ピクシブ百科事典

1日外出録ハンチョウ

いちにちがいしゅつろくはんちょう

「1日外出録ハンチョウ」は、上原求、新井和也による「カイジ」シリーズのスピンオフ作品。大槻班長とその仲間たちの地上での一日を描いた作品。キャッチコピーは「カイジの飯テロスピンオフ作品」。
目次[非表示]

物語

帝愛グループの地の底、日本のどこかも分からない場所、そんな地の底と地上を結ぶのは一日外出券のみ。この漫画はカイジが地の底にくる少し前の話。
地下の強制労働施設で、一日外出券を使い、豪遊の限りを尽くしている者がいた。
その名は大槻。通称ハンチョウと呼ばれる者が一日外出券をまんべんなく使い、地上でどのような一日を過ごすのか、大槻のちっぽけな地上での一日が始まる。

概要

中間管理録トネガワと同じく、カイジシリーズのスピンオフ作品。
24時間という「限られた自由」を、あらゆる知略を駆使して満喫するライフハック漫画である。
…まぁ彼の資金は、シゴロ賽を使ったイカサマチンチロリンや、誘惑した上でぼったくり商品を買わせるなどのアコギな方法で儲けた金なのだが。

わざわざスーツを購入してまで立ち食いそば屋で「昼間から酒を飲める成功者」を装って昼酒を楽しんだり、自分の中に沸き上がった肉欲(=美味い肉喰いたい!!という欲)の悪魔と格闘したりと多種多様な形で束の間の自由を謳歌する姿に、よく分からないけど何となく共感する層も多いとか。

しかし、本編では悪どい商売でも今作では逆にネタとして納得できてしまうのがまた・・・

基本的には東京を中心とした街を外出先にするが、他にも名古屋や京都などの都市部、海水浴場やシーズンオフの海辺の町など様々な場所にも一日外出している。
行先自体の選択権はないものの、ローテーションを推測する形で大体の場所は事前にイメージ出来ているようである(または、地下施設の黒服のリーダー格である宮本と親しい仲になって以降は、彼を通して、行先を自由に選択できる様になっている可能性もある)。
尚アニメ版では、事前に希望した場所へ行けるようになっているらしい。
また、地下で自身が営んでいる売店の商品仕入れの為に地上に出る事もある為、道楽だけの外出とは限らない。

なお、原作ではカイジが大槻の月収を72万ペリカと推測しているため、地下王国が同じ環境の場合は沼川、石和の3人で外出するだけで2か月以上かかる
加えて外出中に食事や宿泊で使う金も自分で出す事になる為、それだけでも恐らく各員一万円以上(ペリカ換算で10万ペリカ以上)が上乗せされる。
読者からは「やたら外出してるけど、ペリカ持つのかこれ?」といった疑問があったのだが、一時連載休止の告知ではその理由が「実は度重なる外出でペリカを使いすぎた」というものであり、納得というのかなんとも・・・。しかも二度目の休載の理由がまたしても「ペリカの使いすぎ」である。

懲りてねぇ・・・このおっさん。

ちなみに連載も間隔を開けて行われている為、おおよそ外出に必要なペリカを貯めこんでいる設定にある意味沿っているともいえる。

この漫画はアニメ『トネガワ』の放送枠をジャックする形で、14・15話(2018年10月)にてアニメ化を果たした。

何かしら他作品パロディが出る事がたまにあり、「(マンガ)讃歌」では談義の回をいい事にこれでもかとパロディをぶち込んでいる。

コミックスではさらにエピソード間のページに一コマのさらなるオチが描かれていたりする。

登場人物


本編にも登場した人物

大槻太郎
CV:チョー
※カイジ本編での大槻は該当項目を参照。名前の「太郎」は、実写版のオリジナル設定に由来する。ある意味では逆輸入…いや内輪ネタ?
スピンオフで主人公になっちゃったご存知、地下のタヌキ親父。
地下で他の労働者からチンチロやぼったくり販売で巻き上げたペリカで買った一日外出券を行使して、24時間という制限の中地上生活をマイペースに堪能している。長年培ってきたのか「食べ歩き」の審美眼は中々のもので、かなり美味い店の的中率は高い。彼の特技である人心掌握術は監視の黒服である宮本までも巻き込む程である。
一方で、この漫画ではどこか茶目っ気のあるおじさんとしての一面も見られる。遊び上手な面もクローズアップされている。
自分に明確に敵意を向けてきたり、カモと定めた人物以外の人間に対してはそれほど悪辣な態度を見せる事はなく、子どもの悪戯にも目くじらを立てなかった。
…とは言え、他人を自分のペースに巻き込み、堕落に追いやったり、手玉に取る様はまさに悪魔的。基本的に棚ボタのラッキーも幸福感を噛みしめるだけで相手への感謝は二の次だったり、隙あらばおいしいところを持っていこうと目論むなど自己中且つ狡猾な素顔を垣間見せる。
ただし、同じ地下労働者の青年と出会い、地上に出た際に想像以上の食道楽っぷりを目の当たりにした大槻は彼に一目置いたりと、趣味が合う者にはかなり特別な思いを持つようである。
実はギターが特技だったり、カレー作りに自分なりの拘りを持ったりしている。また、看板を見ただけで、おおよその当たり外れや傾向を嗅ぎ分ける特殊能力まであるらしい。
基本大槻はあまり冒険をしない保守派であるらしく、一日外出で躓いて貴重なペリカを無駄にしない為にも、動揺するような事態はなるべく避けようとする傾向がある。特に食に関しては慎重な思考を持っており、滅多に新しい食べ方はしない。脳内会議の様子を見た限りでも定番のメニューを「いつも裏切らない味」として愛好しているようだが、時として「ミッシュマッシュ(ブルガリア風スクランブルエッグ)」に挑戦するなど意外なチョイスを見せる事もある。ただし、この脳内会議は物凄い修羅場と化す事があり脳内での「各国の大槻達」の無駄に熱い論戦が繰り広げられる。
また、意外にも漫画好きであり、特にちばてつや作品のファンのようだ。また、幕末ファンとしても造詣が深かったりする。同好の話題となると結構その熱い想いを語る等、本編では見せなかった姿をこの作品では見る事ができる。特撮関連には疎かったが、それでもいざ足を踏み入れると観察眼の鋭さがあったりとハマるととことんハマる気質の様子。

果ては夢か現実か、幽体離脱で沼川・石和らと地上に飛び出して外出を満喫する超展開もある。

「マンガ談義」で安易なスピンオフ作品の登場が多い今日この頃について一言物申しているが、悲しきかな…あんたがそのスピンオフ作品の主人公なんですよ。

第75話でレベル表記だったが、推定年齢は46歳である模様。

沼川拓也
CV:佐藤拓也
大槻の腰巾着その1。
縛った長めの髪が特徴。本編では参謀役であったが、外出録では大槻や石和の奔放さにツッコミを入れたりする苦労人。一日外出に慣れていないのか、いざ何をしようか思いつかなかったりして大槻の器用さに合わせて外出している。
ちょっとした切っ掛けで物事にハマる癖があるようで、地下にあった漬け物の作り方の本をたまたま読んであらゆる漬け物に対するチャレンジ心が目覚めてしまい、大槻を軽く引かせてしまったことも。ちなみにその漬物は帝愛No.2である黒崎に食べられて、全て持って行かれてしまった。余程その漬物が美味かったようである。
また変に気難しい部分もあり、キャベツの千切りを味噌汁に浸して食べるところを大槻達にからかわれた時はかなりヘソを曲げてしまった事もある。

推定年齢は35歳。

石和薫
CV:松岡禎丞
角ばった顎とヘアースタイルが特徴。大槻の腰巾着その2。
本編では大槻の用心棒的な存在だったが、外出録では結構おとぼけキャラな大雑把なキャラクターに。沼川は「俺はもう慣れました」と苦笑していたが、イビキや歯軋りがかなり激しい。
幕末ファンであり、実は大槻も大の幕末好きで意気投合した一日外出を行った事がある。意外と涙もろい他に釣りに造詣が深い。

推定年齢は34歳。

小田切
CV:前野智昭
地下労働施設のC班班長で大槻のライバル。
本編では、大槻のチンチロのイカサマを見破ったカイジを腕づくで組み伏せようとした大槻一味に第三者として詮議を申し出たり、その後のチンチロ勝負における事実上の審判役を請け負うなど、中立の立場を貫きながらも、結果的に大槻を破滅に至らしめるのに助力する形となった。
外出録ではタブレットPCにダウンロードした映画を上映する「地下映画館」やそれに便乗させた大槻と同様のぼったくり販売でペリカを稼いでおり、大槻とは度々しのぎを削り合っている。
とはいえ、大槻達の「マンガ談義」「恋バナ」に入ってくるあたり「わかる話」には食いついてくる模様。

外出録オリジナルキャラクター

宮本
CV:増田俊樹
地下E班監視リーダーの黒服。名は「」。
当初は大槻の地下でのやり方に不信感を持っていたが、ある事で意気投合。それ以来大槻一味と交遊を深める仲にまでなってしまった。黒服の中では上の立場にある為か、都内某所の高級マンションに在住しており、自身の誕生日には大槻一味を餃子パーティーに招いているが、その裏である人物によって不思議な事件が起こる事となる…

柳内
黒服の一人だが、他の黒服と違い料理が趣味の持ち主でありあの舌が肥えた大槻でさえも舌を巻く程の腕前を持っている。初登場は第23話「年越」で年越し蕎麦を「十割蕎麦」として打っていた。後に地下労働施設の食堂の厨房に配置された所、それまで味気ない地下の食事に手の込んだメニューを出して以降、地下の住人達に「救世主」と密かに呼ばれる事となる。ちなみに殆ど感情を顕さないが、蕎麦の評判や厨房配置継続に密かにガッツポーズをする等料理にこだわりを持っている。後に異動による配置転換の決定で地下の食事の質が再び劣化したが、後継の料理に対する熱意を知っており大槻達に蕎麦屋で後継者の成長を見守ってほしいと諭した。

木村
元地下労働施設の労働者。名は「正一
バブル崩壊の時期、30歳過ぎで地下入りして以降、4半世紀近くも地下労働の日々を送り続け、13話で任期を満了し、地下から開放される事となり、その出所の付き添いを大槻に依頼する。人を疑う事を知らない純粋な性格であるが、何故か大槻達からチンチロのカモにされる事もなく、普通に友好的な関係を築いている。
地下落ちの間、一度も地上に出ておらず、情報も古新聞や古雑誌などで得ていた為か、服装やトレンドが地上と大幅にズレている(「おっはー」、「エアマックス狩り」など)。
地下から抜けた後は、交通整理の仕事をしながら、西武線沿いにあるアパートで暮らしている。たまに大槻達の一日外出の泊まるところとなっては楽しい時間を過ごしていたりする。

推定年齢は53歳。少なくとも約20年近く地下にいたと思われる。

邪神
大槻の中に潜む牛頭の邪神であり、ある時から肉を求める囁きが止まらなくなりTボーンステーキで鎮めようとしたが邪神はそれを不服としてさらに要求する。地下ではもはや抑えきれないと判断した大槻は地上行きを敢行したが、牛の邪神だけでなく、豚の邪神・鳥の邪神までもが増える事態に。
こうなったら普通に焼肉を食べるだけではどうにもならないと判断した大槻が向かった先は…?

存分に肉料理を堪能して肉の邪神達が破裂し勝利した大槻の背後にまた邪神が姿を現す。今度は甘味の邪神があらゆるスイーツを欲しだし大槻は2回戦として続行する…しかし、衝撃的な結末が!?(コミックス限定)

各国脳内大槻達
大槻の脳内の無意識下に存在する「各国脳内大槻達によるグルメ首脳会議」によってその時その時の大槻が地上で食べたい料理を決めている。大槻(無意識)を議長として各国の大槻がオススメの料理を提案している。実は定員制で、ブルガリア大槻加入時にはイギリス大槻(これまでの採用回数0)がメンバーからぬける羽目になってしまった。
時に紛糾状態になる事やかなり危険な状態になる等、穏やかではない事も。特に「中国大槻」の分裂による中華料理の細分化から決定する「大中華喰台祭(だいちゅうかくいたいさい)」はさながらあの格闘大会様相になったり、「コンビニ大槻」の襲来で議場の制圧に陥った際は大槻の暴走ともいえる深夜のドカ食いに新参の脳内大槻である少年「ブルガリア大槻」が戦慄した程である。さらにはなんと、紅一点である女子大槻までいる事が判明した。

その他

この作品の舞台背景となる時代は実のところ結構あやふや(※)で、原作である破戒録が掲載されていた頃にはそこまで普及していなかった・まだ存在していなかったはずのガジェット(タブレットPC・ニンテンドースイッチ)やサービス、マンガ談義で何故か大槻が同じヤンマガ掲載作品の「彼岸島」の「48日後」を知っている矛盾があったりする。
極め付けは第73話で、地上で新型ウイルス(直接名言されてこそいないが描写的にどう考えてもコレ)が流行った為、一時的に外出が禁止されるという時事ネタまで入れられる有様で、どうもカイジ本編とは異なり連載時期に合わせたものになっているようである。

※:カイジ本編ではおそらく舞台設定はまだ連載開始当初の時代で進んでおり、わかりにくいがスマートフォンではなくまだガラケーが主流である描写がある。

関連項目

カイジ 大槻班長 スピンオフ

関連記事

親記事

カイジ かいじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「1日外出録ハンチョウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70387

コメント