ピクシブ百科事典

マンティスイマジン

かまきりおんな

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー/EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラルに登場するはぐれイマジン

「やっぱり、月夜は燃えるわぁ」
CV:富沢美智恵 スーツアクター:藤田慧

概要

2010年の現在にやって来た未来人のエネルギー体が上原美来(演:高山侑子)の想い描くアフリカ童話月とカマキリ』からカマキリをイメージし、この世に現出したイマジンで本編39話で登場したスネールイマジン以来の女性イマジンである。(最もこちらは男性個体も存在したので単体での女性イマジンはクレヨンしんちゃんに登場した三段腹イマジン以来である。)
非常に身軽な身体を持っており、2本の鎌から高熱火球や刃型の光弾を放つ攻撃を得意としている。
口から猛毒の息を吐き、木々を枯らしたり、直接吹きかけて相手を苦しめる。

毒息は攻撃以外にも、周囲に散布する事でその範囲内を暗闇にし、擬似的な「月夜」を作り出す事ができ、相手の視界を奪うだけでなくこの間は本人の戦闘能力も大幅に向上している。
武器の鎌は交差させて鋏の様に使ったり、体全体を回転させドリルの様に相手を攻撃する事もでき、鎌から刃状の光弾を打ち出す事もできる等技のバリエーションが良い。
又、極めて高い戦闘力の持ち主で、テディがいなくなり本調子ではないとはいえNEW電王電王ソードフォームガンフォームを圧倒するほど。

契約者・美来の「2010年の自分の誕生日を祖母と一緒に過ごしたい」という願いを叶えるためターミナルの来場者からライダーチケットを強奪し、契約を完了させ美来の「時間」を奪い自分のものにしようと暗躍した。 その際ソードフォームと一戦交えるも軽くいなして逃走し、モモタロスを負傷させた。

そして美来を引き連れて2010年6月10日へとやって来る。 そのまま契約が完了するのをのんびり待つつもりだったようだが、過去の自分と鉢合わせしてしまいどちらが本物の自分かという勝負を始めてしまった美来がいつまでたっても契約を完了出来ない事に腹を立て「これだけ一緒にいさせてやれば十分」と、勝手な解釈で契約を完了させようとした。しかし、それを察知した良太郎によって美来はデンライナーの内部に保護され、ガンフォームと交戦して圧倒する。

憑依を解かれてしまい、プラットフォームとなった電王を攻撃するが駆けつけたNEW電王と戦い、迷いを振りきって駆けつけたテディと合流したストライクフォームに圧倒され、幸太郎が久々に定めた10カウントで倒すという宣言通り、最期はカウンタースラッシュを受け爆散した。
爆死する際に中の人ネタからか色っぽい台詞を残していくのが印象的。

レッツゴー仮面ライダーにもショッカーの同盟怪人として登場している。


関連タグ

仮面ライダー電王 仮面ライダーNEW電王 
敵イマジン はぐれイマジン 超・電王トリロジー

pixivに投稿された作品 pixivで「マンティスイマジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 753

コメント