ピクシブ百科事典

フォムト・バーガー

ふぉむとばーがー

『宇宙戦艦ヤマト』に登場したガミラス帝国のバーガーをリメイクしたキャラクター。『宇宙戦艦ヤマト2199』において、フォムト・バーガー設定されて登場を果たした。後の劇場版『星巡る方舟』にも登場。
目次[非表示]

「奴らを食い止め、爺さんとガキを生きて故郷に返す!」


概要


 ガミラス帝国に所属する軍人で、エルク・ドメル上級大将を司令官とする第6空間機甲師団のうちドメル幕僚団の一員。幕僚たちの中では最も若く、ドメル幕僚団の中でも最も血気盛んな一面が多く見られる人物である。容貌は旧作におけるバーガーとほぼ同様である(七三分けの髪型や左頬の傷痕という特徴は原作のまま)。
 七色星団で戦死したかと思いきや、ランベアが沈没せずに済んだ為に生存していた。劇場版『宇宙戦艦ヤマト 星巡る方舟』にて再登場、ガミラス側における主人公的立ち位置になっており、地球人こと古代進らとの相互理解をする重要な役目を持っている。因みに喫煙者である。

性格

 血気盛んである一方、ザルツ人に対しては、偏見じみた頑なさがある。その一例として、七色星団海戦出撃前の顔合わせの際、ザルツ人で構成された第442特務小隊に向かって「信用できるか怪しいもんだ」と、公然と言ってしまう事さえあった。なお、信用できない理由は不明確であるが、これはザルツ人が敗残兵であることが理由か、ガミラスにおける教育思想等に原因がある模様(グレムト・ゲールヘルム・ゼーリックらも同様)。
 ただし劇場版『星巡る方舟』で再登場した際には、ザルツ人と思い込まれていた古代進らに対してそこまで偏見染みた態度は取らなくなっていた。どの様な心境の変化があったのかは不明だが、七色星団で命を散らしながらも任務を全うしていった第442特務小隊らの姿勢に、ザルツ人への見方を変えていたのかもしれない。
 ちなみに、総指揮官であるドメルには敬意を払ってはいるものの、同じ幕僚団の古参(かつ階級も2つも上の上官)であるヴェム・ハイデルン大佐に対しては、何故か「親父さん」と軽口で呼んでいる(敬語も使っていない)。もっともそれだけ父親のように慕っていたとも取れるし、ハイデルンもまたバーガーの行動に呆れながらも、彼の乗艦したランベアがイオン乱層に沈んだ折に思わず「バーガー!」と叫んており知られざる信頼関係が二人にはあったようである。
 ザルツ人を見下すように、ガトランティスに対しても恐れるに足らない存在として見ている(ガミラス内部でも蛮族として見下していることもあるが)。ドメルから窘められることがあり、さらにはヤマト攻撃時にもハイデルンから「燥ぐな!」と窘められている。

軍人としての手腕

TV版

 若いながら、ドメルと同じく卓越した艦隊指揮能力を有し、同時に艦載機パイロットとしての腕と度胸も有している。電撃戦を行う際、常に一番槍として先陣を切る事から、ドメル幕僚団の切り込み隊長の役割を持っている。
 小マゼラン外縁部に侵入したガトランティス艦隊との戦いでは、指揮下の第7駆逐戦隊(ガミラスでは第7戦闘団と呼称されている)艦隊だけで、敵戦力の7割を壊滅、敗走させている(自軍の損害はケルカピア級航宙軽巡洋艦1隻が被弾し戦列を離れた以外、確認されていないため、これは大戦果と言える)。
 もっとも、これはドメルの巧みなミサイル集中攻撃による先手を打った効果も大きい。またパイロットとしては、急降下爆撃機スヌーカを操縦して出撃し、七色星団の悪環境の中にあって、ヤマトのレーダーを両方破壊するという功績をあげている。

