ピクシブ百科事典

アリゲーターイマジン

ありげーたーいまじん

「仮面ライダーディケイド」に登場する上級怪人。

CV:三宅健太

概要

仮面ライダーディケイド』第14話・第15話に登場するはぐれイマジン
本来『ディケイド』はキバがファンガイアの父親と人間の母親から生まれた世界ライダー裁判員制度のある世界などといった、原作とは大きく異なるリ・イマジネーション世界を巡るロードムービーだが、電王の世界はTV本編と地続きであり、アリゲーターイマジンもイマジンとしての設定はほぼ原作と同じである。

契約者の少年の思い描く「キツネとワニ」というイソップ童話に登場するワニの姿をイメージして作られた怪人。複数のNEWモールイマジンを引き連れて破壊活動を行い、「電王世界」の日本を滅亡させようとしていた。
能力はの先から放つ強力な波動高層ビルでも一撃で倒壊させるという高い威力と射程を持ち、持ち前のパワーで電王ディケイドを苦しめるも、最後はデンオウモモタロスが振り回したクウガゴウラムでズタズタにされて爆死した。

元が平成一期の中で最もコミカルな「電王」の怪人とはいえ、終始相互不理解によって仲間割れしまくっていたライダーたちに翻弄された挙句、倒されたシーンも爆笑モノというちょっとかわいそうな怪人でもある。
また、リ・イマジ怪人の中でこいつだけ特に幹部クラスの扱いを受けていない。イマジン自体「使役されるもの」であるため、仕方ないとも取れるが、ネガタロスのようなカリスマ性は特に見当たらなかった(バケガニはただの化け物なので除く)。

後にスーパーアポロガイストの能力で復活し、再び仮面ライダー達に戦いを挑む。タイガーオルフェノクと共にディケイドに向かい例の波動で攻撃するが、ディメンションキックで無理矢理突き破られてタイガーオルフェノク共々爆発四散した。
なお、この時はゴーストイマジン及び仮面ライダー幽汽スカルフォームと同じ長剣を装備していた。

関連項目

ライダー怪人 モモタロス 門矢士 小野寺ユウスケ

バッファローロード タイガーオルフェノク パラドキサアンデッド フィロキセラワーム ビートルファンガイア

仮面ライダーガオウ・・・こちらもワニをモチーフとした敵キャラで本家電王に登場している。ガオウガッシャーソードモードを得物としており、奇しくもアリゲーターイマジンが電王から奪った武器もデンガッシャー『ソードモード』である。

pixivに投稿された作品 pixivで「アリゲーターイマジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212

コメント