ピクシブ百科事典

三匹の子豚

さんびきのこぶた

イギリスの童話。
目次[非表示]

あらすじ

 昔々あるところに、子豚三兄弟がおりました。たちはある日を作ろうと思い立ち、その辺にあるゴミ材木を使って家を作ろうとしました。
 怠け者の長男はさっさかワラで家をこしらえ、そこまでは無いにしろめんどくさがり屋の次男で家を建てました。一方で三男慎重なヤツでしたので、煉瓦で家を作ることにしました。長男と次男が遊び暮らしてる間も三男はせっせと煉瓦を積み、頑丈な家を建てました。
 そんなある日のこと、凶暴が三匹の子豚の住んでいた野原に現れました。狼はたちまちを吐いての家を吹っ飛ばし、長男をペロッと丸呑みにしてしまいました。
 続いて次男の家の前にやってきた狼はまた息を吐いての家を薙ぎ倒し、次男も食ってしまいました。
 最後に煉瓦の家を見つけた狼は煉瓦の家も薙ぎ倒そうとしますが、当然そんなことが出来るわけがありません。
 怒った狼は煙突から入り込もうとしますが、三男は暖炉を張ったを用意しました。そうとも知らずアホな狼は煙突から滑り込み、油風呂に転落します。そのショックで狼はゲロンと次男と長男を吐き出し、そのまま煙突を駆けあがって逃げ出していきました。
 こうして三匹の子豚は狼を追い出すことに成功したのです。

概要

 『三匹の子豚』はイギリス童話であり、もともとは狼を子豚の三男が煮て喰ってしまう話で兄たちも助からなかったのだが、1933年にディズニーアニメ映画化した際にこのような内容はマイルド化され、長男と次男は食われずに間一髪煉瓦の家に逃げ込み、狼も死なずに済んだ。
 ディズニー映画の挿入歌「狼なんか怖くない」は誰しも一度は耳にしたことがあるだろう。
 また、原典ではの建材が異なる理由は各自がたまたま手に入ったものを使っただけであったのが3匹の性格の違いによるものとなったことで、話の主題が運命論的なものから「努力は報われる」「備えあれば憂い無し」という寓意と変わった。
 

三匹の子豚に関連する作品


関連項目

風刺 イギリス

pixivに投稿された作品 pixivで「三匹の子豚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54304

コメント