ピクシブ百科事典

見崎鳴

みさきめい

見崎鳴とは、小説『Another』のメインヒロイン。
目次[非表示]

CV:高森奈津美
映画版キャスト:橋本愛

概要

本作のもう一人の主人公でありメインヒロイン。
夜見山北中学3年3組の女子生徒。左目に眼帯をしているミステリアスな少女。
榊原恒一が引っ越した矢先に入院した病院のエレベーターで彼と出会う。

榊原恒一が通院している病院のエレベーターで出会った少女。
その後偶然なのか、彼が転校した学校で同じクラスになる。いつも左目に眼帯をしており、クラスでも浮世離れした存在である。恒一を除くクラスの仲間は、全員何故か彼女を無視している。本人曰く、このクラスだけに伝わる「呪われた秘密」の為らしいのだが・・・






以下、ネタバレを含みます
Anotherは元々がミステリー小説なので、ネタバレ回避を強く推奨。













3年3組に起こる災厄を回避するために5月から「いないもの」として扱われていた。
彼女がいないものに選ばれた理由は不明だが、一因として考えられるのが
苗字が‘‘ミサキ‘‘であるということ。

物語の途中である理由で同じ立場となった恒一と打ち解け、仲良くなる。それまではクラス内には特に親しい友人いなかったが恒一に対してだけは自分の家の事情、養母や美咲との関係、自分の眼の秘密を話すなど心を開いている。
彼女を取り巻く特異な状況や外見、物静かな言動から一見神秘的に見えるが、内面的には面倒見が良くて優しく、茶目っ気を見せることもある。けっこう普通の女子中学生である。

6話の妄想の中での恒一と共に踊るシーンはとても可愛いともっぱらの評判。
水着回では可愛いスクール水着姿を披露してくれた。

踊る鳴ちゃん
「かわいい」



クラスメイト全員が見崎鳴は存在しないとしていたため、
転校当初の恒一は彼女を幽霊だと勘違いしていた。
(状況的に幽霊としか思えなかった鳴が実は生身の人間だった、という種明かしが、
 前半戦におけるオチでもある)

恒一は事情を知らずに彼女に接触し、その直後に桜木ゆかりが死亡したため、
彼が見崎鳴に接触したことが災厄の引き金となったと考えた赤沢泉美によって
結果として彼も二人目のいないものとされた。


見崎家の養女であり、義母の霧果(見崎ユキヨ)は彼女の叔母で、
本来の彼女の母はユキヨの双子の姉妹である藤岡未咲の母。
娘を死産し、精神的に大きな打撃を受けていたユキヨのもとに、
金銭的な理由で藤岡家から預けられたのが鳴であった。

藤岡未咲とは双子の姉妹(どちらが姉か妹か不明)であり、仲も良かった。
しかし、4月に未咲が災厄によって死んでしまい、ショックから未咲とは姉妹ではなく
従姉妹としていたため、災厄は5月から始まったという誤解を生じさせた。

死の色

死者は誰―?


4歳の時に悪性の腫瘍ができ、左目を失って以来、
霧果の作った義眼が左目に埋め込まれている。
普段は眼帯で隠しているが、左目を通して死者や死期の近い人間を見ると
死の色(本人曰く、どんな色とも言い表せない色)が浮かび上がる。

彼女の左目によって死者が判明し、今回の災厄を止めるに至った。

漫画版

絵柄のためか、アニメ版のキャラデザに比べ、より神秘的で耽美な外見になっている。
眼を負傷しながらも狂乱した赤沢を諭したり、恒一を追って墓参に来たりと、物静かなのは変わりないが、内面的な優しさを感じさせる描写が多い。

映画版

恒一と話しているときに笑顔を見せ、恒一が倒れたときには必死で呼びかけるなど原作・アニメ版・漫画版と比べて感情表現が豊かになっている。

Another エピソードS

スピンオフ小説でも主人公を務める。
時系列の設定上、恒一達が海に出かけて鳴と遭遇したアニメ版とは排他関係にあるエピソード。
鳴が海辺の別荘で遭遇した事件について、恒一に教えているという体裁で始まる。
ヒロインにして語り部、助手役、かつ探偵役。

窓の外に見かけた恒一を携帯電話で呼び止め、「ちょっとよりは幾分長く」恒一を待たせてから出てきたり、その服装が部屋着にしてはお洒落だったり、果ては恋バナを振られて「ううーん」と唸って考え込んだりと、思わせぶりな描写が多い。
学校を離れたプライベートであるためか、本編にはない隙を晒す場面も。
淡々としているようで面倒見が良く、時にアグレッシブなのは相変わらず。

関連イラスト

めーちゃん
Another
近寄らない方がいいっていったのに
アナザー



関連タグ

Another 榊原恒一 眼帯 オッドアイ 藤岡未咲
小鳥遊六花 - 中二病でも恋がしたい!の主人公

pixivに投稿された作品 pixivで「見崎鳴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4919063

コメント