ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スティーヴン・ホーキング

すてぃーゔんほーきんぐ

車椅子の物理学者。若くしてALSを発症したが、進行が非常に緩やかであったため50年以上にわたって精力的に研究に取り組んでいた。
目次 [非表示]

人物

フルネームはスティーヴン・ウィリアム・ホーキング

最新宇宙論で有名なイギリスの理論物理学者である。ブラックホールの研究で特に有名。

1942年1月8日生まれ。ちなみにこの日は近代科学の父・ガリレオ・ガリレイの300回目の命日にあたり、本人もたびたびトークの掴みとしてこのことを述べた上で「もっとも、私の推定ではその日にはだいたい20万人の赤ん坊が生まれているはずですが」という辛辣なジョークを飛ばしていたという。


オックスフォード大学、ケンブリッジ大学院卒。


学生時代はボート部に所属するスポーツマンであったが、21歳の頃筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、車椅子で生活することになった。

医師からは当初余命二年と診断されたが、途中で症状の進行が急速に弱まったこともあり、76歳で他界するまで50年以上にわたって研究を続けることができた。

1980年代からは自力での呼吸が難しくなったことから、気管切開して人工呼吸器をつけており、声を出すことができなくなったため学会等でのスピーチや会話もコンピュータを利用して合成音声で行っている。また、晩年はアイトラッキングを活用した意思疎通を行なっていた。


無神論者であり、キリスト教における「神による宇宙創造」や「死後の世界」の存在については否定的な姿勢をとっている。また、タイムマシンも理論上不可能であると明言している。


その人生は、BBC制作のテレビドラマ「ホーキング」や伝記映画「博士と彼女のセオリー」でも描かれた。


2018年3月14日、英ケンブリッジの自宅で死去。76歳没。

私生活では2度の結婚歴があり、最初の妻との間に三人の子供がいる。


SFファンであり、『新スタートレック』にて本人役で出演したことがある。ほかにも『フューチュラマ』や『ザ・シンプソンズ』にも出演したことがある。

フィクションでも彼をモデルとした人物が登場しており、

ゲーム「真・女神転生」に登場する通称「車椅子の男」またの名を「STEVENスティーブン」と呼ばれるキャラクターのモチーフとなっているとされる。


モンティ・パイソンとコラボしたことがある。

表記ゆれ

スティーブン・ホーキング ホーキング博士

関連タグ

物理 物理学者

ホーキング Hawking

ブラックホール ビッグバン

宇宙

関連記事

親記事

物理学者 ぶつりがくしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9824

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました