ピクシブ百科事典

マウンテンガリバー5号

まうんてんがりばーごごう

『ウルトラマンダイナ』に登場するロボット兵器。
目次[非表示]

概要

別名:MG-005-RX、スーパーロボット
全長:58m
重量:60000t
開発責任者:ホリイ マサミ
起動日:2018年4月1日
機体番号:ヘ-0001号

MG-0005-RX  マウンテンガリバー5号


火星マリネリス基地でホリイが「こんなこともあろうかと思って」開発していた巨大ロボット兵器。ギアはオートマ且つアルチハンド方式で、人間が乗って操縦するが、設計ミスでコクピットが小さく、小柄な人物しか乗れないため一番背の低かったマイが操縦する事になった。
スペシウム砲の試作品を装備しており、その威力は絶大だが、3発しか撃てない上に、隕石迎撃には射程が短すぎて使えない。それ以外の武装はホリイ曰く「今日はない」(別の日には装備されるのかは不明)。一応殴るだけでもレギュラン円盤群を破壊する程度のパワーはあり、それを見ていたホリイは開発者のくせに呑気に感心していた(ウルトラマン列伝で放送された際には、ウルトラマンゼロからスペシウム砲の威力はウルトラマンのスペシウム光線に匹敵すると解説されている。確かに凄まじい威力である)。
ヅウォーカァ将軍の攻撃に対して出撃し、スペシウム砲で小惑星を片っ端から一掃したが、レギュラン円盤群の攻撃でスペシウム砲を破壊され撤退する羽目になった。その後、火星に落下しようとしている巨大隕石を止めようと押し返すダイナに協力し、隕石のあまりの大きさにへばってしまったダイナを激励する。

発進方法はスキージャンプ方式で、分析モニターの表示は巨大隕石を指してたぶん10キロメートルくらい」と出すなど非常にいい加減。

うたかたの空夢

このマウンテンガリバー5号が登場した42話は、ウルトラシリーズ屈指のギャグ回であり、様々なパロディーとボケが満載でツッコミが追い付かないまさにカオス回である。
そのほんの一部


登場人物はウルトラマンダイナのメイン勢の他に、ゲストとして前作のメイン勢の大半が揃って登場するという豪華さを誇る。なんというキャストの無駄遣いでしょう
しかもこの話は朝寝坊したアスカの見ていた夢という、完全な夢オチ。壮大なドタバタ劇の最後は寝坊したアスカと慌てて起こしに来たマイが作戦の時間に遅刻しヒビキ隊長に怒られるという締めくくりであった。

元ネタ

マウンテンガリバー5号という名前は、前作にてまだ呼び名が決まっていなかったティガに対してムナカタ副隊長が提案した「マウンテンガリバー」が元となっている(なお、その際ホリイは「トイレで気張ってるような名前」とこき下ろしていた)。
また、マウンテンガリバー5号が登場する回のタイトル「うたかたの空夢」は『ティガ』28話「うたかたの…」が元になっている。片や猛烈なギャグ回、片や猛烈なシリアス回なのだが、どちらも監督は同じ人である。

余談

デザインの元ネタはもちろん某ロボットアニメからだが、足の甲の市松模様の塗装は、略称が同じである資生堂の男性用化粧品「MG5」から取っている。

この化粧品ブランドが誕生したときの広告モデルだったのは、帰ってきたウルトラマン郷秀樹役、団時朗である。

SSSS.GRIDMAN』#09「夢・想」の冒頭にこの回の展開の伏線としてソフビが登場している。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣

夢オチ

イングラマン:反対に巨大特撮ヒーローのパロディをおこなったロボットアニメ。

後の作品における防衛軍が所有するロボット

XIGアドベンチャー:次作防衛軍が所有する巨大ロボット。凄まじい機能を持つが防御力があまり良くなく登場は一回のみとなった。
特空機:同じく防衛軍が所有するロボット。こちらは本格的にTVシリーズで活躍している。さらに、現時点で4台が登場し、劇中で宇宙にも移動ができるロボットの存在を思わせる描写があることからマウンテンガリバーの登場をネット上で期待する声が多い。

関連記事

親記事

ウルトラマンダイナ うるとらまんだいな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マウンテンガリバー5号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36141

コメント