ピクシブ百科事典

ロディマスコンボイ

にだいめしれいかんだいり

ロディマスコンボイとは、『トランスフォーマー』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:ジャド・ネルソン(劇場版)リシャール・ゴーティエ(TV版)(吹き替え:石丸博也

トランスフォーマー2010』の主人公。初登場は前作『ザ・ムービー』の終盤から。
サイバトロンの若き戦士ホットロディマスが、『ザ・ムービー』にて死亡したコンボイからマトリクスを受け継ぎ誕生したG1シリーズの二代目総司令官(ウルトラマグナスはあくまでも代理)。

海外での正式名称は「ロディマス・プライム(Rodimus Prime)」。
上記と同じ名前の登場人物が『アニメイテッド』にも登場している。

pixiv内ではホットロディマスと同一人物なためか、タグが「ロディマス」で一括されている事が多い。

元が戦士としてはまだまだ若輩者だったホットロディマスのためか、コンボイに比べると無茶はしないものの、その分影が薄い。その後、物語の途中から先代司令官であるコンボイが復帰し、その際にマトリクスを返上したためホットロディマスに戻ってしまう。

ビークルモードでは、前身であるスポーツカーとコンボイのトレーラーが合わさったようなキャンピングカー風の大型車両に変形する。ホットロディマス時代同様、赤と黄色とオレンジを主体としたファイヤーパターンと後方に長く伸びた派手なマフラーが特徴。ロボットモードでは余剰となる後部コンテナは、移動砲台モビルフォートレスに変形する。

何故かマトリクス解放後から顔にしわが付き、急に老け込んだ印象を受ける。
(しかもなんとなく顔がメガトロンっぽい)
口調も、以前の若者らしい快活で砕けた口調からやや堅苦しいものになった。

また活躍するのが決まってマトリクスを失った時だったり、一時的にコンボイが甦った回では執拗にマトリクスを返そうとする、ホットロディマスに戻ったことを喜ぶなど、司令官としての責務を重荷に感じている節がみられる。

ロディマスコンボイ(トランスフォーマースーパーリンク

SDロディマスコンボイ


CV:置鮎龍太郎(英語版:ポール・ドブソン)
グランドコンボイに並ぶサイバトロンの指導者。セミトラックに変形。
G1の彼とは違い冷静沈着で、彼なりの戦略を以て行動する知性派。ホットショットのように彼を信奉するものも多い。
グラントコンボイとはアルファQの事で対立したがのちに和解。グランドコンボイの下に入りデストロンに立ち向かった。

ちなみに、劇中では下半身の状態でスーパーリンクしたことは一度しか無い。(それも本編とは外れた文化の日のスペシャル内での仮想プログラム内でのこと)


関連項目

トランスフォーマー トランスフォーマー2010
サイバトロン コンボイ
ホットロディマス ロディマス
主人公 主人公(笑)
ひよっころでます・・・めりっぺ氏によるロディマスコンボイを基にした二次創作キャラクター。

pixivに投稿された作品 pixivで「ロディマスコンボイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54867

コメント