ピクシブ百科事典

水着回

みずぎかい

漫画・アニメなどで登場人物が水着を着用する回のこと。
目次[非表示]

概要

海水浴プールの回で、専用の回が多い。
漫画アニメなどの物語で、登場人物たちが通常時よりも水着を着ている回で、そのため露出度も高くなる

不安や緊迫した空気の続く物語の中休みや、あからさまな視聴率獲得、物語の一つとして伏線が含まれていたり、あるいは制作陣が水着回をやりたかっただけという事も。その目的や構成は様々であるが、受け手たる視聴者・読者側からも水着回が求められているのは確かであろう。

連載漫画の場合、夏の号で巻頭カラーなどが組まれる時に水着回になる確率が高くなる傾向がある。
一方アニメの場合、「作中の季節」または「放送時期」がの場合、やはりほぼ確実に水着回が出てくるが、夏の放映期に重ならないアニメでも現実の季節など知ったことかばかりに水着回は出てくるものである。

しかし、中には水着回がタブー視されている作品もある。代表例としては初期のプリキュアシリーズであろう。
かつての同シリーズでは「海で遊ぶエピソードでも水着にはならない」というのが夏の恒例行事と化していた程であった。日曜朝の放送枠の子供番組という立ち位置上、肌の露出を上げる事には保護者やPTAなどから苦情も考慮した慎重な決断が求められるゆえのものと思われている。
その後、2015年放映のGo!プリンセスプリキュアから水着回が解禁されることになったが、水着デザインはセクシー系よりも可愛い系に寄ったものとなっている。
詳しくはプリキュア水着解禁の項目も御覧いただきたい。

通常時から露出度・お色気要素の強い作品では、水着回と呼ばれることはあまりない。また、水泳や水上競技を題材としたFree!競女!!!!!!!!などでは「毎回が水着回」という状態が成立するため、逆説的に水着回という概念が消滅することになる。

水着を着るのは女性キャラがほとんどだが、男性キャラが着ても水着回と呼ばれる。
本来は公式においての物語で水着回が当てられるが、二次創作作品の場合も水着回と呼ぶこともある。

水着回が人気ある理由は察しの通りだが海水浴自体の人気、夏休みの解放感、青空海辺の爽やかな絵面、水着に現れる各キャラの個性も人気の秘訣となっている。
オリジナル創作で水着回を出す場合、タグを付けていただけるとありがたいかも。

関連作品

ここでは「pixiv内で、有名な作品またはエピソード一覧が確認できる作品」か「水着回になんらかの特異性がある作品」を表記する。
新約とある魔術の禁書目録 →原作ラノベ第16巻
とある科学の超電磁砲 →アニメ版第13話
ビビッドレッド・オペレーション →アニメ第6話
ラブライブ!一期10話 →先輩禁止!
ラブライブ!二期5話(二年生のみ) →新しいわたし
ラブライブ!サンシャイン!!10話 →シャイ煮はじめました
桜蘭高校ホスト部 →アニメ版第7話
ダンまちアニメOVA →神の紐参照
無彩限のファントムワールド →水玉の奇跡(水玉コラ)
ラストピリオド水着貝)
プリキュア水着解禁

類義語・表記ゆれ

海水浴回 プール回

関連タグ

水着 アニメ 漫画 露出度 温泉回
神回 公式が病気
 /海水浴 プール
ウォータースポーツ マリンスポーツ フィットネスクラブ

pixivに投稿された作品 pixivで「水着回」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1645196

コメント