ピクシブ百科事典

波動実験艦銀河

はどうじっけんかんぎんが

『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場するヤマト級戦艦の1隻。次世代艦開発やコスモリバース研究解明の為の実験艦として建造された。
目次[非表示]

概要

宇宙戦艦ヤマト2202』に登場するヤマトの姉妹艦。正式名称『波動エネルギー研究艦 銀河』。識別番号はBBY‐03。初代艦長は藤堂早紀

次世代航宙艦開発及びヤマトが持ち帰り本艦に移設されたコスモリバースシステムの研究並びに利用の為に建造されたヤマト型艦艇である。

識別番号が”03”で、ヤマトの3番艦とされている事から銀河の前にもう1艦存在するのではないかとされるが、真相やいかに。

デザイン

ヤマトをベースとしている為、艦体構造はほぼヤマトと瓜二つである。ただし、大きく異なるのは艦橋構造物で、戦闘艦には似つかわしくない極めて視界の広いガラス張りのドーム型となっている。その上部、別の艦橋が2カ所設けられている。また、後部に向かって大きく張り出しており、前衛武装宇宙艦の空母型であるアポロノームおよびアンタレスの艦橋構造に通じるものがある(制作時系列上では、銀河もといムサシが先達である)。
この構造は細部や艦幅を除き「復活篇」に登場したヤマト二番艦「ムサシ」に瓜二つ、もといそのものであるが果たして両者の関係やいかに。

ヤマト特有の対空火器の数々は、隠蔽式とされたことで表面上には見当たらなくなっており、艦体両舷には、ムサシにはない窓と思しき何かがズラリと並んでいる。

艦首には、地球連邦マークと銀河と書かれた”栓”がされており、かの「完結編」でヤマトが自爆する際に使用した”ボルトヘッド・プライマー”を彷彿させる。

武装

ベース元となったヤマトと比較して武装はかなり削減されており、主砲となるヤマト譲りの48mショックカノン砲9門はダミーとされ使用不能となっているが、それでも魚雷発射管や隠蔽式対空火器多数等、研究艦として建造されたにしては妙に重武装となっている。

また、本艦特有のシステムとしてコスモリバースを暴走させ波動共鳴なる現象を引き起こす装備があるようで、これについては第六章で明かされることとなる。

スペック

  • 艦級:ヤマト級宇宙戦艦三番艦
  • 艦種別:波動エネルギー研究艦/波動実験艦
  • 識別:BBY‐03
  • 艦名:銀河
  • 武装
    • 48cm三連装陽電子衝撃砲塔×3基(発砲不可)
    • 艦首魚雷発射管×6門
    • 艦尾魚雷発射管×6門
    • 八連装魚雷発射管×2基(両舷)
    • 隠蔽式対空火器×多数
    機関:波動機関×1基
  • 艦載機:無人戦闘機ブラックバード (機数不詳)、他
  • 艦長:藤堂早紀

またほかにも明かされていない本艦特有の装備が存在するとされる。

余談

前述のとおり本艦のデザインは宇宙戦艦ヤマト復活篇DC版に登場した波動実験艦ムサシをベースに……もとい流用であるが、さらにこれの元をたどると打ち切りとなったOVA『YAMATO2520』用にシド・ミード氏がデザインを手がけた第18代目コスモアドベンチャー型宇宙戦艦YAMATOがある。

宇宙戦艦ヤマト、ヤマト型三番艦銀河、そして第18代宇宙戦艦ヤマト



関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2202 (出典)
宇宙戦艦 (分類)
宇宙戦艦ヤマト復活篇 (再利用元)
波動実験艦ムサシ (〃)

YAMATO2520
シド・ミード (デザインオマージュ元

小林誠 本艦のデザイン担当

関連記事

親記事

宇宙戦艦ヤマト2202 うちゅうせんかんやまとにーにーぜろにー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「波動実験艦銀河」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10118

コメント