ピクシブ百科事典

ペリカ

ぺりか

ペリカとは、福本伸行先生の漫画作品『カイジ』に登場する、架空の紙幣である。
目次[非表示]

概要

帝愛グループが持つ地下強制労働施設にて出回っている紙幣で、カイジを初めとする地下強制労働施設に送られた者達にとっては、希望ともいえるアイテム。
尚、価値は地上円(日本円)の約10分の1。
例えば、カイジが手にする一月分の給料である91000ペリカは、地上円(日本円)で換算すると、たったの9100円である。
一月も重労働を強いられ、この額とは、如何にも骨折り損のくたびれ儲けともいえる...様に思えるが、そもそも衣食住を保証されて借金の利息が増えない性質上、価値の流動性と貨幣や経済の仕組みが、物価の低い外国などを理解出来れば、表面的な条件としては決して理不尽な悪条件と言う訳ではない。(実際の職場環境や住居が過酷で危険なブラックではあるが、給料に不備はなく、下記の通り嗜好品や娯楽そのものに手が出せない訳ではないので飽くまで表面上としてはだが)
そもそも外の世界に出る事自体容易でもないので、ペリカと日本円で得られるものが異なっていようが、それを指摘するのはズレている。
とはいえ、地下強制労働施設に送られた者達にとっては、この紙幣は希望以外何物でもないと言える。

デザイン


  • 100ペリカ
此方に流し目を送る兵藤。

  • 1000ペリカ
兵藤の横顔。

  • 10000ペリカ
真正面を向く兵藤。

そして三種類共通で、中央には『TEIAI』、裏面には『MONEY OF HYODO』(訳:兵藤の金)の文字が印刷されている。

地下で売られている物

給料日、「ペリカを浪費しろ」と言わんばかりにやってくる勤労奨励サービス(通称:誘惑の魔の手)や売店で売られている物の一部が此方。
()内は、地上円に換算した時の値段。

  • 一日外出券…500000ペリカ(50000円)
  • 一日個室券(冷房、ビデオ、浴室付き)…150000ペリカ(15000円)
  • フルコースディナー(和洋中の三種類がある)…100000ペリカ(10000円)
  • サービスランチ…50000ペリカ(5000円)、30000ペリカ(3000円)、10000ペリカ(1000円)
  • 烏賊の燻製…8000ペリカ(800円)
  • 焼き鳥…7000ペリカ(700円)
  • ビール500ml…6000ペリカ(600円)
  • 缶ビール350ml…5000ペリカ(500円)
  • チーズちくわ…5000ペリカ(500円)
  • ポテトチップス…3000ペリカ(300円)
  • 柿ピー…1000ペリカ(100円)
  • 柿ピー小袋…500ペリカ(50円)
  • 柿ピー三粒…100ペリカ(10円)

商品リストを見る限り、如何にボッタクリであるかがよく解る。
病気や怪我になった時も、当然の如く治療代にもペリカが必要で、足りない場合は自然治癒か死を待つ他はない。
一日個室券よりも更に高い外出券ともなると、他人からペリカを騙しとるorこっそり盗むか、地下強制労働施設名物『サイコロ賭博』で勝ちを納め続けない限り、まず貯まらない。中には、誘惑に打ち勝って貯金に成功する者もいる。(スピンオフのハンチョウのグルメだと、まれに趣味や嗜好を持てずに貯める事に成功するが、逆に贅沢や金の使い方を知らずになんとなく高い物に手を出すだけのタイプがいる)
尚、よく言われるのが、
「何とか誘惑に打ち勝って、何とか外出券を取る→そのまま脱走or地下強制労働の事を告発すれば良いのでは?」
という意見だが、外出時には必ず居場所を特定されるGPS付き腕時計をつけられ、更には見張りの人間がオマケについてくる。
仮に何とか保護されたとしても、成人男性を長期で置くような施設自体希少なので、保護そのものは短い時間しか効力を持たないだろうし、帝愛が脱走の成功を正直に言うはずもなく、脱走を目論んで失敗して制裁されたと言えば一種の抑止力となるだろう。そもそも、まともに警察に行けるようなまともな大人なら地下送り自体されない訳で...
その為、脱走や告発はまず、不可能と言っても良い。


関連タグ

カイジ 紙幣

pixivに投稿された作品 pixivで「ペリカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1826

コメント