ピクシブ百科事典

ピギーズイマジン

もっともふうんないまじん

ピギーズイマジンとは、映画『超電王トロジー』の第1弾に登場する最も不運なはぐれイマジンの名称である。※イラスト背景の一番目立っている怪人。

長男「おい!何だ、それは!?気持ち悪いな!」
次男「違うよ、気色悪いんだよ」
三男「ヌハッ、キモい!キモ~い!」
CV/中井和哉(長男)、鳥海浩輔(次男)、柿原徹也(三男)

概要

映画『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー/EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル』に登場。
2010年の現在にやって来た未来人のエネルギー体が菊地宏の想い描く童話三匹の子豚』からブタをイメージし、実体化してこの世に現出したはぐれイマジンの1人。
仮面ライダーシリーズで居そうでいなかったブタさんをモチーフにした怪人である(伝説のイマジンはどうだって…。気にするな)

頭部が3つあり、それぞれに異なる意思と人格を持っており頭部のが長男、右い目の次男、左肩のい目の三男となっており、長男は常にイライラした粗暴な性格、次男は常に兄の言葉を訂正するクールな性格、三男は次男の訂正した言葉を繰り返す子供っぽい性格の持ち主となっている。
一応、兄弟ではあるみたいだが上記のように性格がバラバラであり、常に口喧嘩をしている。
ウラタロス曰く「なんか既視感ある」。

なお、作戦の立案などは長男が行っている事から、結構策士家な一面も持ち合わせている模様。

両腕の鋭い武器としており、鈍重そうな見た目とは裏腹に身軽な動きでそのを活かした突進攻撃を得意としている。

菊地の“愛理を救うヒーローになりたい”という望みをかなえる為に手始めとして作戦に邪魔な電王の介入を防ぐために日付が不明のチケットを偽造してデンライナーを暴走させると途中で電王ロッドフォームデネブの介入を許すものの、その隙にあの手この手で菊池が愛理を救うヒーローになれるように仕組む…。

が、契約者が予想以上に小心者であったためになかなか作戦が進まず、遂に業を煮やして菊地の乗ったトラックの荷台に愛理を押し込め、“菊地が愛理を助けた”という強引な方法で契約を完了させようと企むもそれを良しとしない菊地が拒否したことで結局失敗したばかりか契約者が暴走して愛理をトラックの荷台に閉じ込めたまま逃走してしまう。
慌てて追いかけるも振り払われてしまったばかりか、追い付いた電王ソードフォームと交戦する羽目に…。

持ち前のパワーを活かして電王を追い詰めるものの、暴走するデンライナーを駅長がキングライナーを使って確保してくれたおかげでウラタロス達が参戦する状況が生まれた事で形勢は逆転。

クライマックスフォームにフォームチェンジした電王には流石に敵わず、最後は『俺達の必殺技・クライマックスバージョン(ボイスターズスラッシュ)』を受け長男は弟たちに詫びながら、2人の弟たちは兄の名を叫びながら爆死した…。

強力な怪人ではあっったが、契約者に振り回されっぱなしなど、憑依した相手が悪かったとしか思えない程の不運なイマジンであった…。

関連項目

はぐれイマジン ブタさん 三匹の子豚 仮面ライダー電王

pixivに投稿された作品 pixivで「ピギーズイマジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 445

コメント