ピクシブ百科事典

アナザー電王(2019)

てれびばんあなざーでんおう

特撮番組『仮面ライダージオウ』に登場する怪人、アナザーライダーの一人。
目次[非表示]

「どけ! 俺にはあの電車が必要なんだ!」
「あの日、あいつが姉ちゃんを連れ出さなければ…!」

演/CV:後藤大
スーツアクター:岡田和也

データ

  • 身長:190.0cm
  • 体重:87.0kg
  • 特色/力:電王のデンガッシャーのような短剣を使った攻撃/電王・ソードフォームの必殺技のような短剣を使った遠隔斬撃


概要

仮面ライダージオウ』EP39「2007:デンライナー・クラッシュ!」から登場したアナザーライダーの1人。
仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』に登場したアナザー電王とは別個体であり、ローブ部分には「2007」ではなく「2019」と刻まれている。
本編ではタイムジャッカーオーラに見出された、姉・サユリの恋人・大澄ユキヒロに恨みを持つ遠藤タクヤという青年が変身する。

これまでにもアナザージオウにより複数の人物がアナザーライダーに変身しているが、ボディに書かれた年代が変わっている状態で登場するケースはこのアナザー電王が初である。
メイン画像は劇場版個体だが、姿は(表示年代を除いて)全く同じ。
その為、容姿の解説はアナザー電王と重複する為ここでは割愛する。

能力

『平成ジェネレーションズFOREVER』に登場した個体と同じく、4本の短剣を使用して戦う。
この短剣は振り回す事で短剣状のエネルギーを遠隔操作して攻撃する事も可能であり、本家ソードフォームの必殺技・エクストリームスラッシュを彷彿とさせる。(あちらは斬撃ではなく刃先その物を飛ばしているが)

ただし劇場版の個体と違いアナザーデンライナーを使役する能力を持ち合わせておらず、それが後述するデンライナーを狙った理由に繋がっている。

誕生による改変

この個体もアナザージオウ以降のアナザーライダー達と同様、デンライナーやイマジン、ゼロノスが登場する為、電王に関連する歴史が改変された様子は見られない。

劇場版個体との関係

ソウゴ達はモモタロスやデンライナー、アナザー電王をまるで初めて見たかのようなリアクションを見せているが、これは『FOREVER』での出来事は本編とはパラレルな出来事であったのが理由と推測される(白倉Pによると似たような事件はあったらしく、クウガダブルのウォッチはそこで入手した模様)。
つまり、本編の時系列では「2000年にティードアタルを変身させたアナザー電王」は存在しておらず、2019年製のアナザー電王が最初の個体であると考えられる。

ただし、一方で東映公式サイトの方では「(冬映画でももらいそこねた)電王ウォッチさえゲットすれば~」等の表現があるなど、まるで『FOREVER』の出来事が組み込まれているような書き方もされている。

繋がっているとして場合、一応、ソウゴたちはモモタロスたちとは直接出会ってはいないものの、デンライナーとアナザー電王への反応に関しては説明は難しいところ。
継承したクウガやダブルと違って、継承していない電王関連の事象は歴史修正とともに記憶改変されてしまったという意見もある。

活躍

  • EP39『2007:デンライナー・クラッシュ!』

遠藤タクヤの姉の墓参りに来ていた大澄ユキヒロを追い返した後、そこに現れたオーラにアナザー電王ウォッチを埋め込まれアナザー電王に変身。その様子を見ていたユキヒロが驚愕する中、ユキヒロの体にはイマジンのエネルギー体が憑依し……。

その後はオーラからデンライナーを奪い取るように言い渡され、タロスズに依頼された常磐順一郎が修理中だったデンライナーを襲撃。ジオウゲイツウォズを同時に相手取り、3人が変身したジオウトリニティと戦おうとしたが、そこにゼロライナーに乗って現れた桜井侑斗デネブが参戦し、侑斗が変身したゼロノスとデネブが「最低最悪の未来を止める」ためにジオウトリニティと戦闘を開始。
その隙にデンライナーを奪い取ろうとしたが、それに気付いたジオウトリニティの攻撃とゼロノスのスプレンデットエンドを同時に喰らい変身解除。その場はオーラに連れられて撤退する。

その後、オーラがアナザー電王ウォッチを再起動した事で再びアナザー電王に変身。デンライナーを奪うべく街中を移動していたが、そこにモモタロスに憑依されたゲイツ(以下Mゲイツ)が駆けつけ、(モモタロスがライドウォッチの使い方を知らなかったため)ツクヨミの手を借りてMゲイツが変身したゲイツリバイブ剛烈と対決。そこへさらにユキヒロと契約したモールイマジンも現れ、途中でゲイツリバイブがジオウトリニティの変身に呼び寄せられた事でモールイマジンと1対1の対決になる。
そんな中、ユキヒロから何をするつもりかと問われた際は「お前のせいで姉ちゃんは死んだ!俺は姉ちゃんを守る!」と言い放った。

