ピクシブ百科事典

宇宙戦艦ヤマト2199

うちゅうせんかんやまとにいいちきゅうきゅう

宇宙戦艦ヤマト2199とは、TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」(1974年放映開始)のリメイク版アニメである。後に劇場版「星巡る方舟」が公開された。さらに続編も制作されている。
目次[非表示]

概要

TVアニメ版「宇宙戦艦ヤマト」(以下第1期と呼称)のリメイク作品。
アニメ作品としては、2009年公開の劇場版『宇宙戦艦ヤマト復活篇』以来3年ぶりの完全新作となる。

テレビ放送に先駆けて2011年12月よりインターネットでPVが公開され、映画館での先行イベント上映やBlu-ray・DVDの発売、アニメ情報番組『MAG・ネット』等で本作の特集が放映された。
そして2013年4月7日から9月29日にかけて、毎日放送ホスト・TBS系列全28局ネット枠において全26話が放送された。

新作劇場版

放送終了後、2014年完全新作の劇場版を公開することが告知された。
2014年4月に新作劇場版のタイトルと公開予定日が発表された。
タイトルは宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟で、2014年12月6日より公開中。
また新作劇場版公開前に特別総集編として「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」が同年10月11日より公開された。

2014年4月にWOWOWにて先行イベント上映版が放送されたほか、TOKYOMXBS11でテレビシリーズの再放送が行われている。

続編について

そして正式な作品名は宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たちとなり、制作陣は一部入れ替えられる。

主な特徴(旧作との相違点)

大筋で第1期をなぞりながらも、航海中に起きる事件のストーリー上の変化などがある。また、CGを使う事により、セル画では難しかった急旋回や回転しながらの戦闘など、映像表現にも大きな変化があるのが特徴。

それ以外にも、以下のような特徴がある。

  • 大学教授などの協力により、科学考証をより厳密化(例:大マゼラン星雲との距離が14万8千光年→16万8千光年)。
  • 旧作に明確にされなかった地球政府の組織形態を国連に定めると同時に、軍隊組織の地球防衛軍国連統合軍に変更(下に国連宇宙軍、国連地上軍、国連海軍、国連空軍ら4軍が存在する)している。
  • 旧作にはなかった階級制度を導入(「○等宙尉(佐)」など、現実の自衛隊式の呼称に近い)
  • 旧作における矛盾点や不合理な部分については可能な限り納得の行く説明を付け加えている。
    • 例:旧第1期での、冥王星基地勤務のシュルツ・ガンツらが、以降登場する他のガミラス人と違い、青い肌をしていない理由や、古代進島大介のような20歳前後の若輩者がそれぞれの部門の責任者に大抜擢で任命された経緯、旧作でタランの容姿が途中で変わってしまった理由など
  • 旧作における第1期以降、すなわち「さらば~」「新たなる~」などからの登場人物についても、可能な限り「ヤマトのイスカンダル発進当時からいた」ことにして、登場させられている(例:土方竜山南修山崎奨平田一徳川太助斉藤始など)。また、アナライザーの搭乗に到る過程も変化している(本作では最初からクルー)。
  • 時代背景を反映してか、非モブ女性乗組員の数が大幅に増加した(ヒロインである森雪をクローズアップするという目的から描写を極力避ける方向であったが旧作でも多数の女性クルーが第1作では乗船していることが、赤道祭の回で確認されている)。それに伴い、旧作における森雪の役割を担うキャラが分散され、彼女自身は「船務長」と「主任レーダー手」に専念することになった。新規女性キャラのうち、桐生美影は劇場版で事実上のメインヒロインを務めるなど、重要な役どころを演じている。
    • これに関しては、NHKの『MAG・ネット』で出渕監督が「旧作では、森雪の仕事量が明らかに多く、現実的ではない』という事と『作品に華が欲しかった」という2点を挙げている。
    • また、旧作におけるヤマト艦載機隊副隊長「山本明」に相当するキャラが“山本玲”として女性化され(山本明の役回りは、新キャラの篠原弘樹が担うことになった)、ヤマト搭乗の経緯や航空隊への配属の経緯(動機)が明確化されている。
  • 女性キャラばかりクローズアップされるが、役職が細分化されたことに伴い、保安部長の伊東真也と部下の星名透、掌帆長の榎本勇、航空隊副隊長の篠原弘樹など男性キャラにも多数のオリジナルキャラクターが登場している。特に伊東と星名は作中でも重要な出番がある。
  • 旧作と違い、ガミラスガトランティスといった敵サイドのキャラにもファーストネームが設定されている(例:デスラー→アベルト、シュルツ→ヴァルケ、ガンツ→ゲルフ、ドメル→エルク、サーベラー→シファル 他)。同時に、艦船にも名称が設定されている。また、ガミラスやガトランティスにも、本作初登場のオリジナルキャラクターが多数存在する。
  • 旧作における地球防衛軍が国連宇宙軍へと名称が変更されている。また、各艦艇に識別番号が存在する(例:ヤマト→BBY-01、きりしま→BBS-555、ゆきかぜ→DDS-117)。

