ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 初代の『宇宙戦艦ヤマト』において、ガミラス人である筈のシュルツや、ガンツの肌の色が地球人と同じ肌色であるという矛盾があった(シュルツ達が死亡退場した後に肌の色の設定を変更したため)。後のPS版ゲーム『遥かなる星イスカンダル』では、ガミラス人同様の青い肌に変更されていた。
 しかし、リメイク作品である「宇宙戦艦ヤマト2199」では、その矛盾した設定を逆用して、ガミラス帝国により支配・併合された惑星の住民(所謂、二等臣民)とすることによって、原作の矛盾を見事に解消している。
 ただし、居住環境への適応手段などについては今のところ明言されていない。

二等臣民制度とは

 上記した通り、二等臣民とはガミラスによって併合または支配された惑星の住人達に与えられる身分制度のことである。なお、この制度を受け入れられるのは、ガミラスに服従した国家のみで、拒絶した場合は殲滅している。
 また本作では語られなかったが、二等臣民としての制度を受けると同時に、その惑星には星を渡る為の機関技術『波動エンジン』の技術供与を行ったり、その他許される範囲での恩恵や繁栄を与えている、と小説版では解説されている。

限界点

 当初こそ、この制度は成果を上げていたものの、やはり純血ガミラス人との差別化(与えうる技術供与等や権利の限界)が大きくなった結果、二等臣民たちの不満が燻り始めてしまったとされる。これに対して、宣伝情報相のミーゼラ・セレステラは、『ガミラスは一つである』という演説や宣伝を行い、統一しようと対策を練った。
 また、これを受けたガミラス上層部は、二等臣民であっても一定の業績を残すことによって一等ガミラス臣民にも昇格できる、という制度も導入することでより統一感を高めようとした。これらは小説版にて説明されている。

二等ガミラス人の例

 2199版にて登場する二等ガミラス人は、確認できるものでザルツ人、オルタリア人、ジレル人の3種類である。
 なお、ヘルム・ゼーリックが侍らせていた女性に、黄緑の肌をした異星の女性がいるが、これは設定資料集によるとガトランティスの女性兵士の捕虜であるため、二等ガミラス人ではない。

ザルツ人

殉 教 者


 『2199』で最も多く登場するのが惑星ザルツの住民である。地球人と酷似しており、パッと見では同じ地球人だと勘違いされてもおかしくは無い。また、戦線に多く投入されている模様である。まず太陽系に派遣された、空間機甲旅団長のヴァルケ・シュルツ大佐を筆頭にした、副官ゲルフ・ガンツ少佐、ヴォル・ヤレトラー少佐、基地司令のサレルヤ・ラーレタ少佐がいる。
 また、メルトリア級航宙巡洋戦艦「EX178」の艦長だったヴァルス・ラング中佐、第442特務小隊のゲルト・ベルガー少尉、バルシュ・メック曹長、ベリス・ライチェ軍曹、ノラン・オシェット伍長らもいる。
 こういったように、戦線に登用される多くはザルツ人であった。何故多用されるのかは触れられてはいないが、彼らの忠義心や軍人としての能力の高さがあるからかもしれない。事実、第442特務小隊などは全滅してしまったものの、それまでの苛烈な戦場では数々の武勲を挙げていた程だ。
 小説版の描写だとガミラスの侵攻に対して当初は抵抗したらしく、その際のザルツ軍の優秀さを評価し、ザルツの降伏後にザルツ軍を丸ごとガミラス軍へ編入したとされている。また、ザルツ人に限らないが二等臣民は士官学校に入るのも難しく、若いうちは良くて少尉までが限界で、中尉以上に上がるには長く戦場で活躍して功績を多く積み重ねる必要があるらしい。

主な人物

ヴァルケ・シュルツ - 大佐。冥王星基地司令。空間機甲旅団・旅団長。
ゲルフ・ガンツ - 少佐。冥王星基地副司令。
ヴォル・ヤレトラー - 少佐。冥王星基地作戦参謀。
サレルヤ・ラーレタ - 少佐。木星浮遊大陸基地司令。
ヒルデ・シュルツ - 民間人。
ヴァルス・ラング - 中佐。巡洋戦艦EX178艦長。
ゲルト・ベルガー - 少尉。B特殊戦群・第442特殊小隊・隊長。
バルシュ・メック - 曹長。B特殊戦群・第442特殊小隊・隊員。
ベリス・ライチェ - 軍曹。B特殊戦群・第442特殊小隊・隊員。
ノラン・オシェット - 伍長。B特殊戦群・第442特殊小隊・隊員。

オルタリア人

オルタリア人モブ


 ノルド大管区に位置する植民惑星の一つ。地球人と同じ身体の構造だが、濃いオレンジ色の肌をしており、さらに独特の民族衣装を纏っている。顔にボディペイントをしている者が多いのも特徴。文明のレベルはそこまで高くはない模様で、詳しい描写こそないものの、よくてガミラス戦争以前の地球とどっこいどっこいだったのではないかと推測される。ただ、文化レベルは高い。
 やがてガミラスの支配体制に、民衆が不満を爆発させた結果、ガミラス総督府を包囲してしまった。そこまでは良かったものの、ハイドム・ギムレー率いる親衛隊は、移民していた一等ガミラス人諸共、オルタリア人(蜂起に加担しなかった者も含む)を虐殺するという暴挙を行った。
 その行為は苛烈を極めており、惑星間弾道ミサイルを10発近く撃ち込み、さらにはポルメリア級による艦砲射撃、艦載機部隊による空爆や直接射撃と、ありとあらゆる殺戮をほしいままにした。鎮圧というレベルを超えた殲滅である。

ジレル人

ミレーネルたんかわいいよミレーネルたん


 地球人型の体系だが、肌の色は薄い灰色、耳はエルフの様に尖っており、手足には特殊な模様が刻まれている。地球やガミラスと比較しても極めて高い科学技術力を持っているようだが、それ以上に特筆すべき特徴は、他人の思考を読んだり、他人の意識に潜り込んだりできる特異な能力(簡単に言えばテレパス能力)を備えているということであろう。ただ、その能力を忌み嫌う他民族が多かったらしく、弾圧行為が頻繁だったと考えられ、現在では極めて希少な存在となっている。
 若き頃のアベルト・デスラーによって、監獄惑星レプタポーダに投獄されていた、ミーゼラ・セレステラミレーネル・リンケの2人が救出され、ガミラスに帰順する。しかし、リンケはヤマトの情報収集中に意識を消滅させられて死亡してしまい、残ったセレステラも後にデスラーの誤射を受けて死亡。これにより、ジレル人は完全に滅亡してしまった……と考えられていたが、その後、劇場版星巡る方舟』にて、聖地:惑星シャンブロウに巡礼していたことが幸いして生き延びていたジレル人が大勢おり、滅亡していなかったことが判明した

主な人物

ミーゼラ・セレステラ - 宣伝情報相。
ミレーネル・リンケ - 中央情報部特務官。
レーレライ・レール(『星巡る方舟』に登場。ガミラスの2等臣民ではない。)

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス

名誉ブリタニア人 - 他作品の類似制度。

関連記事

親記事

ガミラス がみらす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「2等ガミラス人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 290449

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました