ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
くろば・U氏による、同人ゲーム製作サークルを主要テーマにした漫画。

作品情報

作品情報

作者くろば・U
フォーマット4コマ
ジャンル同人
出版社芳文社
連載誌まんがタイムきららMAX
連載開始2012年10月
単行本既刊全10巻
連載状況完結(2022年2月号)

概要

概要

くろば・U氏による漫画。『まんがタイムきららMAX』に連載。

同人ゲームサークル「SNS部」を主な舞台として、ゲーム制作やその他色々(比重の比率は読者の見解に委ねる)をしていく話。

『きららMAX』2016年3月号(1月発売)でアニメ化決定を発表され、2016年秋アニメとして放送された。


作者からは「単行本1冊で山場を作りたい」という事であり(3巻表紙イラストのコメントも参照)、

1巻たまちゃんが加わって初めてのゲーム制作
2巻突っ掛かる水葉と創作の悩み
3巻文化祭に向けての創作活動

くらいが各巻の山場、かもしれない。


5巻後半は特別編の「ステラのまほう SNS部の新作落ちました」。

2016年12月下旬に5巻を出しながら、帯に「冬コミ絶賛修羅場中!」と文字を入れたうえでの無慈悲な行為であった。


登場人物

登場人物

括弧内はハンドルネーム

SNS部

CV:長縄まりあ

本作の主人公で、イラストレーター。

CV:村川梨衣

SNS部部長で、プログラマー。

CV:小澤亜李

椎奈の幼馴染で、シナリオライター。

CV:悠木碧

SNS部とDTM研を兼部している。サウンド&ミュージッククリエイター担当。

CV:日高里菜きららファンタジア

中学3年生(7巻からは高校1年生)で、声優担当。

CV:赤﨑千夏

SNS部設立者でOG。元イラストレーター。


イラスト部

CV:前川涼子

珠輝の幼馴染で、腐女子

CV:今村彩夏金子彩花きららファンタジア

珠輝をライバル視しており、勝気な性格で喜怒哀楽が激しい。通称「はーちゃん」。

CV:指出毬亜きららファンタジア

中学3年生(7巻からは高校1年生)で、乃々のクラスメイト。

高校3年生(7巻からは大学1年生)。


その他の生徒

CV:下地紫野

珠輝の同級生で、生徒会に所属している。

CV:大地葉

珠輝の同級生で、水葉の姉(同学年)。


部員の家族

CV:関根明良(春馬)、赤﨑千夏(信人)

あやめの弟達。

  • 村上菫

CV::新井里美

椎奈の母親で、在宅SE。

  • 藤川奏

歌夜の姉で、会社員。


舞台

舞台

おもな舞台になるのは「私立星ノ辻中学高等学校」の高等部。中等部から高等部に上がった生徒と、よそから高等部に入った生徒とは、制服の細部や一部のカリキュラムが異なる。

校風の自由度が高く、部活動も豊富(「究極剣道ラグビー 光秀の会」なる謎の部活も……?)。


SNS部

星ノ辻中学高等学校の部活動の1つで、同人ゲーム制作サークル。部長は村上椎奈。

SNSといってもソーシャルネットワークは関係なく、「んだ魚の目照不足ャトルラン部」という正式名を略したもの。部員たちが挙げた単語をシャッフルして3つ選んだ結果、こんな名前になってしまった。

珠輝入学前年の夏、それまでさまざまな部活を渡り歩いていたテルが設立した部活。「部」を名乗っているが、書類上は同好会である。

テルが生徒会の知り合いの伝手で広い部室を確保していたため、新年度になってから問題視されてしまい、3巻で部室の存亡の危機に立たされる。

生徒会の槍居智亜からは「急ごしらえの部」呼ばわりされているが、実は他人の事はそんなに言えない。

ちなみに部室は255号室。コンピューターに詳しい椎奈には、きりのいい番号である。


イラスト部

こちらはイラストや漫画を制作する部活。編集長(部長に相当する役職)は槍居智亜(生徒会の書記と兼任)。裕美音や水葉が所属しているほか、椎奈も中学3年の春の時だけいた事があった。

5年前に漫研内の派閥争いで独立。智亜はこの当時からの部員である。当初は同好会だったが、智亜が部費を増やすために「生徒会の人とかけあってみます」という事で、自分がその「生徒会の人」になり、部に格上げさせている。


生徒会

智亜が第2書記を、マリカが自称「下っ端」をしている。テルの友達(同学年)の副会長がSNS部の部室を強引に確保したせいで、テルが智亜(当時は第7書記)と揉めてしまった。

5巻キャラクター紹介によると、書記のポストが15人あり、第4~第15書記が雑用担当とのこと。


DTM研究会

歌夜が兼部している部活。DTMは「デスクトップミュージック」の略。

部員は男子の方が多く、入ってきた部員の定着率が高い。新入部員の応対を歌夜がしているのでまあ納得。


文芸部

あやめが中学1年から高校1年までいた部活。「星屑のインテンツィオーネ(前編)」はこの当時の作品。


テレビアニメ

テレビアニメ

2016年秋アニメとして、TOKYOMXAT-XおよびBS11、さらには毎日放送テレビ愛知で放送。

アニメーション制作はSILVERLINK.が担当。


ストーリーは1~2巻に相当するが、珠輝と裕美音の過去の話を3巻から持ってくるなど、本筋以外の話は順番が前後する場合もある。


名前が魔法少女モノっぽく、歌夜の配役配役なので、アニメ公式Twitterアカウントに

間もなく第3話放送です。誰も死ぬことはないので、安心してご覧ください。

と言われてしまう。ニコ生で放送時間の近い魔法少女バトロワを意識しているのだろうか?


製作スタッフ

監督川面真也
シリーズ構成志茂文彦
キャラクターデザイン古川英樹
アニメーション制作SILVERLINK.

主題歌

オープニングテーマ

「God Save The Girls」(第1話~第11話、OVA)

作詞:岩里祐穂

作曲・編曲:kz

ストリングスアレンジ:真部裕

歌:下地紫野


エンディングテーマ

「ヨナカジカル」(第1話~第11話、OVA)

作詞:黒木人生

作曲:ここのか

編曲:R・O・N

歌:たまきとゆみね(長縄まりあ前川涼子


挿入歌

「プ・レ・ゼ・ン・ト」(第7話)

作詞:真名杏樹

作曲:小島航平

編曲:川田瑠夏

歌:下地紫野


各話リスト

話数サブタイトル
第1話スタート地点
第2話たのしい創作
第3話伝導アイテム
第4話スキルアップ
第5話カウントダウン
第6話そくばいかい
第7話はじめての思い出
第8話デバッグなめたらダメだよ?
第9話スキルアップその2
第10話精密機械
第11話お困りですかお嬢さん
第12話もう一度スタート地点

余談

余談

タイトルについて、単行本1巻(アニメでは第5話)で、

・各人が素材(絵・CG/シナリオ/音/システム)を集めるだけではゲームの完成は困難。

・全体を統率する役職(スケジュール管理・雑用・マネジメント他)があって、初めてうまく回っていく。

・この現象を「星型(ステラ)の魔法」と呼ぶ。

と椎奈が説明しているが、星の頂点のうち2つが同一人物であるためか、原作ではあやめは「? うん」とあまり納得せず、4コマタイトルで「ムリヤリすぎない?」と突っ込まれている。

アニメでは、珠輝が入ってから初めてのゲームのタイトルも「ステラのまほう」になった事もあり、突っ込まれずにいい話扱いされている。


作内世界には「ピックシー」というpixivみたいなイラスト投稿サイトがあり、裕美音や珠輝も絵をアップロードしている。珠輝好みの「かっこいいおじさま」タグが付いた絵もあるのだが、現実のpixivでは(2016年10月現在で)そのようなタグは確認されていない。


関連イラスト

関連イラスト


関連動画

関連動画

PV第1弾


PV第2弾


関連タグ

関連タグ

まんがタイムきららMAX 同人ゲーム 部活動 / 部活

イラスト シナリオ プログラム


NEWGAME!:出版社、舞台は違えどゲームの製作現場を題材にしている事等の類似箇所あり。きららファンタジアではどちらもサービス開始当初から参戦、共演している。


表記揺れ

ステま:略称


カップリングタグ

ゆみたま/たまゆみ たまかよ


外部リンク

外部リンク

作品情報

作品情報

作者くろば・U
フォーマット4コマ
ジャンル同人
出版社芳文社
連載誌まんがタイムきららMAX
連載開始2012年10月
単行本既刊全10巻
連載状況完結(2022年2月号)

概要

概要

くろば・U氏による漫画。『まんがタイムきららMAX』に連載。

同人ゲームサークル「SNS部」を主な舞台として、ゲーム制作やその他色々(比重の比率は読者の見解に委ねる)をしていく話。

『きららMAX』2016年3月号(1月発売)でアニメ化決定を発表され、2016年秋アニメとして放送された。


作者からは「単行本1冊で山場を作りたい」という事であり(3巻表紙イラストのコメントも参照)、

1巻たまちゃんが加わって初めてのゲーム制作
2巻突っ掛かる水葉と創作の悩み
3巻文化祭に向けての創作活動

くらいが各巻の山場、かもしれない。


5巻後半は特別編の「ステラのまほう SNS部の新作落ちました」。

2016年12月下旬に5巻を出しながら、帯に「冬コミ絶賛修羅場中!」と文字を入れたうえでの無慈悲な行為であった。


登場人物

登場人物

括弧内はハンドルネーム

SNS部

CV:長縄まりあ

本作の主人公で、イラストレーター。

CV:村川梨衣

SNS部部長で、プログラマー。

CV:小澤亜李

椎奈の幼馴染で、シナリオライター。

CV:悠木碧

SNS部とDTM研を兼部している。サウンド&ミュージッククリエイター担当。

CV:日高里菜きららファンタジア

中学3年生(7巻からは高校1年生)で、声優担当。

CV:赤﨑千夏

SNS部設立者でOG。元イラストレーター。


イラスト部

CV:前川涼子

珠輝の幼馴染で、腐女子

CV:今村彩夏金子彩花きららファンタジア

珠輝をライバル視しており、勝気な性格で喜怒哀楽が激しい。通称「はーちゃん」。

CV:指出毬亜きららファンタジア

中学3年生(7巻からは高校1年生)で、乃々のクラスメイト。

高校3年生(7巻からは大学1年生)。


その他の生徒

CV:下地紫野

珠輝の同級生で、生徒会に所属している。

CV:大地葉

珠輝の同級生で、水葉の姉(同学年)。


部員の家族

CV:関根明良(春馬)、赤﨑千夏(信人)

あやめの弟達。

  • 村上菫

CV::新井里美

椎奈の母親で、在宅SE。

  • 藤川奏

歌夜の姉で、会社員。


舞台

舞台

おもな舞台になるのは「私立星ノ辻中学高等学校」の高等部。中等部から高等部に上がった生徒と、よそから高等部に入った生徒とは、制服の細部や一部のカリキュラムが異なる。

校風の自由度が高く、部活動も豊富(「究極剣道ラグビー 光秀の会」なる謎の部活も……?)。


SNS部

星ノ辻中学高等学校の部活動の1つで、同人ゲーム制作サークル。部長は村上椎奈。

SNSといってもソーシャルネットワークは関係なく、「んだ魚の目照不足ャトルラン部」という正式名を略したもの。部員たちが挙げた単語をシャッフルして3つ選んだ結果、こんな名前になってしまった。

珠輝入学前年の夏、それまでさまざまな部活を渡り歩いていたテルが設立した部活。「部」を名乗っているが、書類上は同好会である。

テルが生徒会の知り合いの伝手で広い部室を確保していたため、新年度になってから問題視されてしまい、3巻で部室の存亡の危機に立たされる。

生徒会の槍居智亜からは「急ごしらえの部」呼ばわりされているが、実は他人の事はそんなに言えない。

ちなみに部室は255号室。コンピューターに詳しい椎奈には、きりのいい番号である。


イラスト部

こちらはイラストや漫画を制作する部活。編集長(部長に相当する役職)は槍居智亜(生徒会の書記と兼任)。裕美音や水葉が所属しているほか、椎奈も中学3年の春の時だけいた事があった。

5年前に漫研内の派閥争いで独立。智亜はこの当時からの部員である。当初は同好会だったが、智亜が部費を増やすために「生徒会の人とかけあってみます」という事で、自分がその「生徒会の人」になり、部に格上げさせている。


生徒会

智亜が第2書記を、マリカが自称「下っ端」をしている。テルの友達(同学年)の副会長がSNS部の部室を強引に確保したせいで、テルが智亜(当時は第7書記)と揉めてしまった。

5巻キャラクター紹介によると、書記のポストが15人あり、第4~第15書記が雑用担当とのこと。


DTM研究会

歌夜が兼部している部活。DTMは「デスクトップミュージック」の略。

部員は男子の方が多く、入ってきた部員の定着率が高い。新入部員の応対を歌夜がしているのでまあ納得。


文芸部

あやめが中学1年から高校1年までいた部活。「星屑のインテンツィオーネ(前編)」はこの当時の作品。


テレビアニメ

テレビアニメ

2016年秋アニメとして、TOKYOMXAT-XおよびBS11、さらには毎日放送テレビ愛知で放送。

アニメーション制作はSILVERLINK.が担当。


ストーリーは1~2巻に相当するが、珠輝と裕美音の過去の話を3巻から持ってくるなど、本筋以外の話は順番が前後する場合もある。


名前が魔法少女モノっぽく、歌夜の配役配役なので、アニメ公式Twitterアカウントに

間もなく第3話放送です。誰も死ぬことはないので、安心してご覧ください。

と言われてしまう。ニコ生で放送時間の近い魔法少女バトロワを意識しているのだろうか?


製作スタッフ

監督川面真也
シリーズ構成志茂文彦
キャラクターデザイン古川英樹
アニメーション制作SILVERLINK.

主題歌

オープニングテーマ

「God Save The Girls」(第1話~第11話、OVA)

作詞:岩里祐穂

作曲・編曲:kz

ストリングスアレンジ:真部裕

歌:下地紫野


エンディングテーマ

「ヨナカジカル」(第1話~第11話、OVA)

作詞:黒木人生

作曲:ここのか

編曲:R・O・N

歌:たまきとゆみね(長縄まりあ前川涼子


挿入歌

「プ・レ・ゼ・ン・ト」(第7話)

作詞:真名杏樹

作曲:小島航平

編曲:川田瑠夏

歌:下地紫野


各話リスト

話数サブタイトル
第1話スタート地点
第2話たのしい創作
第3話伝導アイテム
第4話スキルアップ
第5話カウントダウン
第6話そくばいかい
第7話はじめての思い出
第8話デバッグなめたらダメだよ?
第9話スキルアップその2
第10話精密機械
第11話お困りですかお嬢さん
第12話もう一度スタート地点

余談

余談

タイトルについて、単行本1巻(アニメでは第5話)で、

・各人が素材(絵・CG/シナリオ/音/システム)を集めるだけではゲームの完成は困難。

・全体を統率する役職(スケジュール管理・雑用・マネジメント他)があって、初めてうまく回っていく。

・この現象を「星型(ステラ)の魔法」と呼ぶ。

と椎奈が説明しているが、星の頂点のうち2つが同一人物であるためか、原作ではあやめは「? うん」とあまり納得せず、4コマタイトルで「ムリヤリすぎない?」と突っ込まれている。

