ピクシブ百科事典

Anotherなら死んでた

あなざーならしんでた

アニメ『Another』が放送されてから、アニメのコメントで使われるようになった言い回し。
目次[非表示]

概要

Another』とは、死者の"呪い"によって次々と人が死んでいくホラー仕立てのミステリー小説
2012年1月からテレビアニメ版が放送されていたが、他のアニメならなんてこともない日常のワンシーンから惨劇につながるという展開が頻繁に起こり、視聴者に衝撃を与えた。
何かあるたびに人が死んでいたといっても過言ではない。
そのため、他のアニメのなんでもないシーンでも、何かあるたびに「『Another』なら死んでいただろう」という意味をこめて、こうささやかれるようになった。

アニメ版の監督を務めた水島努も、この言い回しを認知しており

とコメントしている。

もっとも、Another以外の作品で「死亡フラグ」が伏線として登場した際は「このシチュエーションなら(作品が『Another』であろうがなかろうが)確実に死ぬ」と揶揄する意味で「Anotherじゃなくても死んでた」とツッコまれる例もあるらしい…

余談

Anotherの外伝となる「エピソードS」にて、見崎鳴が以下の様なセリフを発している。

「でも…そうね、ここが夜見山の外で良かった 、か」

棚に潰されかけた上に、落ちてきたツルハシで頭を貫かれる寸前だったという、Another(本編)なら絶対死んでた様な目に遭っている。

また、『文豪ストレイドッグス』では綾辻行人自身がキャラクター化されており、能力も「Another」。

関連タグ

Another
ブリッ死 キュアアンハッピー
ホラー 呪い
死亡フラグ シリアスな笑い
ファイナル・デスティネーション
綾辻行人(文豪ストレイドッグス)

外部リンク

Anotherなら死んでたとは - ニコニコ大百科
Anotherなら死んでたとは |アニメ/意味/定義/元ネタ/解説:ネット用語辞典

pixivに投稿された作品 pixivで「Anotherなら死んでた」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 279683

コメント