登場人物

旧作シリーズからの登場人物

ヤマトクルー

沖田十三
古代進
森雪
島大介
真田志郎
加藤三郎
南部康雄
北野哲(新たなる旅立ち)
太田健二郎
相原義一
佐渡酒造
徳川彦左衛門
山崎奨(新たなる旅立ち)
薮助治
平田一(ヤマトⅢ)
アナライザー

地球連邦軍

藤堂兵九郎
土方竜(ヤマト2、さらば)
総参謀長(ヤマト2、さらば)
山南修(永遠に)
斉藤始(ヤマト2、さらば、劇場版)

地球市民

徳川太助(新たなる旅立ち)

ガミラス

デスラー(アベルト・デスラー)
ヒス
ドメル
ハイデルン
ゲットー
バーガー
クロイツ
ゲール
シュルツ
ガンツ
ヤレトラー
タラン→ヴェルテ、ガデルの兄弟に設定
バンデベル(ヤマト2)
フラーケン(ヤマトⅢ)

イスカンダル

スターシャ・イスカンダル
サーシャ・イスカンダル

ガトランティス

サーベラー(劇場版)



本作からの登場人物

ヤマトクルー

岬百合亜
新見薫
原田真琴
山本玲
西条未来
桐生美影
伊東真也
星名透
榎本勇
篠原弘樹
沢村翔
市川純(劇場版)

地球連邦軍

桐生悟郎(劇場版)..桐生美影の父。

ガミラス

ヘルム・ゼーリック
ミーゼラ・セレステラ
ハイドム・ギムレー
ミレーネル・リンケ
メルダ・ディッツ
ヒルデ・シュルツ
エリーサ・ドメル
ノラン・オシェット
ヴァンス・ヴァーレン
ゴル・ハイニ
デバルゾ・ボーゼン
ニーゲル・ルバッカ
イデル・モンク
モルド・ヴォック
ルタン・ベスター
ドーラ・バレク
ネレディア・リッケ(劇場版)
ミルト・エヴァンス(劇場版)

イスカンダル

ユリーシャ・イスカンダル

ガトランティス

ゴラン・ダガーム(劇場版)
ボドム・メイス(劇場版)
イスラ・パラカス(劇場版)
キチェ・トールギン(劇場版)