そこに順一郎が修理を終えたデンライナーがタイミング悪く現れ、それに気付いたジオウトリニティがゼロノスを退けてから止めに行こうとするも間に合わず、アナザー電王がデンライナーに侵入。車両内にいたキンタロス達を押し退け、デンライナーを乗っ取り過去へ飛んで行ってしまう。

  • EP40『2017:グランド・クライマックス!』
アナザー電王が過去へ向かう理由が、病気だった姉・サユリの死の原因とみられる「ユキヒロによる外への連れ出し」を阻止するためだったと判明。
2017年5月11日へと飛び、ユキヒロが連れ出す前に姉のいる病院まで訪れたが、そこに後を追ってきたゲイツリバイブに妨害され、剛烈と疾風の圧倒的な力を前に追い込まれる。しかし戦いの最中、モモタロス(の憑依したウォズ)から逃走してきたモールイマジンがデンライナーを乗っ取って襲撃、それに乗って一時撤退した。

一方、2017年のタクヤは後からやって来たソウゴと対話、姉についての真相を聞かされていた。
タクヤはサユリの死をユキヒロが連れ出したことが原因だと考えていたが、実際はサユリは病気が原因で既に助からず、彼女自身の望みでユキヒロによって外に連れて行ってもらっていた。ユキヒロがこのことをタクヤに話さなかったのは、姉を失ったタクヤに自身を恨ませる事で、彼に生きる目的を与えるためだった。

この事実を知った2017年のタクヤは、アナザー電王となった2019年の自分を止めてくれとソウゴ達に懇願。病室に飾られていた写真から二人の行き先(思い出の場所である灯台)を掴んだソウゴはアナザー電王の元に先回りし、モモタロスと共にモールイマジンと戦う……が、モールイマジンはデンライナーで過去の自分を大量に連れてきていた。
直後、駆け付けたゼロノスがモールイマジン達の相手を引き受け、モモタロスを介して改めて電王ウォッチを継承したソウゴの手元にグランドジオウライドウォッチが出現。

満を持して登場した仮面ライダーグランドジオウにより、第39話冒頭と同様に平成ライダー達の力による猛攻を受けて一方的に追い込まれる。
モールイマジン軍団もゼロノス・ベガフォームと電王・クライマックスフォームによって殲滅され、自身もオールトゥエンティタイムブレークを受けて敗北。アナザー電王ウォッチを破壊された。

その後、2019年のタクヤは灯台の上にいたユキヒロとサユリのもとに駆け付け、サユリの「最後にもう一度、二人でこの風景を見たい」という願いをユキヒロが確かに聞き届けていた事を知る。それによってユキヒロに対する恨みと怒りが氷解し、彼に感謝の言葉を告げたのだった。

「ありがとう。ユキヒロさん……」

  • EP41『2019:セカイ、リセット』
改変された2019年にて、加古川飛流/アナザージオウⅡの配下として登場。
劇中ではアナザー鎧武アナザーアギトと共に召喚され、ソウゴが変身したグランドジオウと対決。グランドジオウが召喚した鎧武電王と共に繰り出した技で撃破されるも、アナザージオウⅡによる歴史改変の力で復活。その後も倒されるたびにアナザージオウⅡの力で復活したが、助太刀に入った門矢士の銃撃で怯んだ隙にグランドジオウに逃げられ、アナザージオウⅡの指示でソウゴの行方を追う。
その後、どこかの地下駐車場で発見したソウゴと再び対決するも、グランドジオウが召喚した大橙丸デンガッシャーを使って発動した「大橙一刀」と「エクストリームスラッシュ」によってアナザー鎧武共々倒された。

  • EP43『2019:ツクヨミ・コンフィデンシャル』
アナザージオウⅡが率いるアナザーライダー軍団の一員として再び出現。一斉にジオウ達に襲い掛かる。
アナザージオウⅡを筆頭にアナザー龍騎アナザー響鬼アナザーゴーストと共にグランドジオウと戦うも、最後はグランドジオウが繰り出したキングギリギリスラッシュでまたしても撃破された。

余談


関連タグ

仮面ライダージオウ アナザーライダー 電王
平成ジェネレーションズFOREVER
哀しき悪役

アナザーカブト← アナザー電王 →アナザージオウⅡ

関連記事

親記事

アナザーライダー あなざーらいだー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザー電王(2019)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3692

コメント