ピクシブ百科事典

三神怜子

みかみれいこ

三神怜子とは、『Another』の登場人物である。

以下物語の重要なネタバレを含みます。





















CV:榊原奈緒子 / 演:加藤あい

人物

主人公・榊原恒一叔母であり、恒一の母の妹。夜見山市で実家暮らしをしながら、夜見山北中学校の美術教師を務めている。また美術部の顧問でもある。恒一が編入したクラスの副担任。
家では恒一から「怜子さん」と呼ばれているが学校では必ず「三神先生」と呼ぶように注意している。

3組の悲劇を回避するため奔走するが、実は彼女こそが3組に紛れ込んだ「死者」であった。
今年は生徒の机が増えていなかったため「現象」の無い年だと油断していたら、先生の机が増えていたと言うオチである。・・・現象さん悪巧みが上手ね。
なお他のクラスがあまり描写されなかったので判かりづらいが「他のクラスに副担任は居ない」んだそうな。

実は本編より2年前の3組の担任であり、1年半前に「現象」により川に落ちて死亡している。
恒一は怜子の葬式に出席しているのだが、「怜子の死」に関係する記憶は全て「現象」により改竄されてしまったため、夜見山に来たことさえ忘れさせられている。
一方で、アニメ版赤沢泉美は夜見山で恒一と出会った事を覚えている。当時の泉美は3組関係者では無かったので(恒一と出会ったのも葬儀とは関係ない場所)記憶の改竄が行われなかったようだ。
また恒一の祖父(怜子の父)もアニメ版では、痴呆のせいか逆に記憶の改竄が半端なようで、怜子が死んでいるみたいな事を口走る(周りからは恒一の母(怜子の姉。既に病死)と間違えているのだろうと思われている)。

そう、恒一の叔母とは仮の姿・・・・・・なんてことはない。
恒一どころかクラスメイトも学校関係者もみんな、恒一の叔母の怜子と3組副担任の三上先生が同一人物である事は最初から知っており、秘密でも何でもない。知らないのは唯一、読者だけ

「怜子さん」は3組の関係者でもなければ、叔母(三親等)は呪いの対象である二親等以内でもないため、謎を見破れなかった読者は予想外の「主人公の肉親の死」に驚愕することになる。

三神先生の変身


漫画版とアニメ版ではキャラクターデザインが異なり、アニメ版では私服時は眼鏡をかけて髪をポニーテールにまとめ、一方職場では髪を下ろして眼鏡はしていない。漫画版では逆で、私服時は髪を下ろし裸眼で、職場では髪をまとめて眼鏡をかけている。

アニメ版第8話『Hair stand -紺碧-』 は水着回ゆえグラマーな水着姿を披露してくれた。

アニメ版では怜子、三神先生ともに榊原奈緒子が演じているが、演出上三神先生役のほうは別名義になっている。(三神先生時は宮牧美沙代
一人一役を二人二役に見せかけるため、放送中は宮牧美沙代という存在しない役者のプロフィールがわざわざプロダクションのHPに掲載されるという凝った演出だった。

関連タグ

三神先生 怜子

pixivに投稿された作品 pixivで「三神怜子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98304

コメント