ピクシブ百科事典

親衛隊(宇宙戦艦ヤマト)

しんえいたい

「宇宙戦艦ヤマト」シリーズに登場、ここではガミラス帝国総統・デスラーの親衛隊を解説する。
目次[非表示]

概要

宇宙戦艦ヤマト』において

ガミラス帝国総統・デスラーに直属する部隊。
本作では姿を見せることはなかったが、作戦の失敗を報告する冥王星基地司令官・シュルツにデスラーは「親衛隊を送ろうか」と発言、シュルツは恐怖と動揺を隠せず、冥王星にヤマトをおびき寄せ、反射衛星砲を使用する「苦肉の策」を思いつくに至った。

宇宙戦艦ヤマト2199』において

親衛隊を率いる人物としてハイドム・ギムレーが登場。
隊員は忠誠心の強い兵士のクローンであり、艦隊は青く塗装されている。
反帝国の動きを示した惑星に艦隊を差し向けて壊滅させるなど、恐怖による圧政を敷くことから、本来、対立関係にあるヘルム・ゼーリックガル・ディッツからも親衛隊は忌み嫌われている。
ギムレーは謀略と諜報に長け、ゼーリックが永世総統・アベルト・デスラーに対して反逆の意思を固め、暗殺の機会をうかがっていることにも気づき、デスラーにも報告していたが、デスラーはゼーリックをあえて泳がせ、観艦式においてゼーリックの叛意を暴露、彼を抹殺した。
しかし、ゼーリック抹殺は結果としてガル・ディッツの離反を招き、艦隊の指揮権を失った名将・エルク・ドメルはヤマトの前に敗死、ヤマトの脅威はガミラス本星に迫ることとなった。

しかし、これらもデスラーの計画の一部に過ぎなかった。
デスラーはヤマトをガミラス本星におびき寄せることで勝利に酔い続けたガミラス臣民を目覚めさせる道具として利用、デスラーの真意を知っていたギムレーもデスラーに協力、ヤマトの攻撃に死の間際にあったギムレーは「これが死か」と達観したように語り、ギムレーも死んだかに思えた。
















宇宙戦艦ヤマト2202』において(ネタバレ注意)

第4章において九死に一生を得ていたデスラーのもとにガデル・タラン率いる艦隊が合流、第5章において青く塗装されていることから、彼らは親衛隊と思われ、艦隊の黒幕として死んだと思われていたハイドム・ギムレーが登場した。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 宇宙戦艦ヤマト2202
デスラー アベルト・デスラー ハイドム・ギムレー

コメント