ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

こんなこともあろうかと概要を作っておいた

『こんなこともあろうかと』とは、魔法の言葉である。

伏線等を一切無視し、あらゆるご都合主義を実現する。

外国人が「機能多すぎ」と呆れる日本の携帯電話の様に、「こんなこといいな、できたらいいな」を死力の限り叩き込み尽くす、そんな日本の魂を象徴した言葉の一つ。

「そりゃ欲しかったけど、いくら何でも唐突(orシュール)すぎる」

といった感じの内容の絵に付けられるタグ


このセリフが初めてメディアに登場した時期はどこまで時代を辿ればいいのかはっきりわかっていない。そもそも普遍性の高いセリフゆえ1966年のウルトラマンイデ隊員以前に使われた可能性もあり、今も多くの理系キャラクターがこの言葉を模倣する地点でお察しください


トニーたけざき著のSFギャグ漫画「岸和田博士の科学的愛情」(1991~1998)で主人公の天才科学者・岸和田博士が決め台詞にしていたこともあり、「SFやロボットアニメでのご都合主義的展開の前振り」として定着していった。


宇宙戦艦ヤマト』に登場する真田志郎の台詞とされることがあり、彼の関連イラストに付けられることも多い。

また、『宇宙戦艦ヤマト』作中でのこの台詞の使われ方が、前述のような意味合いを持つに至った原因でもあると思われている。

が、実はこの台詞は【本編中一度も使われていない】


似たようなセリフにヤマト2第10話の「多分こんな事もあろうと思って」というものがあるが、しばしばこのセリフの原典とされる第一作最終話の彼のセリフは、


反射衛星砲にヒントを得て密かに開発しておいた空間磁力メッキが役にたったよ」である。


〈参考〉アニメ評論家・氷川竜介氏のTwitter発言

   http://twitter.com/Ryu_Hikawa/status/7610771223

   http://twitter.com/Ryu_Hikawa/status/7610814434


なんてこった


ただ、一文一句正確に発言した貴重な事例も存在している。


PCエンジン「宇宙戦艦ヤマト」(1992年発売)の最終ステージ(第一作最終話に相当)にて、ヤマトから脱出したデスラーが艦隊を率いて再攻撃してくるというゲームオリジナル展開を前に焦る古代達に対し、


こんなこともあろうかと、ヤマトの兵器をパワーアップしておいたよ あの程度の艦隊、ひとひねりのはずだ!」


と発言している。実際、相手の戦艦の悉くを一撃で撃沈できるようになっているのだから凄い。ただ、この台詞がソースとなっているかについては、やはり確証は無い。



なんだかんだで「真田さんのセリフ」として有名になってしまったためか、青野武がナレーションを務めた劇場版DVDのCMではこんなこともあろうかと、このDVDを用意したというフレーズを使っていた。

さらには『2199』が参戦した『スーパーロボット大戦V』でも大塚芳忠ボイスで「こんなこともあろうかと…という奴だ」と言ってしまう始末(微妙に伝聞形っぽくなってるのがミソ)。

さらに、『小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』一巻の“第1章 航空隊帰還”423ページでも、真田さんと徳川さんのシーンでそのセリフを徳川さんが言うという描写がある。


ちなみに『機動戦艦ナデシコ』に登場するウリバタケ・セイヤはこのセリフを使う機会を常に窺っており、『機動戦士ガンダム00』の登場人物イアン・ヴァスティは劇中の外伝でいつでもこの台詞を言えるように常に万全の準備をしていると語っている。

秘密結社鷹の爪では、総統レオナルド博士に秘密兵器を開発するよう命令→

博士「こんなこともあろうかと思って○○を作っておいたぜ!」→

吉田君「さすが博士、天才すぎ!」というのが、一つのテンプレである。


こんなこともあろうかと「はやぶさ」関連もまとめておいた

 時に西暦2009年。この台詞が思わぬところから再び脚光を浴びることとなった。

 きっかけは、ニコニコ動画に投稿された一本の応援動画である。(2009年11月20日)


【ニコニコ動画】探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力


こんなこともあろうかと!

探査機はやぶさのミッションにおいて、もはや変態レベルと言っても過言ではないくらいの未来予測が行われ、世界を驚かせています。

ざっとまとめたものを、宇宙戦艦ヤマトの乗組員を使って動画にしてみました。

(以上、投稿者コメ)


 少ない予算、過酷な宇宙環境、予期せぬトラブルリアル「こんなこともあろうかと!」の事前予測と柔軟な応用力、出せる限りのアイデアで乗り切り、前人未到の小惑星サンプルリターンに挑んだ小惑星探査(実験)衛星「はやぶさ」。

 イスカンダルへの往復にも等しい困難なミッション(1.5km離れた複合ショッピングモールに五歳児をおつかいに出し、モールのどこかにある小麦粉一粒拾って戻ってこい、というレベル)、なんとしても地球にサンプルを届けるというJAXA運用チームの鉄の執念がこの決め台詞に非常にマッチし、はやぶさ人気に火をつける結果となった。


 また、ファンのみならず、2010年6月10日(木)19時半放送のNHKクローズアップ現代「傷だらけの帰還 探査機はやぶさの大航海」の中で、ナレーションが技術者達の用意周到ぶりを「こんなこともあろうかと」と表現。

 後に製作された三本の実写映画でも、決め台詞として採用されているなど、すっかり公式のネタとして定着した素振りをみせている。

 もちろん、JAXAの中の人たちも上で紹介した動画は巡回済みである。

こんなこともあろうかと関連タグも用意しておいた

真田志郎 宇宙戦艦ヤマト 明智小五郎 岸和田博士の科学的愛情 はやぶさ(探査機)


イデ隊員…こちらは実際に言った人。ヤマトより前の作品なので、ある意味でルーツと呼べる。当時はかなり安直に同じ台詞がパロディーとして使われており、その中でも真田さんと組み合わせたものが、あまりにも違和感が無かった為、元ねたを越えて広まってしまったと思われる。


ザラブ星人成原成行…真田さんと中の人が同じためか同様の行動をする

ウルベ・イシカワ機動武闘伝Gガンダム)…「こんなこともあろうかと鍛え続けたこの体…」というセリフがある。

シュウ・ビバック・アロウ)…「こんなこともあろうかと」を地で行く人。

ドクターマン超電子バイオマン)…これをやって部下の反乱を鎮圧した他、バイオマンも幾度となく苦しめられた。

サクガン…主人公のメメンプーが「こんなこともあろうかと」と発言、色々策を考えたのだがことごとく外れるという…。

レオナルド博士秘密結社鷹の爪)…鷹の爪団が世界征服しようと作戦会議する際、「〇〇の為に必要な発明品がないかどうか」と、彼に質問すれば「こんなこともあろうかと」思って作った発明品を提示するのがお約束のパターン。

竹下みいこD4DJ)…胡桃のイタズラが仕掛けられているということを美夢に伝えた後、「こんなこともあろうかと」思って先に仕掛けておいたイタズラを起動して、胡桃と春奈を驚かせるストーリーが存在している(詳しくはみいみゆを参照)。

ロイド・フォージャーSPY×FAMILY)…「こんなこともあろうかと」でありとあらゆる危機を(中には「こんなこともあろうかと思わんでしょ普通!!」なことも)乗り越えてきた。でもお子様天然な妻の行動には予想できずに困る事も。

ノレア・デュノク機動戦士ガンダム水星の魔女)…本編外のゲーム出演時だが「こんなこともあろうかと、用意していた」というセリフがアーセナルベースで聞ける。

バンドウ・ヤスノブ(ウルトラマンブレーザー)防衛隊の隊員にしてメカニック担当。素早い機動力を持つ怪獣に対してこんなこともあろうかとと巨大戦力のミサイルを音速ミサイルにしておきましたとパイロットに言っている。

表記ゆれ…こんなこともあろうかと!

関連記事

親記事

言ってないセリフシリーズ いってないせりふしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2125455

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました