ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:大塚芳忠


【警告】この先、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』本編のネタバレが含まれます。

ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン






この船は、今はコンパスでもザフトでもない。反逆者、いわば海賊です。それにふさわしい戦い方を知る者がこの席に座るべきだ」






概要編集

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」に登場するキャラクター。

世界平和監視機構コンパスに所属している。階級は大佐。新造戦艦ミレニアム艦長を務めている。

以前は教師だったが、戦時の招集でザフト軍に入った経歴の持ち主。コンパスには自ら志願(実際は友人であるプラント最高評議会議長ワルター・ド・ラメントに依頼され)参加した。

キャラクターアーカイブによると年齢は42才。


軍人らしからぬ穏やかな口調と、緊張感に欠ける調子を崩さない飄々とした人物だが、的確な指示と状況判断能力に優れた傑物。これまでの2度の大戦では目立った戦功こそないものの、優れたリスク管理と合理的な艦の運用によってどのような激戦においても艦が落とされていないため、兵達からはコノエ艦長の艦に乗ると生きて帰れると人気が高い(リンク先の人物と違いきちんとした真っ当な人物なのでご安心を)。キラ・ヤマトもそれを知って信頼を寄せるようになった。


その判断能力の高さは凄まじく、コンパス隊がファウンデーション王国の罠に嵌められた際は、

の2点だけの非常に少ない情報からユーラシア連邦ブルーコスモスとも異なる第三勢力の介入を察知。最悪の事態(=核ミサイルの発射)すら予測し、ルナマリア・ホークに「『有線通信』及び『狙撃用装備で迎撃』」の指示を出しつつ当艦の離脱準備を整える等々、生存に関してはマリューすら上回っている(前線に居る事情もあるがアークエンジェルは罠に気付くのに遅れてしまい、轟沈の憂き目に遭ってしまう)。


「出航準備は終わっていますよ、ラミアス大佐。その物騒な物は必要ありませんな」


物語後半ではコンパスの活動停止から本艦が動けない中、アークエンジェルの轟沈によりクルーの生存は絶望的だと言うアルバートに「そう簡単に死ぬかな、あの連中が?」と生存を疑い、彼らはこの艦をハイジャックしてくるだろうと発艦体制を整えて待っていた。突入してきたマリュー・ラミアスらを迎え入れた後は、艦長の座をマリューに譲渡する。そして「コノエ大佐には副長をお願いします」とマリューから副長として直々に指名され、以降は彼女のサポートに回った。


マリューが『攻め』に長けた艦長であれば、彼は二重三重に先を見据えたリスクヘッジ能力を誇る「『守り』の艦長」と評価できる存在であり、温和で人当たりも良く人種を問わずクルーから厚い信頼を得ている。そんな彼が頼もしいサポート役に就いてマリューは艦の防御面は彼に託し、これまで基本的に回避運動に徹せざるを得なかったアーノルド・ノイマンの神業的な操舵技術を、本格的に攻撃面に活かせるようになった


余談編集

アーサー・トラインの受難編集

上記の通り、終盤戦では敢えてマリューを立たせて自身はアシストに回ったが、その結果アーサーをミレニアム副長の椅子から追いやってしまった……

「元ミレニアムの正操舵手は納得してノイマンに操舵席を譲った可能性が高いが、アーサーはただの玉突き人事の被害者なのでは……?」と見る目も。

(仕方ないものの)コズミック・イラ世界の危機に些事を拘っている場合でもないのだが、一部の社畜の観客に取ってはまったく笑えないシーンになってしまったようだ……


ただ、上記の通りこの時のミレニアムはコンパスという組織そのものの凍結により政治的に動けない状態にあった。いくらファウンデーションが『倒すべき悪』だったとしても、討伐の為に出港するのは命令違反に当たるのは事実でもある。

なので表向きは「賊(マリュー達)に乗っ取られてやむなく従っていた」体裁にする為に、艦長を譲り自分が副長に収まり、アーサー以下クルーの今後の立場を守る意図もあったと思われる。


もっとも、上述の通りコノエを副長に指名したのはマリュー本人なのでマリューさんそこまで考えてないと思うよと切り捨てられればそれまでなのだが……。

ただし、ミレニアムクルーが『テロリストの人質被害者の立場に就いていると考えれば、マリューのコノエへの指名は「艦長がテロリストに脅され荷担を強いられている以上、クルーも従わざる得ない状況を作った」、コノエの才覚を考慮すると「(『何らかの手段で外部に連絡される可能性からそれを防ぐ』のを名目に)コノエを目の付く所に置いておく」とも見れる。


初期キャラクター設定編集

小説版などで劇中以前の経歴が明らかになっているキャラが多い中で、実は未だに劇中以前の経歴が不明瞭な主要キャラである。


後に監督がXにて公表した初期プロットによると

  • 40歳位の一世代目コーディネイターであり、ラメント現最高評議会議長とは旧知の仲である。

との情報が明かされた。


ただし、元の職業はプロットから変更されたのか、教師ではなく数学者となっている。これらの情報は両澤氏のプロットからのあくまで初期キャラ設定であるが、大きなブレは無いとの弁。


舞台挨拶編集

コンパスに参加したのは旧知の仲のラメント議長にラクス・クラインが総裁に就任することから頼まれて。アルバートとは元々一緒にいてコノエに付いてきた。と3月17日の舞台挨拶で明かされた。


声優ネタ編集

演者の大塚氏は過去のガンダム作品でヤザン・ゲーブルチボデー・クロケットギャバン・グーニーを演じている。そしてギャバン以外はコノエ含め最後まで生存している。子安キャラほどではないにしろ「生きて帰れる」設定はここから来ている可能性もある。

更に戦艦の艦長・副長として、宇宙戦艦ヤマト2199宇宙戦艦ヤマト2202宇宙戦艦ヤマト2205真田志郎を演じている(2202で宇宙戦艦ヤマト副長に、2205で戦闘空母ヒュウガ艦長に就任している)。


インタビュー記事にて編集

アニメージュ』2024年4月号のインタビュー記事にて、福田己津央監督はコノエ艦長の性格について「マリューさんと対立しない性格の人にしたい、とは考えていました。『DESTINY』のタリアさんみたいなタイプが来ていたら、二人して前に進むしかなくなってしまいますから。それに軍人って、みんな猪突猛進でどちらかと言えば人命を軽視する人として描かれるじゃないですか。『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリーみたいに、ふわっとしていて知略のある、軍人としてはいささか頼りなく見える人を出したい気持ちもありました。」

演者が大塚氏なのは「コノエを大塚芳忠さんに演じていただきたいというのは、両澤千晶(脚本)が言っていたことで。」


関連タグ編集

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

世界平和監視機構コンパス 判断が早い

関連記事

親記事

世界平和監視機構コンパス せかいへいわかんしきこうこんぱす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 472751

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました