ピクシブ百科事典

ペリカ

ぺりか

ペリカとは、福本伸行先生の漫画作品『カイジ』に登場する、架空の紙幣である。
目次[非表示]

概要

帝愛グループが持つ地下強制労働施設にて出回っている紙幣。価値は地上円(日本円)の約10分の1。
例えば、カイジが手にする一月分の給料である91000ペリカは、地上円(日本円)に換算すると、たったの9100円である。
一ヵ月間も重労働を強いられ、この額とは、まさに骨折り損のくたびれ儲けと言えよう。

帝愛のトップである兵藤和尊の顔が描かれた悪趣味なデザインからジョークの類にも見えがちだが、その実、地下に送られた者たちの生命線と言っても過言ではないアイテム。
施設では最低限の衣食住は保障されるのだが、逆に言うと本当に最低限レベルのものしか保障されない。着るものは指定され、食べるものはご飯・味噌汁1杯ずつにメザシ3本という質素な食事、そして休む場所は他の労働者と共同。プライバシーのプの字もない。
そこで重要になってくるのがペリカである。ペリカを使えばビール、柿の種、焼き鳥などの嗜好品を買ったり、個室・映画館を利用できたりする(重ねて言うが、施設では基本的にテレビやゲーム機といった娯楽の類は一切許されていない)。
長時間の重労働を日々積み重ねれば確実にストレスは溜まる。そのストレスを晴らすためにペリカが必要となってくるのだ。

その他にも

  • 一日外出券(1枚につき1日、施設から出て自由に過ごせる)
  • 金を増やす手段であると同時に貴重な息抜きでもあるチンチロリンへの参加資金
  • 劣悪な労働環境で身体を壊した際の治療費

にもペリカが必要となる。
手元のペリカが尽きるということは、ストレスが溜まった時に発散できなくなる、身体を壊した時にリカバリーできなくなる、「いつかは外に出る」という夢が見られなくなるという絶望を意味するため、施設の労働者たちは皆、内心ペリカが尽きることを恐れている。

逆に言えば、ペリカさえ貯まってしまえば病気に備えたり、大手を振って地下チンチロに参加したり、一日外出券に手を出すこともできるため、ペリカはある種の希望になってもいる。
...が、帝愛がそんな生ぬるい希望を放置するわけもなく、大槻班長をはじめとする帝愛の回し者たちは日々労働者たちを誘惑してペリカを放出させようとしてくる。

「とにもかくにも衣食住は保証されているのだし、1ヶ月で9100円ももらえるので、外国の労働環境に比べればこちらの方がマシ」
という意見もあるにはあるが、それはその「外国」が国家や自治体が民の娯楽をコントロールしている統制国家である場合に限って成立する論理と言える。
統制のない国であれば、労働者は好きな時に好きな場所で酒を飲んだり嗜好品を食べたりできるし、遊ぶ娯楽を選ぶこともできる。つまり帝愛の地下施設と違ってその国の労働者は自由なのだ。
最低限の衣食住保障などと綺麗事を言いながらも、それ以外の全てのサービス(嗜好品や娯楽)をコントロールして自由を奪い、それを利用しようとする労働者から徹底的にふんだくろうとする帝愛の情け容赦のなさこそがこの施設の一番恐ろしいところと言えるだろう。


デザイン

  • 100ペリカ

此方に流し目を送る兵藤。

  • 1000ペリカ
兵藤の横顔。

  • 10000ペリカ
真正面を向く兵藤。

そして3種類共通で、中央には『TEIAI』、裏面には『MONEY OF HYODO』(訳:兵藤の金)の文字が印刷されている。

地下で売られている物

給料日、「ペリカを浪費しろ」と言わんばかりにやってくる勤労奨励サービス(通称:誘惑の魔の手)や売店で売られている物の一部がこちら。
()内は、地上円(日本円)に換算した時の値段。

  • 一日外出券…500000ペリカ(50000円)
  • 一日個室券(冷房、ビデオ、浴室付き)…150000ペリカ(15000円)
  • フルコースディナー(和洋中の三種類がある)…100000ペリカ(10000円)(※1)
  • サービスランチ…50000ペリカ(5000円)、30000ペリカ(3000円)、10000ペリカ(1000円)
  • 烏賊の燻製…8000ペリカ(800円)
  • プロテイン(バニラ味、チョコ味、バナナ味等)…100g8000ペリカ(800円)
  • 焼き鳥…7000ペリカ(700円)
  • ビール500ml…6000ペリカ(600円)
  • 缶ビール350ml…5000ペリカ(500円)
  • チーズちくわ…5000ペリカ(500円)
  • ポテトチップス…3000ペリカ(300円)
  • チョコチップクッキー…2500ペリカ(250円)
  • プリッツ…2000ペリカ(200円)
  • ブランチュール…2000ペリカ(200円)
  • 柿ピー…1000ペリカ(100円)
  • 柿ピー小袋…500ペリカ(50円)
  • 柿ピー三粒…100ペリカ(10円)
  • 地下映画館…10000ペリカ(1000円)(※2)
  • オードリーヘップパーン…3000ペリカ(300円)(※3)
  • 柿放題…5000ペリカ(500円)(※4)
  • カキピーアンリミテッド…30000ペリカ(3000円)(※5)
  • スムージーパック…10000ペリカ(1000円)→非売品(※6)
  • アルフォート…販売禁止(※7)
  • 一日個室有料サービス…30000ペリカ(3000円)(※8)

(※1)作中では大槻らが食していた洋食が描かれている。内容はTボーンステーキ・サラダ・スープ・カレー(?)ライス。「1日外出録ハンチョウ」によると、肉は硬く質はあまり良くないらしい。
(※2)C班の班長である小田切がタブレットを使用してダウンロードした映画を公開。小田切もまた、一日外出券を使用したうえで地上に出て映画をダウンロードしている。
(※3)ローマの休日上映記念スペシャルあんぱん
(※4)一月5000ペリカで柿ピーが最大10袋まで食べられる。ちなみに柿ピー10袋は通常10000ペリカなので、実質半額
(※5)大槻と契約すれば六ヶ月間柿ピー無制限で食べ放題。途中で解約した場合は30000ペリカの違約金。無料で解約するには契約してからちょうど六ヶ月後のその日のみで、解約しないと自動更新される。つまり、その日、大槻が一日外出していよう物なら……。
(※6)兵藤の機嫌が良いときに提供されたミキサーを見て大槻が思い付いた。ラズベリーロマン等、様々なバリエーションがあり、地下映画館の人気を食う程の人気が出てきた他、労働者達の健康もかなり改善されていった。後に兵藤の機嫌が悪くなり、ミキサーが没収された為、現在は非売品。
(※7)ダフ屋による転売行為が横行したため、帝愛の警戒により、物販取り扱い禁止となった。
(※8)「1日外出録ハンチョウ」の読み切り「1日個室録ヌマカワ」にて判明。フルコースディナーの三食にイタリアンを加えた、計四種類のランチ(ディナー)サービス。値段表記は洋食と中華が吹き出しで隠れているが、恐らく一律で30000ペリカと思われる。

商品リストを見る限り、如何にボッタクリであるかがよく分かる。
一日個室券よりも更に高い外出券ともなると、他人からペリカを騙しとるorこっそり盗むか、地下強制労働施設名物『サイコロ賭博』で勝ちを納め続けない限り、まず貯まらない。中には、誘惑に打ち勝って貯金に成功する者もいる。(スピンオフの1日外出録ハンチョウだと、まれに趣味や嗜好を持てずに貯める事に成功するが、逆に贅沢や金の使い方を知らず、なんとなく高い物に手を出すだけのタイプがいる)
ちなみに、烏賊の燻製以下の売店の商品は全て売店側の自腹(それも1日外出券を消費した上)で仕入れているものである。

余談

よく指摘されるが、
「何とか誘惑に打ち勝って、外出券を取る→そのまま脱走or地下強制労働の事を告発すれば良いのでは?」
という意見があるが、外出時には必ず居場所を特定されるGPS付き腕時計をつけられ、更に見張りの黒服がオマケでついてくる。
仮に何とか保護されたとしても、成人男性を長期間安全に保護し続けてくれるような施設自体希少なうえ、帝愛が脱走の成功を正直に地下労働者に教えるはずもなく、「脱走を目論んで失敗して制裁された」と言えば一種の抑止力ともなる。・・・というか、真っ先に警察に行けるようなまともな人間なら地下送り自体されない訳で・・・
その為、脱走や告発はまず、不可能と言っても良い。(そもそも脱走・告発しても自身の借金がチャラになるわけでもない。また、仮に告発したとしても、帝愛の権力により、簡単に揉み消されるであろう。

現実世界での例

西表炭鉱などで使用された「炭鉱切符」など、タコ部屋労働を強いる施設で用いられていた金券に類似性を見てとれる (参照)。ペリカと同じく当該会社の売店でのみ通用し、通貨への交換が保証されなかったので、労働者の脱走を防止する働きがあった。
 戦後はこのようなことが起こらないよう、事業者には「給与の通貨払いの原則」が義務付けられ、ペリカのような通貨制度は現実社会では違法である。

関連タグ

カイジ 紙幣

関連記事

親記事

カイジ かいじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ペリカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8782

コメント