劇場版

 劇場版では、第8警務艦隊を指揮してガトランティス艦隊と交戦。ただし、ドメル艦隊の時の様な機動性を重視できるような編成とは言えず、それもたかだか12隻程度(ヤマトのレーダー反応から)。
 戦力差もガトランティス側が軽く2倍以上はあったと見られる。ヤマトと共に戦う都合も重なって、正面からの撃ち合いに縺れ込んだ模様。結果として全滅してしまったものの、倍以上の敵艦隊を相打ちに近い損害にまで持って行っていることから、彼の非凡さも見て取れるかもしれない。
 因みに第8警務艦隊はネレディア・リッケ大佐が指揮していたパトロールを任務とする部隊で、なおかつ実戦経験は圧倒的に不足している。これだけでもかなり不利と言えるが、それをバーガーは相打ちに持っていったのである。(ヤマトが数を減らしていた事もあったが)

人間関係

 TV版では詳しく描かれなかったが、劇場版にて恋人にメリア・リッケがいた事が判明した。配属先も同じになり喜んでいたが、その矢先でガトランティスとの戦闘が発生。バーガーはメリアを救う事が出来ずに目の前で死なせてしまった。なお頬にある傷口は、この時によるもので、治すこともできるが、わざと残している。また彼女の姉にあたるネレディア・リッケとは旧知の仲。
 劇場版では、ザルツ人と思い込んでいた古代とかつての恋人と瓜二つの桐生美影が、実はヤマトの人間であると知ったものの、異空間で過ごした共同生活で理解しあえる仲になっていた。

過去

 過去に関わる詳しい経緯は語られなかったが、劇場版において明かされた。バーガーは、元々は誠実で真面目な性格で知られていたようで、昔を良く知るハンス・ヴァーレンの口から証言されている。それが変わってしまったのは、ガトランティスとの戦闘で失ったメリアの存在が大きいと言う。
 当時のバーガーは、同じ基地に配属されたメリアを戦闘から助け出すべく、攻撃を受け警報が鳴る基地の通路を駆けまわっていた。ようやくメリアを見つけたものの、彼女はは瓦礫の下地になっており身動きが取れない状態だった。彼はすぐに助け出そうとしたものの、非常にも目前で隔壁が閉じられてしまう(障害物で僅かな隙間があったが)。
 その途端、今度は基地内で爆発が生じ、爆炎が身動きの取れないメリアを包み込み、彼女は戦死してしまったのである。バーガーは隔壁の隙間から飛び出た爆炎と破片で、ヘルメットを割られて左頬を大きく抉られてしまった。
 仲間であるライル・ゲットーは、恋人の墓前に立ち尽くすバーガーを慰めようと試みたが無理であった。それからと言うもの、バーガーは死んでも構わないと無謀な戦い方を始めたと言う(小説版にて)。自殺ではなく、戦って死んでメリアに会おう考えていた模様。劇場版でまたも戦死し損ねたバーガーは「わりぃ、メリア。またそっちへ行き損ねた・・・・・・」とつぶやいている。

フォムト=バーガー



こんな経歴、認められるかよぉ!!(TV版)

デスラー暗殺未遂まで

 初登場は小マゼラン防衛戦。ドメルの指揮下にあって、第7戦闘団を指揮してガトランティス艦隊の7割を撃滅するという大戦果を挙げている。小説版では中央突破からなる背面展開戦法という実施の難しい艦隊戦術を実行に移しており、新兵も含まれる艦隊でありながらもこれを成功させている。
 その後、第6空間機甲師団はバラン星へと配属となる。中性子星カレル163で迎撃する事が決まり、ワープしてくるであろう5箇所のポイントの一つでヤマトを待ち受けた。結果としてヤマトがワープした先はドメルの本体でありバーガーの部隊の前には現れなかったが、集結要請を受け直ちにワープ。一度はドメル艦隊を突破したヤマトの前方に姿を現して立ちふさがり、この戦闘の勝敗は決したかに見えた。
 しかし、直後にヘルム・ゼーリック国家元帥の謀略によりデスラー総統暗殺事件が勃発(実際は暗殺されてなかったが)。ドメルがこの事件の首謀者であると嫌疑をかけられたことによって作戦は急遽中止、満身創痍のヤマトを目前にドメル幕僚団は艦隊ごとガミラスへ強制的に帰還させられてしまう。

七色星団海戦まで

 その後、ゼーリックが粛清されドメルの嫌疑は晴れたが、バラン星の崩壊でガミラスは多くの艦隊を本星から遠く離れたバランの宙域に取り残す事態となった。ドメルに再びヤマト討伐の命が下されるが、叛乱容疑から艦隊を取り上げられていた彼らにはドメラーズⅢ以外に自前の戦力が無かった。
レドフ・ヒス副総統が精鋭部隊として艦隊を手配したものの、ガイペロン級多層式航宙母艦3隻(内、1隻「シュデルグ」は初期型の老朽艦)と、新鋭艦だが試作艦でもあるゲルバデス級航宙戦闘母艦「ダロルド」1隻のわずか4隻の小艦隊であった。補充された兵士も老兵や訓練もままならない少年兵ばかりという現状であった。
 これに対してバーガーは「空母がたったの4杯だけかよ」とぼやいている。もっとも、これは本土防衛艦隊を牛耳っているハイドム・ギムレーが、故意に兵力の供出をしなかった故であった。バーガーは第2空母こと『ランベア』(紫のカラーリング)に配属となり、急降下爆撃隊を指揮する事になる。
 七色星団において、バーガーは第2次攻撃隊としてガミラス極秘の新兵器である「物質転送機」による初の転移奇襲攻撃を行う。小説版では成功率70%と言われていたが、無事ヤマト直上に転移に成功した。レーダーの効きにくい宙域を利用した奇襲攻撃は見事に決まり、対空火器に恐れることなくギリギリまで突っ込み、ヤマトのレーダー2基を破壊する。
 速やかに目標を達した後は山本機が迎撃してきたのもあり即座に引き揚げ、空母に帰投した。だがランベア爆撃隊は次々と撃墜され、結局空母に戻って来たのはバーガーのみだった。なおも激しく抵抗するヤマトを仕留めるべく、ドメル艦隊は空母共々前進しヤマトへの砲撃戦を展開。だが作戦の要ドリルミサイルがヤマト側に反転させられた事で状況が一変、『ダロルド』は撃沈され、『シュデルグ』も巻き込まれて轟沈した。
 バーガーの乗る『ランベア』はダロルドの爆発を回避したものの、今度は迫るヤマトの射程に入ってしまい左舷にショックカノン2発を被弾、機関部が炎上し、艦は傾きながら徐々に墜ちて行った。悔しさのあまり、「こんな結末、認められるかよぉ!!」と叫ぶバーガーを乗せたまま、慣性制御を失った『ランベア』は最上甲板に係留していた艦載機の殆どをばら撒きながら雲海に沈んでいった。

こんな経歴なら、認めてやっても良いぜ・・・!(星巡る方舟

ネレディアとの再会

 雲海に没していった『ランベア』だが、実は爆沈することなくからくも戦場を離脱していた。その際、同じく雲海に撃墜されたかに見えた重爆撃機『ガルント』を収容(甲板に乗せているだけだが)している。新兵と老兵を乗せたままあてもなく宇宙を放浪しており、バーガー本人は戦死したランベア艦長・ルタン・べスター大佐に代わって艦長代理を務めていた。
 ヤマトへの復讐心を募らせ再戦を誓うバーガーだったが、自分の艦隊を持ち旧知の仲でもあるネレディア・リッケから停戦命令を受ける。久々の再会に喜ぶでもなく復讐戦に固執するバーガーだったが、そこで突然、彼は得体の知れない歌を耳にする・・・・・・。

