ピクシブ百科事典

榊原恒一

さかきばらこういち

榊原恒一とは、小説・アニメ『Another』のキャラクター。イラスト左側の人物。
目次[非表示]

概要

CV:阿部敦

榊原家の一人息子。
中学3年の5月に、父親の仕事の都合で夜見山北中学の3年3組に転入してきた。転入後1ヶ月は気胸を理由に病院で生活している。一人称は「僕」。趣味は読書で好きなジャンルはホラー。成績は優秀である。

主人公。15歳。榊原家の一人息子。母親は彼を産んですぐに亡くなっている。
父親は東京の某有名大学で文化人類学だか社会生態学だがの研究をしている為しょっちゅう家を空けがち。その父親の出張の為に東京から母親の故郷である夜見山市の祖父母の家に預けられ、中学3年の5月に夜見山北中学の3年3組に転入してきた。父が家にいないことが多いため家事全般だけは得意。
肺に自然気胸(原発性自然気胸)という病を抱える。

3年3組の“災厄”について詳しく知らないまま転校してきたため、事情を知らないままクラス内で“いないもの”として扱われている見崎鳴に接触してしまう。そしてクラスメイトの桜木ゆかりを初めとするクラスの関係者達が次々に死亡してしまったことでクラスメイト達から災厄が始まった原因と見なされ、赤沢泉美の判断で鳴と同じいないものにされてしまう。その後、同じいないものである鳴から3年3組の災厄について聞かされ、彼女と打ち解けて仲良くなる。
担任の久保寺紹二の自殺後は鳴共々いないものを解除され、仲間達と共に災厄を止める方法を探そうとする。

・・・ついに学校のOBから、当時の三組生徒だった男性から「災厄を止める方法」を知る事となる。しかしその方法を実行するには、まず「いないもの」の正体が誰なのかを突き止める事が
必要だった・・・・

一応真面目な性格の好青年だが、原作や漫画版では若干毒舌な一面が見られる。アニメ版ではそういった部分は見らない。また、病弱ではあるものの運動神経はそれなりに良いのか、アニメ版では疑心暗鬼に陥って発狂した風見智彦のナイフによる攻撃を全て避けている。

交友関係

原作・漫画版では見崎鳴勅使河原直哉望月優矢風見智彦などがクラス内の主な友人で、それ以外ではクラスの事情から恒一のことを快く思っていないクラスメイトも多かった。学校以外では好きな小説で意気投合した看護婦の水野早苗と親しい。

アニメ版では赤沢泉美も親しい友人となり、その他では桜木ゆかり綾野彩高林郁夫王子誠猿田昇などのクラスメイト達と比較的親しかった。

関連イラスト

―さよなら、お母さん
さかきばらくん



関連タグ

Another 見崎鳴
みささか

pixivに投稿された作品 pixivで「榊原恒一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 680902

コメント