ピクシブ百科事典

仮面ライダー幽汽

かめんらいだーゆうき

仮面ライダー電王劇場版第3作『さらば電王』に登場する仮面ライダー。
目次[非表示]

死郎「俺とソラの為、お前ら生きている奴らは全員死ねえぇ!」

CV:神谷浩史(スカル)、松村雄基(ハイジャック)
スーツアクター:横山一敏

概要

幽霊列車に乗る悪の仮面ライダー。フォームごとに変身者が異なる。黒い傷だらけのボディで首にマフラー、下半身にコートがある。海賊モチーフであり、装着される頭部パーツの形状はどちらのフォームもハットを被った髑髏である。

スペック

各形態の数値は共通。

身長199cm
体重107kg
パンチ力7.5t
キック力9t
ジャンプ力40m
走力100mを5秒

スカルフォーム

幽汽 スカルF


ゴーストイマジン(声:神谷浩史)が憑依した野上良太郎、通称A(アナザー)良太郎が変身。マフラーの色は銀色。額には宝石をくわえた髑髏と骨の形のV字アンテナが付いている。武器はゴーストイマジンの剣。良太郎の身体を人質にした卑怯な戦法で戦った。ゴーストイマジン単独でも変身可能と思われる。

ターミネイトフラッシュ

鬼火を纏わせた剣を地面に叩きつけ、地面を砕き進む衝撃波を放つ必殺技。ゼロノスゼロフォームを変身解除に追い込んだ。

ハイジャックフォーム

【レンスト】仮面ライダー幽汽 ハイジャックフォーム【XG4】


400年前の武士の亡霊・死郎が変身。額は髑髏の代わりに時間を止める意味で二回捻った赤いレールが付いており、マフラーの色も赤である。サヴェジガッシャーの他にも爆発する独楽や鞭を使い、独楽を介して、イマジンを復活させることも可能。幽汽の本来の変身者が死郎であると考えれば、基本形態にも位置する。
スペック自体はスカルフォームと同じだが、死郎の戦闘力自体が高いことから、スカルフォームとは比べ物にならない強さを誇り、電王ライナーフォームとソードフォームを圧倒した。死郎が武士ということもあり馬の扱いにも長けているが、二人の電王を追い詰めるその雄姿は一見の価値あり。

ツール

ライダーパス

幽汽への変身に使用する。

ユウキベルト

変身ベルト。死郎は鞭を腰に巻く事で出現させる。

サヴェジガッシャー

幽汽の装備するデンガッシャーと同型の武器で、ハイジャックフォームが使用した。
デンガッシャー2組分のパーツを組み合わせた禍々しい大剣。
なお、使用中も装着されたままなのが確認できるため、実質はデンガッシャー3組分も所持していることになる。

仮面ライダージオウ

EP46にハイジャックフォームが登場。EP39・EP40に登場した大澄ユキヒロ(ある理由からモールイマジンと契約していた男性)のアナザーワールドから出現した。
恋人を亡くしているユキヒロを生贄に、同じく愛する者を失っている幽汽が召喚されるというのはかなりの皮肉と言えよう。

スウォルツの尖兵として、同じくアナザーワールドから召喚された大道克己仮面ライダーエターナルと共にソウゴ達と戦うが、ソウゴ達の策略によってエターナルがアナザーワールドを破壊してしまい、それに伴い幽汽も消滅してしまった。
なお、この時の幽汽は空に向かって手を伸ばしている様にも見え、変身者の死郎の恋人が『ソラ』であることを考えると中々切ない。

余談だが、幽汽が姿を表してまもなく、未来から来ていた湊ミハル仮面ライダーアクアが「俺だって勇気出すよ」と発言したことが話題になった。

備考

スーツは仮面ライダーガオウを改造した物(胴体をリペイントして頭部を付け替え)。

関連タグ

仮面ライダー電王 劇場版限定ライダー さらば電王

仮面ライダーフィフティーン・・・モチーフも同じ、変身者も死者を蘇らせるというのが目的なのも同じである。
仮面ライダースカル・・・同じく骸骨がモチーフのライダー。また、こちらは死者が蘇るという趣旨の事件で登場した。

アーク/レイNEW電王/幽汽キバーラ/スカル

関連記事

親記事

さらば電王 さらばでんおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー幽汽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37454

コメント