シャンブロウに迷い込む

 劇中で経緯は語られなかったが、バーガーはネレディア、クリム・メルヒハンス・ヴァーレンらと共にシャンブロウの探索を行ううちに、謎のホテル内に閉じ込められてしまった。脱出できない中で救援信号を発し続けていたが、そこに救援信号を受信した古代進らが迷い込んできたのである。
 バーガーは古代たちヤマトの乗員を一目見てザルツ人だと思っていたが、以前のザルツ人部隊に向けた様な差別的な態度は取らず、寧ろ好意的な方であった。とっさに自体を把握してザルツ人のフリをした古代は極秘任務と言う言葉で正体を濁していたが、バーガーは「そういうの、嫌いじゃないぜ」と肯定している。
 そんな中、かつての恋人メリアに酷似した桐生美影を見つけたバーガーは唖然となった。
その場で取り乱すことはなかったものの、流石の彼もメリアの姉であるネレディアに対して「似ていたよな」とボヤいてしまった。だがここで「何が似てたの?」と返されたことで彼女に不審な印象を抱く。

7日間の共同生活

 遅れて迷いこんだザルツ人(古代)達との共同生活が始まった。バーガー達が自前で持っていた食料は付きかけていたが、古代が保有していた携帯食糧を分けたことで辛うじて飢えを凌ぐ。同時に沢村翔が落ちた穴を脱出の為に掘り進める作業に共同で取り組んで精を出した。
 相手が地球人とは知らないバーガーは、共同生活をするうちに古代達と自然に分かり合えるようになっていった。また、妹に似た美影を相手に家族関係を聞いたり、自身の過去の話やジレルについての話をするなど、徐々に打ち解けあっていた。
 しかし、空腹とザルツ人(ヤマト乗員)との生活に耐えきれなくなったメルヒが遂に激昂、古代達との作業を拒否して1人離れてしまった。バーガーはドメルからの受け売りである「ガミラスの軍人は、可能性のある限り最後まであきらめるな」という教えを彼に説くものの、効果は無かった。
 美影が動く筈の無い11階行きエレベーターに乗ったとの知らせを受け、バーガーは古代と共に無かった筈の最上階への階段を使い上り、そこでメルヒが美影を人質にしているのを発見。バーガーは諫めようとするが、そこで意外な人物、ネレディアが介入してきて、いきなり古代が地球人、さらに仇敵ヤマトの乗員である事を暴露。
 一触即発な事態に陥りかけるも、古代との相互理解の精神と不審な言動の多いネレディアへの不信感からバーガーが暴発することはなかった。彼はネレディアが妹に酷似した美影に無反応だったことから実は他人なのではないかと薄々感づいており、的中していたのである。幻影によってネレディアに化けていたレーレライ・レールは自らの失敗を悟り正体を現す。
 その後、ガトランティスの介入を受けて、彼は古代と共に反撃に移ることになった。
 

決戦

 バーガーはランベアにヴァーレンのみを戻らせ、そのままミランガルへ向かった。本来ならネレディアが指揮をとる状況であったが、彼は彼女をランベアに移乗させるとミランガルで発進。
「奴らを食い止め、爺さんとガキを生きて故郷に返す! お前らも、ガミラスの男なら分かる筈だ。皆、俺を信じて・・・・・・付いて来い!」
と全艦に通達し、バーガーは第8警務艦隊の指揮を掌握した。これにはネレディアも「どうしようもない男」とでも言いたげに苦笑していた。

「方舟」-共闘-


 ヤマトと共同戦線を張り、ガトランティス艦隊との戦闘を開始する。ガミラス航空隊はメルヒに一任し、バーガー本人はミランガル艦上で戦闘を指揮した。火焔直撃砲の先制攻撃でニルバレスを失ってしまうが、ヤマトからの対策を受け入れてミランガルは回避に成功する。
 敵の火焔直撃砲を無力化した後、砲撃戦を展開。バーガーの乗るミランガルもガトランティス艦を返り討ちにしていった。だが飛び交う砲火の最中、敵旗艦メガルーダが戦線を離脱して傷ついたランベアのいるポイントへ降下を開始した事に気づく。
 バーガーは冷静に自らを殿として、ヤマトに追撃を任せることを選んだ。第8警務艦隊は7隻と少数に撃ち減らされたが、バーガーは構わず「おいしい役をくれてやるんだ。黙って受け取れよ」と余裕を見せつけた。また、自力で逃げ切れる状況だが逃げようとしなかったランベアに残るネレディアに対しては、「たまには俺の言うことを聞けよ」と、逃げるよう促した。

