ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ふむ、我ながらエレガント」


概要編集

東国一の名門イーデン校教師で、第3寮<セシル>の寮長(ハウスマスター)。束ねた白髪と厳めしい口髭が特徴で、クラシカルなモノクルとタキシードを着用する、厳格なベテラン教師。


後述する一件からアーニャ・フォージャーダミアン・デズモンドベッキー・ブラックベルといった初等生第3組のクラス担任にもなった。

担当教科は歴史だが、作中では他の教師が病欠となった時に代理教師として授業を受け持つことも多い。


プロフィール編集

本名ヘンリー・ヘンダーソン
役職歴史教師、第3寮寮長、初等生3組担任
婚姻歴不明
家族不明
年齢66歳
身長183cm
CV山路和弘
鈴木壮麻

人物編集

MISSON:5にて、ロイドが事前に下調べしていた彼の性格は、ズバリエレガント。「エレガンスが伝統を作る」「エレガンスこそが人の世を楽園たらしめる」と公言しており、それは他者を見定める際の評価基準にもなっている。


名門イーデン校の教師を務める誇り高さ故に、エレガントに欠ける者に対しての態度は厳しく、初登場時は「品のない家族は全て不合格にしろ」と命じる等、いささか権威主義に偏っているかのようにも見えたが、このエレガントの評価基準は当然に己の在り方に対しても適用されており、教育者として相応しい自分であろうと心掛けている。


ただし、品のある人間が少なくなってエレガントに飢えているのか、特にエレガントな振る舞いをする者を見かけると、「エルルルルェガンンンンンンンヌャスッ!!!」「ウルトラアメイジングエレガント」「プレシャスエレガント…ッ!!」と、かなりエレガントとは程遠いオーバーリアクションを取ってしまうのはご愛嬌。


二次面接の日、受験者の中でも一際エレガントな姿勢が目立ったロイドとフォージャー家の事は高く評価しており、先代校長の息子という立場を笠に着た下劣な教師マードック・スワンヨルやアーニャを侮辱した際、怒りを爆発させそうになりながらも堪え、エレガントな受け答えに終始したロイドに感服。

権力にへつらった己を恥じ、ロイドに代わってスワンを殴り倒している。


その行為の処分として寮長クラスでもあるにもかかわらず初等生担当となったが、本人は初心に返るつもりでへこたれていない。また、上記反省から以降権威主義的な一面は無くなり、公平さと厳格さとエレガントさに磨きをかけた。


先述の通り厳格な態度で生徒に接しているが、一方で生徒間の友情を尊重する一面もあり、友人を思っての規則違反に対しては少しだけ配慮を示すことがある。


没落貴族の生まれでイーデン校の卒業生。在学中は皇帝の学徒だった優等生。


人間関係編集

上記の入試での一件から、フォージャー家と、とりわけロイドを高く評価しており、ロイドもアーニャの補欠合格に尽力してくれた彼の処分が比較的穏当だったことに「幸いだったな」という感想を持っている。アーニャの事も特別扱いなどしておらず、むしろ入学以降化けの皮がどんどん剥がれて、アホの子ぶりを発揮する彼女に厳しく目を光らせている。


初等生たちに対しては特に甘い対応をしているわけではないが、物腰の柔らかさと生徒の話をしっかり聞く姿勢などで特に嫌われているわけではなさそうだ。


ベッキーの従者の女性・マーサ・マリオットとはイーデン校時代の先輩後輩(自身が3学年上)だったが、互いにタメ口を叩き合う仲。

思い合っていたが、互いに一歩踏み出せず結ばれることはなかった。


今の所詳細は不明だが親によって強引に婚姻を結んだ過去を持つ。


関連タグ編集

SPY×FAMILY イーデン校 ロイド・フォージャー


アーニャ・フォージャー ダミアン・デズモンド ベッキー・ブラックベル

関連記事

親記事

イーデン校 いーでんこう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 426593

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました