ピクシブ百科事典

GUTSファルコン

がっつふぁるこん

「GUTSファルコン」とは、特撮番組『ウルトラマントリガー』を始めとするウルトラシリーズに登場する戦闘機。
目次[非表示]

概要

ウルトラマントリガー』にて初登場した、GUTS-SELECTが保有する多目的無人可変ドローダー。
普段は母艦であるナースデッセイ号の下部にドッキングされており、出撃時はブリッジからナナセ・ヒマリ隊員が遠隔操縦する。
操縦ではコントローラーおよびVRゴーグルを用いるが、非常時の緊急運用を想定した簡易コックピットもある(もともとは搭乗型の予定であったが、人的被害を削減するために急遽遠隔操縦に変更されている)。
通常飛行形態「フライトモード」と対怪獣戦用形態「ハイパーモード」の二つの形態を持つ。

怪獣攻撃以外にも災害時における救助活動にも使用されるが、現状は1機しかない上にエネルギー切れを起こすとしばらくの間は出撃不可能となる。

ウルトラマンティガ』に登場したガッツウイング1号を参考に作られたため、形状およびカラーリングはガッツウイングのそれに準じている。一方、何故か主武装がレーザーではなく機関砲(おそらく実弾)になっている。GUTSスパークレンスのようにビーム兵器はあるので、技術的に再現できなかったということはないと思われるが、上記のエネルギーの都合か、他に理由があるのかは不明(このためメガロゾーア戦でガッツウイング1号と共闘した際には両者で異なる演出がなされていた)。

トリガーの続編である『ウルトラマンデッカー』でも続投予定であり、『デッカー』では何らかの理由で改修され有人機となっている。

形態解説

フライトモード

GUTSファルコンの基本形態。
飛行能力に特化しており、目的地へといち早く飛び立つことが可能。
主翼下部には機関砲を装備している。

ハイパーモード

怪獣およびラプトル…というよりはマクロスシリーズガウォークに似た地上戦用形態。
主に低空飛行時や怪獣との地上戦においてこの形態に変形する。
ハイパーモードでは、主翼下部の機関砲と機体後部のジェットエンジンが前方に向いており、これらを戦闘で活用している。

『トリガー』での活躍

  • 第1話

主人公マナカ・ケンゴが火星で観たニュース映像では、タツミ隊長の口からGUT-SELECTの結成、ナースデッセイ号の完成とともにその存在が公表された。

  • 第2話
突如出現したギマイラを撃退するため初陣を飾る。
TPU本部に鎮座していたナースデッセイ号から出撃、ギマイラを迎え撃つ。
持ち前の機動力を生かし、ギマイラの触手を躱しつつ機関砲からの攻撃を加えたが、元来強敵怪獣と目されるギマイラだけあってか、決定的なダメージは与えられず、その後はウルトラマントリガーにバトンタッチする形となった。
ダーゴンの2度目の襲撃の際もタツミ隊長から出撃命令が出されたが、ギマイラ戦でエネルギー切れを起こしていたために出撃することはなかった。

  • 第3話
出現したガゾートを攻撃するために出撃し、ここでハイパーモードを初披露。ガゾートと地上戦を繰り広げ、その後フライトモードに再び変形し現れたトリガーと連携しガゾートを追い詰めガゾートの撃破に一役買った。その後ヒュドラムに対しても攪乱する活躍を見せた。

  • 第4話
地中を掘り進むオカグビラ出現に際し出撃。ハイパーモードに変形しワイヤーでオカグビラを釣り上げ地上に姿を出させるも、オカグビラのドリルでの攻撃を受けてしまい操縦不能となってしまった。

  • 第5話
出現したデスドラゴを迎撃すべく出撃し、機関砲で攻撃するも電撃を受け撃墜されてしまう。この後に闇怪獣となって再び出現したデスドラゴと相まみえるも、強化された電撃を受けてまたもや撃墜されてしまった。

  • 第6話
強敵サタンデロスの持つバリアを封じるべく、イグニスを機体に乗せナースデッセイ号のナースキャノンでバリアに穴が空いたところにイグニスを飛び込ませEMPでサタンデロスのバリア発生装置を破壊することに成功。その後ヒュドラムによって再起動したサタンデロスと戦闘となり、トリガーによって動きを止められたサタンデロスをナースデッセイ号との一斉攻撃で撃破した。

