ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

宇宙船艦ヤマトの心臓部分に当たる部分。このエンジンのおかげでヤマトはワープ航行が可能となっている。
ガミラスの宇宙艦艇にも「ゲシュタム機関」と呼ばれる同様のエンジンが搭載されている。
イスカンダルへの旅以降は、地球艦隊の基本装備となっている。(一部には波動エンジンを改良して搭載した艦艇まで存在する。)

機能

波動エンジンは真空エネルギー(ダークエネルギー)を圧縮、加速させ、タキオン粒子を生成する。
タキオン粒子は光よりも速く動き、それにさらに速度を与えて後方に噴出する事で推進力を得ている。
この生成したタキオン粒子を使った波動砲という兵器も存在し、作中の随所で活躍する。
この波動エンジンを起動させるには、補助エンジンからかなりのエネルギー(2199では外部からの電力)を必要とする。
しかし、一度エンジンを起動させてしまえば後は勝手にエネルギーを生成する無限の永久機関と化す。
ヤマトがイスカンダルに辿り着くまでの航海を支えた大きな立役者である。

関連項目

宇宙戦艦ヤマト ヤマト(宇宙戦艦ヤマト)

関連記事

親記事

宇宙戦艦ヤマト うちゅうせんかんやまと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「波動エンジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4555

コメント