こんな結末なら……

 ヤマトを反転させた古代の後方を援護すべく、13隻余りと倍のガトランティス艦隊を相手に、バーガー率いるガミラス第8警務艦隊は少数にも関わらず立ちはだかり続けた。しかし徐々に討ち減らされ、ミランガルとケルカピア級航宙高速巡洋艦1隻、クリピテラ級航宙駆逐艦1隻を残すのみとなった。それでもバーガーは退かず、ひたすら戦い続けた。
 残る僚艦も撃沈され、ミランガルも土壇場で2隻を撃沈するものの、多勢に無勢の絶望的な状況下に陥る。ミランガルは厚い装甲で耐え続けたものの、被弾を重ねて戦闘能力を奪われてしまった。
 遂に艦橋に被弾し艦の幹部は全滅。バーガーは負傷しつつも唯一生き残っていたが、自身が操舵輪を握って最後の抵抗を試みた。満身創痍のミランガルを目前の巡洋艦に向けて突撃させたのである。その瞬間、彼は呟いた。

「こういう結末なら、納得できるぜ……!!」

別れ

 ガトランティス艦隊を撃退したヤマトとガミラス艦隊(ランベアのみ生存)。体当たりを敢行したミランガルの艦体は真っ二つに折れ、バーガーも戦死したかに見えたが、艦が運よく爆発四散しなかったため、重傷を負ってはいたものの彼は辛うじて生存していた。
「わりぃ、メリア。またそっちへ行き損ねた・・・・・・」
その後バーガーはランベアに救助された。
 ジレルの方舟を見送った後、沖田十三が放送でヤマトとランベアに流した、ドイツ民謡『ムシデン(日本語訳:別れ)』をバックに、「別れも悪くない」と言いながら、ランベアの他の乗員と共に、ヤマトに別れを告げて去っていった。この後は、恐らく無事にガミラス本星へ帰還したと思われる。

劇場版での立ち位置

 あくまでドメル幕僚団の一人という立ち位置であったTV版と違い、劇場版でのバーガーはガミラス側の重要キャラクターとして描かれていた。ヤマト憎しで凝り固まっていた感情を、古代と共同生活を送ることで信頼関係を構築したのである。これは、オリジナル版『宇宙戦艦ヤマト2』のデスラーと同じ立ち位置になっている。
 つまり、古代と友情を結んだのは、デスラーではなくバーガーと言う事だった。総統という国家元首としての地位の人物と、あくまで一兵士に過ぎない古代というオリジナルの構図ではやはり無理があり、階級的にも年齢的にも一番近いバーガーが、古代と友情を結びやすいだろうと判断されたためかもしれない。
 ともあれ、今後に渡って続編が発表された場合、もしかすれば古代とバーガーの共闘が再び見られるかもしれない…。

古代とバーガー



余談

 バーガーを担当した諏訪部氏は、七色星団戦でバーガーが戦死した(と思っていた)矢先に「まだ死んでませんから」出淵裕総監督から説明を受けたと言う。だがならばまた出るのかと期待していたらシリーズが完結してしまった為「出る出る詐欺か!?」と思ってしまった模様。
 そこからまさかの劇場版における登場と知って驚いたようで、劇場公開前に撮影された声優陣のコメント映像でも、そのように発言している。しかし、収録中は諏訪部氏1人で行っていた模様で、それもオーディオコメンタリーで確認できる。

二次創作

PIXIV内では、同じドメル幕僚団の同輩であるライル・ゲットーと組み合わせて描かれることが多い。
バーガー自身が血気盛んな直情派なのに対して、冷静沈着で普段から物静かなゲットー。正反対コンビの組み合わせイラストは何故か多く投稿されている………らしい(主にゲトバガ
また、劇場版の影響から、古代とのコンビで描かれたイラストも徐々に増えつつある。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス エルク・ドメル ヴェム・ハイデルン ライル・ゲットー カリス・クライツェ ネレディア・リッケ メリア・リッケ 星巡る方舟 ゲルバデス級航宙戦闘母艦

pixivに投稿された作品 pixivで「フォムト・バーガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136782

コメント