ピクシブ百科事典

遠藤勇次

えんどうゆうじ

遠藤勇次は、漫画『賭博黙示録カイジ』および『賭博破戒録カイジ』に登場する人物。

ああいうバカがいるから やくざは食いっぱぐれねえんだ
オレが「いい人」のわけねえじゃねえか・・・・・・!

概要

CV:内田直哉/ 津田健次郎(中間管理録トネガワ)

帝愛グループ傘下企業「遠藤金融」社長ヤクザ。自他共に認める非情かつ悪徳な高利貸だが、ほかの人物に見られるような異常性はなく、基本的には常識的な人物。
カイジギャンブルの世界に足を踏み入れるきっかけとなった。

1996年、友人から肩代わりした借金によって債務者となったカイジを口車に乗せ、ギャンブル船エスポワールへと送り込む。
4ヶ月後、生還したカイジの前に再び現れ、スターサイドホテルへカイジと佐原を向かわせる。

スターサイドホテルでのEカード勝負によって利根川が失脚すると、利根川派に属していた遠藤もグループ内の基盤を失い、メインの仕事を外され不遇の日々を過ごす。1000万近い借金を背負い失踪中の劣悪債務者としてカイジの行方を追っていたが、ギャンブルの紹介を求め現れたカイジを拉致、「チャンスは二回まで」という帝愛の決まりに従い地下労働施設に送り込んだ。

その後も負債にあえいでいたが、地下から一時的に脱出したカイジに説得され、起死回生をかけてカイジ・坂崎と共闘、怪物パチンコ「沼」に挑む。やがて資金が尽き窮地に立たされると、一人逃亡し難を逃れようとするが、カイジの説得で逃亡用の資金1000万円を貸し付ける人情味をみせた。

その後「沼」に大勝し大金を手にするが、先の貸付で密かに10分3割複利という法外な金利を設定しており、貸し付けた1000万円の金利は1億2785万円にまで膨れ上がっていた。カイジ・坂崎に一服盛って眠らせ、カイジの取り分から利子を回収して逃亡。しかし、共に戦った仲間意識からか、法外ではあるが借用書の金利通り、その時間も貸付けのときから大当たりが確定し返済可能になった時刻までできっちり計算し、それ以上取ることはしなかった。帝愛への借金返済後の消息は不明。

と、思ってたら24億逃亡編で再登場。カイジを追う側になっていた。

実写映画版では、設定変更により「遠藤凛子」という女性として登場する。(演:天海祐希

関連タグ

カイジ 逆境無頼カイジ スーツ ギャンブル 闇金融

pixivに投稿された作品 pixivで「遠藤勇次」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59125

コメント