプにチェンジすると互角の空中戦を繰り広げるも、GUTSファルコンとトリガーの連携攻撃で一気に劣勢となり、ランバルト光弾で撃墜されて怯んだ直後にランバルトアローストライクをモロに喰らって爆砕された。

スーツは恐らく『セブンガーファイト』撮影の際に使われたものをそのまま流用していると思われる。
かつてのスーツと比べると胴体の幅が狭くなったことで全体的に肉厚になり、大分印象が変わっている。

ヒュドラムの支配下になった個体ではあるものの、クリッターの共食いの習性は残ってしまっていたのか、劇中でGUTSファルコンに対して『トモダチ』と言ったり、トリガーに噛り付き、トリガーに対しても『トモダチ』と言っている。無人機であるGUTSファルコンを『トモダチ=食べ物』と認識したことについては、原作にてクリッターが飛行機に乗った人間を捕食するシーンがあるため、無人機と知らずに捕食しようとしたと考えれば自然である。
"原生する野良の怪獣"としての赴きが強かった『ティガ』版と比べ、『トリガー』版は見方によってはヒュドラムの手によって無理矢理怪獣化された後にウルトラマンに倒されるという、ある意味では原作よりも救えない最期となってしまったと言える。

また劇中の台詞から、トリガーの世界においてもガゾートやクリッターの存在が確認されているものと思われる。

余談

ウルトラ銀河伝説』に登場するベリュドラの左腕を構成する怪獣の1体として登場した。

2015年にサイバーカードが商品展開された際、「サイバーガゾート」としてサイバー怪獣化された。なお、『ウルトラマンX』本編ではガゾートそのものは登場しなかったが、サイバーガゾートはOPやハイブリッドアーマー変身時の大地の周囲を回るサイバーカードの中に混じっているのが確認できる。

当初、『ウルトラマンダイナ』第19話では、『ティガ』第15話の続編的な物語であることから「ガゾートⅢ」を登場させるという案もあったが、すでに地球を離れているため不採用になった。

デザイン画では錬金術用語アゾットからとられた「アゾート」という名称だった。顔のモチーフは魔王ダンテ

「対話できれば解り合える」という理想が必ずしも通じるとは限らない・互いの違いを対話だけで簡単に解決出来るとは限らない、という真剣なテーマを安易な美談に仕上げずに描ききった点で本作での怪獣と人類の立ち位置の一端を示した怪獣&エピソードと言える。

関連イラスト

変形怪獣ガゾート
変形怪獣ガゾート



外部リンク


関連タグ

ウルトラマンティガ セブンガーファイト ウルトラマントリガー ウルトラ怪獣 
クリッター(ウルトラマンティガ) トモダチハゴチソウ 闇怪獣
凶獣姑獲鳥:7年後の後日談。
レッサーボガール:同じく同族と共食いすることで進化してきた怪獣。

関連記事

親記事

ウルトラマンティガ うるとらまんてぃが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガゾート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 316920

コメント