主題歌

先行上映版

OP

宇宙戦艦ヤマト
作詞阿久悠
作曲:宮川泰
編曲:宮川彬良
ささきいさお
バックコーラス:東京混声合唱団、Yucca

ED

星が永遠を照らしてる(第一章 / 再放送・第8話~第13話)
作詞:畑亜貴
作曲:黒須克彦
編曲:市川淳
歌:結城アイラ

美しい地球(ほし)を知る者よ(第二章 / 再放送・第3話~第6話)
作詞:畑亜貴
作曲・編曲:増田武史
歌:美郷あき

真赤なスカーフ(第三章、 / 再放送・第7話)
作詞:阿久悠
作曲:宮川泰
編曲:宮川彬良
歌:ささきいさお

記憶の光(第四章 / 再放送・第14話)
作詞・作曲:KOKIA
編曲:伊藤真澄
歌:KOKIA

ヨーソロー ~星の海を越えて~(第五章 / 再放送・第15話~第20話)
作詞・作曲:影山ヒロノブ
編曲:須藤賢一
歌:影山ヒロノブ

R.I.P ~友よ静かに眠れ~(第六章 / 第21話~第26話)
作詞:影山ヒロノブ
作曲:福山芳樹
編曲:須藤賢一
歌:JAM Project

愛の星(第七章)
作詞:水樹奈々・吉木絵里子
作曲:吉木絵里子
編曲:藤間仁(Elements Garden)
歌:水樹奈々

TV放送版

第1期OP以外は全てアニプレックス(但しソニー・ミュージック名義)関連の歌手が担当。
このため、アニプレックス並びにソニー・ミュージックがスポンサーになっていない再放送版では一切使用されていない。

OP

宇宙戦艦ヤマト(第3話~第14話 / 再放送・第3話~第14話、第16話~)
作詞:阿久悠
作曲:宮川泰
編曲:須藤賢一
監修:宮川彬良
歌:Project Yamato 2199

Fight For Liberty(第16話~最終話)
作詞・作曲:TAKUYA∞
編曲:UVERworld、平出悟
歌 - UVERworld

ED

愛詞(第2話~第8話)
作詞・作曲:中島みゆき
編曲:瀬尾一三
歌:中島美嘉

Best of my Love(第9話~第17話)
作詞:田中秀典
作曲:楠野功太郎、玉井健二
編曲:玉井健二、百田留衣
歌:安田レイ

Distance(第18話~最終話)
作詞・作曲:高木洋一郎
編曲:坂本昌之
歌:JUJU

BLUE(総集編『追憶の航海』)
作詞:水樹奈々
作曲:吉木絵里子
編曲:藤間仁(Elements Garden)
歌:水樹奈々

関連イラスト

配置しただけで すみません。
2199 Yamato Girls



クロスオーバー

 『スーパーロボット大戦』において、ヤマトの参戦はヤマトファンとスパロボファンなどで古くから散々ネタにされ続け、議論され尽くされていたが、「ストーリー的にイスカンダルに行くので、他の作品とどう絡めるの?」や「ロボットアニメじゃないから絶対に参戦は無理だよね」の裏返しでもあったのだが、スパロボ25周年で、ついに『スーパーロボット大戦V』にて、ヤマト2199が正式に参戦が決まった。
 ヤマト2199が含まれている事に対して、大半が「ネタか」と思ったのだが、まさかの公式発表であることに多くのヤマトファンが驚愕した模様。
 反応は賛否両論といったもので、「ロボ関係ない」と批判するファンもいれば、「ついに参戦した!」と称賛するファンや「松本零士ならロボットアニメもあるよ!」とダンガードAの参戦に期待をするファンもいる模様。
なお、スパロボシリーズには、宇宙の騎士電子の歌姫嵐を呼ぶ幼稚園児ロボットアニメのシリーズでもロボットは出てこない作品だけど幾度も参戦している着ぐるみなどのロボットアニメではない作品も多数参戦しているし、ついにはロボットでもなければアニメでもない破壊神な怪獣王すら参戦しているので、『ヤマトがロボットアニメではないのに特別や特殊な参戦した初めての作品』というわけではないので、スパロボファンからすれば多少は驚きはすれども、わりと上記のようなサプライズ枠があるのでいつもの事であった。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 2013年春アニメ 星巡る方舟 宇宙戦艦ヤマト2202
国連統合軍 ガミラス ガトランティス 宇宙戦艦
ヤマト100users入り ヤマト500users入り
腐宙戦艦ヤマト801(腐向け隔離タグ) スーパーロボット大戦V

外部リンク

宇宙戦艦ヤマト2199公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「宇宙戦艦ヤマト2199」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19241550

コメント