  • 第7話
巨大化したバロッサ星人と交戦するが撃墜された。

  • 第8話
ナースデッセイのコンピューターに侵入したダダを倒すべくファルコンのVR操縦システムに駆除プログラムを入力し、ダダを攻撃した。
しかしどう見ても昔のシューティングゲームのような画面になっていた。

  • 第9話
出現したガーゴルゴンを攻撃するが撃墜され、ミツクニとユナの方へ墜落しそうになるもトリガーが救助した。
ちなみにこの回でGUTSファルコンのベースが異世界から来たガッツウイングである事が判明した

  • 第14話
突如現れたデアボリック相手に出撃。
デアボリックの弾幕を完全回避し、ピンチに陥ったトリガー・マルチタイプの援護も行っている。

  • 第17話
メツオロチのエネルギー吸収能力に対応するため、旧式のミサイルを搭載して出撃する。突如現れたトリガーダークに遠隔操縦装置を壊されて墜落してしまうが、近くにいたマナカ・ケンゴがメンテナンスブースの非常用簡易コックピットから直接操縦で再起動。変形を駆使してメツオロチの猛攻をかいくぐり、弱点であるツノに至近距離からミサイルを命中させて破壊した。

  • 第23話
カルミラの魔力に操られたダーゴンによってピンチに陥ったユナを守るために出撃。
ハイパーモードの機動性を駆使し、一度ダーゴンを退けていた。

  • 第25話

あの日の翼


ガッツウイング1号とともにトリガーとトリガーダークの援護に出撃。
メガロゾーアの触手に囚われかけたスカイタイプの触手を破壊し、アシストしている。

『デッカー』での活躍

上記の通り、無人機であった同機体を有人仕様に改修している。
パイロットはリュウモン・ソウマ
現時点で改修を施された理由は判明していない。

立体物

DX玩具が7月10日に発売。
劇中同様フライトモードとハイパーモードへの変形が可能で、ソフビ人形と合わせて遊べるように小さめのサイズとなっている。
上部と尾部(ハイパーモード時の股間部分)にジョイントが設けられており、このことからナースデッセイ号と他に何か1種類のスーパーメカが商品化予定であることが分かる。

余談

元ネタはガッツウイング1号。
有人機から無人機への移行やVRゴーグルに駆使して現実のドローン同様に操縦する点など、今の時代ならではの要素が取り入れられた、まさに令和のガッツウイングとも言える設定となった。
実はガッツウイングにも設定上ハイパーモードが存在していたが、こちらは作品中に登場することはなかったため、実質的に玩具オリジナル形態に近い扱いとなっていた。その意味では、今回のハイパーモードはガッツウイングのときのリベンジと見ることもできる。もっとも、ガッツウイングの派生機であるクリムゾンドラゴンは劇中でハイパーモードを披露していることから、そちらを踏まえれば作品中のハイパーモード登場は2例目とも言える。

名称の由来は、ガッツウイングや『ウルトラマンダイナ』に登場した後継機のガッツイーグルがいずれも鳥(特に猛禽類)に関係する名前であったため、それに倣ってファルコン(ハヤブサ)と命名されたものと思われる。
なお、一部のファンやシリーズ出演者からは『トリガー』の3年前の作品に絡んだネタも囁かれている(一例)。

防衛チーム所有の戦闘機型無人メカは、シリーズ史上初と思われる。
また、パイロットが直接搭乗しているわけではない為、公式の場においてはライドメカとして分類されていない。ただし『デッカー』では有人操縦機となったため、正式にライドメカ扱いになると思われる。

無人機であるため人的被害を出さずに済むという合理的な設定やこれまでの戦闘機にはなかった演出が好評を博した一方で、怪獣の攻撃を受けてピンチになってもパイロットがいないため緊張感に欠けるといった否定的な意見も見られるなど、斬新な設定故に賛否が分かれることもあった。

関連タグ

ウルトラマントリガー ウルトラマンデッカー
GUTS-SELECT
ナナセ・ヒマリ
リュウモン・ソウマ

ガッツウイング1号
タックファルコン:ファルコン繋がりのライドメカ。
アーウィン(スターフォックス):似たような形態を持った戦闘機。

3式機龍:遠隔操縦が基本だが、緊急時にメンテナンスブースで操縦した機体繋がり。
マウンテンガリバー5号

関連記事

親記事

ナースデッセイ号 なーすでっせいごう

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「GUTSファルコン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「GUTSファルコン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7999

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました