ピクシブ百科事典

大槻班長

おおつきはんちょう

漫画・アニメ『賭博破戒録カイジ』に登場するキャラクター。一部でカルト的な人気を誇る。
目次[非表示]

大槻班長

【pixivサイコロバトル】大槻班長


今日概要を書きはじめた者にのみ、明日がくるんだよ・・・!

帝愛グループの建設する地下王国のE班担当の親父で人心掌握術に長けたタヌキである。
帝愛グループと結託し、地上で仕入れた嗜好品をぼったくり価格で地下労働者に売りつけたり、ガス抜きの娯楽「地下チンチロリン」でイカサマを駆使して金を巻き上げたりと、温厚な表情でごまかしているが相当腹黒い男である。
帝愛グループにとって利をもたらす存在であるため、ある程度の権力を与えられており、食事も特別料理を食べているなど優遇されており、二人の手下と二十人近い準・手下を抱えている。

帝愛グループに地下送りにされたカイジを言葉巧みに快楽漬けにし、チンチロで更なる借金苦に陥れたが、リベンジに燃えたカイジの奇襲によって有り金をほとんど奪われてしまう。

カイジの手によってイカサマがばれた際の見苦しさはある意味伝説である。この時、前述の性格のため窮地に陥った際、他班の班長からも面白がられるという憂き目を見た。
またこのとき、抵抗した彼を脅すため地下王国よりさらに下の地獄が存在することが明かされている。
それでは皆様ご一緒に、「ノーカン!ノーカン!ノーカン!

アニメ版の担当声優はチョー。そのため、「班チョー」とか呼ばれたりもする。

スピンオフ作品「1日外出録ハンチョウ」にて遂に主人公の座を獲得した。(後述)

1日外出録ハンチョウ

まさかのスピンオフ作品第二弾である「1日外出録ハンチョウ」にて主役となった大槻班長。
本編でも一日外出券を行使しているとされる描写があったが、その彼が1日外出で何をしているのかが描かれる事となる。時系列においてはカイジが地下に来る前なのか地下を出た後なのかすら不明(地下チンチロ編の頃にはまだ世に無かったものが出てきたりするので本編とはパラレルの可能性も)。

まさかの前代未聞のB級グルメ漫画の主役である。

基本慌てずマイペースな食道楽の大槻に時に監視の黒服達を唖然とさせ、時に驚愕もさせた彼の地上での食の哲学とは…?

飯テロな内容はまさに悪魔的ッ…!!

ちなみにこの漫画では意外にも外出時に子供みたいにはしゃいだりするなど、どこか茶目っ気のあるおじさんとしての一面も見られる。
自分と対立しない限りはそれほど悪辣な人物ではなく、子どもの悪戯にも目くじらを立てなかった。とは言え、他人を自分のペースに巻き込み、堕落に追いやる様はまさに悪魔的。基本的に棚ボタのラッキーも幸福感を噛みしめるだけで相手への感謝は二の次で、自己チューな素顔を垣間見せる。
ただし、同じ地下労働者の青年と出会い地上に出た際に想像以上の食道楽っぷりを目の当たりにした大槻は彼を一目置いたりと意外と趣味が合う者だとかなり特別な思いを持つようである。
実はギターの特技もあったり、カレー作りに拘りを持っている。また、看板を見ただけでおおよそ当たり外れや傾向を嗅ぎ分ける特殊能力まであるらしい。
なお、大槻はあまり冒険をしない保守派であるらしく(1日外出を満喫する為、特に食に関しては慎重な思考を持っている)滅多に新しい食べ方はしない。

地下に長くいるからか、大槻の中には食欲の魔物がいるらしく特に肉の魔物は地下のTボーンステーキ程度では大人しくならず、地上に出て肉料理三昧をやってようやく倒した。が、今度は甘味の化け物が現れ第二ラウンドに突入するのだった・・・。

しかし、本編では悪どい商売でも今作では逆にネタとして納得できてしまうのがまた・・・

基本的には東京を中心とした街を外出先にするが、一度名古屋まで遠征した事がある。さすがの大槻も名古屋の独特の世界には戦々恐々していた。


なお、読者からは「やたら外出をしてるけど、ペリカ持つのかこれ?」といった疑問があったのだが、一時連載休止の告知ではその理由が「実は度重なる外出でペリカを使いすぎた」というのが納得というのかなんとも・・・。しかも二度目の休載の理由がまたしても「ペリカの使いすぎ」である。

懲りてねぇ・・・このおっさん。

関連項目

賭博破戒録カイジ 逆境無頼カイジ

pixivに投稿された作品 pixivで「大槻班長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 269615

コメント