ピクシブ百科事典

ガゾート

がぞーと

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する怪獣。
目次[非表示]

「トモダチ ハ ゴチソウ!トモダチ ハ ガゾート ノ タベモノ!」

概要

別名:変形怪獣
身長:59m
体重:5万t
出身地:電離層
CV:佐々木麻理


第6話「セカンド・コンタクト」に登場。

電磁波やマイクロ波の影響を受けて突然変異を起こした電離層に住む生物・クリッターが、群れごと融合して誕生した怪獣。

もともと共食いをする性質のクリッターだが、凶暴化および怪獣化の影響か同族以外でも「トモダチ」と認識し、その全ての生物を捕食対象と見なして手当たり次第に襲いかかる他、自分を激しく攻撃する敵でさえも「トモダチ」と呼んで捕食しようとする。

武器は口から吐くプラズマ光弾と鋭い牙による噛み付き攻撃。また、死んだふりからの不意打ちを得意とする。

住処にしている雲の中に飛び込んできたクリッター研究者であるミズノ・タカジ博士を含む調査チームを捕食し、ダイゴの乗ったガッツウイング1号をも繭状に変異した雲の内部に取り込んだまま日本に飛来、その中から出現する。

逃げる市民を次々と捕らえては食い殺し、暴れるガゾートを止めるためにサウンドトランスレーター(翻訳機)による対話を試みたホリイ隊員と会話するが、この時点で人間そのものを自分たちの糧となる「トモダチ」と認識しており、そうだと言ってしまったホリイ隊員に襲いかかった所を現れたウルトラマンティガと激突する。

地上でティガと戦った後、スカイタイプと凄まじい空中戦を繰り広げるが、ウルトラボディーアタックで地上に落とされ、ランバルト光弾を受けて爆発。無数のクリッターに戻り、空へ還っていった。

鳴き声はラドンのアレンジ。その後、『ウルトラマンコスモス』でゲルワームに再度アレンジされた。

ガゾートⅡ

別名:変形怪獣
身長:59m
体重:5万t
出身地:電離層


ホリイ「あれから電磁波に対する対策はなんにも変わってません。また人間がクリッターの眠りを妨げたんや」

第15話「幻の疾走」に登場。

TPC宇宙発電所が実施していた太陽光を発電衛星でマイクロ波に変換して地球に送る実験の影響により、再びガゾート化したクリッター。シンジョウ隊員の妹であるマユミの恋人、アオキ・タクマが乗るゴリガン航空206便を消滅させ、日本にあるマイクロ波受信施設の超電導リングを狙って飛来した。

能力は初代と変わらないが、かなり強い帯電体質になっているのが特徴。半径10キロ内の計器を狂わせ、その強さは乗用車が動かなくなるほど。

GUTSと交戦している最中、突如現れた謎のライダー(その正体はマユミを守るために現れたタクマの魂)によって安全地帯まで誘導され、ティガと対決。
ハンドスラッシュを吸収し、プラズマ光弾でティガを苦しめたが、プラズマ光弾をデラシウムエネルギーに変換され、投げ返されたエネルギー弾を腹部に受けて爆死した。

その後もクリッターとガゾートによる被害は絶えず、第28話でクリッター殲滅作戦が実施されることになったが……。

余談

  • ウルトラ銀河伝説』に登場するベリュドラの左腕を構成する怪獣の1体として登場した。
  • 2015年にサイバーカードが商品展開された際、「サイバーガゾート」としてサイバー怪獣化された。なお、『ウルトラマンX』本編にガゾートやガゾートのサイバーカードは登場しない。
  • 当初、『ウルトラマンダイナ』第19話では、『ティガ』第15話の続編的な物語であることから「ガゾートⅢ」を登場させるという案もあったが、すでに地球を離れているため不採用になった。


関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣
クリッター(ウルトラマンティガ)
姑獲鳥(ウルトラマンダイナ):7年後の後日談。

pixivに投稿された作品 pixivで「ガゾート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139711

コメント