ピクシブ百科事典

ロディマスコンボイ

ろでぃますこんぼい

ロディマスコンボイとは、『トランスフォーマー』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

G1

CV:ジャド・ネルソン(劇場版)、リシャール・ゴーティエ(TV版)/吹:石丸博也

Rodimus Prime
ロディマス司令官


トランスフォーマー2010』の主人公。初登場は日本未公開の映画『トランスフォーマーザ・ムービー』の終盤から。サイバトロンの若き戦士ホットロディマスが、死亡したコンボイからマトリクスを受け継ぎ誕生した(G1シリーズの)二代目総司令官。なお、ウルトラマグナスはあくまでも彼の代理に過ぎない。

マトリクス解放直後から何故か顔にほうれい線が入り、メガトロンのように老け込んだ顔つきとなった。以前の若者らしい快活で砕けた口調も、やや堅苦しいものになった。

ビークルモードでは、前身であるスポーツカーとコンボイのトレーラーが合わさったようなキャンピングカー風の大型車両に変形する。ホットロディマス同様、赤・黄・オレンジを主体としたファイヤーパターンと後方に長く伸びた派手なマフラーが特徴。ロボットモードでは余剰となる後部コンテナは、移動砲台モビルフォートレスに変形する。

海外での正式名称はロディマスプライム(Rodimus Prime)で、『トランスフォーマーアニメイテッド』に登場するロディマスも海外名がそれである。pixiv内ではホットロディマスと同一人物なためか、タグが「ロディマス」で一括されている事が多い。

人物像

トランスフォーマー


もともと戦士としてはまだまだ若輩者だったためか、コンボイに比べると無茶はしないものの影が薄い。

しかも活躍する時は決まってマトリクスを失った時だったり、一時的にコンボイが甦った回では執拗にマトリクスを彼に返そうしたり、ホットロディマスに戻ったことを喜ぶなど、司令官としての責務を重荷に感じている節が見られる。その後、物語の途中から先代司令官たるコンボイが復帰し、その際にマトリクスを返上したためホットロディマスに戻ってしまう。マグナス同様、彼もコンボイの司令官代理を務めたと言える。

トランスフォーマースーパーリンク

SDロディマスコンボイ


CV:ポール・ドブソン/吹:置鮎龍太郎
グランドコンボイに並ぶサイバトロンの指導者であり、セミトラックに変形。冷静沈着で、彼なりの戦略を以て行動する知性派。ホットショットのように彼を信奉する者も多い。当初グランドコンボイとはアルファQの事で対立したが、後に和解。彼の下に加わりデストロンに立ち向かった。

ちなみに、劇中では下半身の状態でスーパーリンクしたことは一度しか無く、それも本編とは外れた文化の日スペシャル(日本でのみ放送)内で描かれた仮想プログラム内でのことだった。

パワーオブザプライム

「本当に殺すぞぉ!!(笑)」


アプリゲーム『アースウォーズ』にロディマスユニクロナスという名で登場した悪のロディマスコンボイ。メガトロナスによってマトリクス・オブ・カオスを埋め込まれ、ユニクロンが憑依した姿だが、完全なユニクロンの傀儡となり果てたのではなく、彼への復讐を画策し、更にはサイバトロン・デストロン両軍の打倒も目論んでいる。

ボディのカラーリングとボンネットのファイヤーパターン、そしてアゴ髭を蓄えたような顔が『シャッタード・グラス』のホットロッドと酷似しているが、全くの別人である。

玩具は『パワーオブザプライム』シリーズのロディマスプライムの仕様変更品として発売。各部のカラーリングやステッカー、ボンネット部のタンポ印刷、そしてロディマスコンボイの頭部の造型が変更されている。

関連タグ

トランスフォーマー トランスフォーマー2010 サイバトロン コンボイ キャンピングカー 老け顔 主人公(笑)
トランスフォーマースーパーリンク グランドコンボイ トラック ホットショット
パワーオブザプライム ユニクロン 闇落ち
ホットロディマス ホットロッド ロディマス
ひよっころでます・・・めりっぺ氏によるロディマスコンボイを基にした二次創作キャラクター。

関連記事

親記事

ホットロディマス ほっとろでぃます

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロディマスコンボイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71620

コメント