アニメでは、珠輝が入ってから初めてのゲームのタイトルも「ステラのまほう」になった事もあり、突っ込まれずにいい話扱いされている。


作内世界には「ピックシー」というpixivみたいなイラスト投稿サイトがあり、裕美音や珠輝も絵をアップロードしている。珠輝好みの「かっこいいおじさま」タグが付いた絵もあるのだが、現実のpixivでは(2016年10月現在で)そのようなタグは確認されていない。


関連動画

関連動画

PV第1弾


PV第2弾


関連タグ

関連タグ

まんがタイムきららMAX 同人ゲーム 部活動 / 部活

イラスト シナリオ プログラム


NEWGAME!:出版社、舞台は違えどゲームの製作現場を題材にしている事等の類似箇所あり。きららファンタジアではどちらもサービス開始当初から参戦、共演している。


表記揺れ

ステま:略称


カップリングタグ

ゆみたま/たまゆみ たまかよ


関連記事

親記事

子記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • 【ステラのまほう】ステまゾンビサバイバル

    【小説】ステラのまほうでゾンビサバイバル③

    【あらすじ】 裕美音がゾンビになった。 前回 → http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7573516 次回 → http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7579462 はじめから → http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7570280
  • 前進

    裕美音ちゃんの誕生日SSです。(フライング?気にするな) 闇要素はありません。DDR要素もありません。
  • 【ステラのまほう】手紙【ゆみたまSS】

    診断メーカー様『幸せにしてあげて(https://shindanmaker.com/524738)』より。 貴方は創作意欲がわいたら『メール(手紙)のやりとりを楽しくしているゆみたま』をかいてみましょう。幸せにしてあげてください。 とのことなので書かせていただきました。 小学生時代のたまちゃんと裕美音ちゃんのお話です。
  • 珠輝のそぼくな疑問(お試し版)

    サンクリ 2017 Summer で、発表したステラのまほうの二次小説のお試し版です。 2018年3月11日のサンクリ 2018 Spring で(もしサークル参加できたら)、在庫がまだあるので既刊本として頒布する予定です。 主人公の珠輝が、ゲームについていろいろ考えたり、悩んだりするストーリーです。
  • 子供の頃の思い出

    皆さんどうも、宵月です。 今回はステラのまほうで本田のたまちゃんと裕美音ちゃんのお話です。百合です。(断固たる決意 まぁ、苦手な方もいると思うのでそこら辺はタグとかちゃんと見て回避してください。僕に文句を言われても困ります。 さて、僕がこんなお話を書くようになったのはある人のせいなのですが……これは言わないでおきましょう。 では。
  • ほりでー!かいそく!

    ほりでー!かいそく! 第13話 冠の野望

    あおっちたちが別作品でバトルしてからDスペースZEROは一気に有名に…それを聞きつけた冠はSNS部と情報処理部のみんなと別作品の世界へ行くことに… 千石冠「久しぶりのコラボだよ。」
  • 【ステラのまほう】たまきラブストーリー

    たまきラブストーリー(上)

    「ステラのまほう」の二次創作小説です。たまちゃんメインの恋愛ものです。 中 → https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9605254 下 → 同人誌限定 【注意】  この小説は、きららMAX2018年6月号までのネタバレを含みます。 https://kanbarahayao.booth.pm/items/965182
  • 思いついたもの

    てるたまオーバードーズ#2‐2

    はい、ファレンです。 てるたまODですがまだ全年齢です。はやくえっちなパート書きたいのはほんとそうなんですが、よく考えたら中学生のときに書いた不死身娘の百合以来ですね。当時かぐもこにハマってたんですよ。 まあともかくとして、てるたまですよ。 たまに読み返すと、やっぱり面白いんだよなぁステま。後半ゲーム制作要素が気持ち少なめな以外不満ありません。 まあそもそも、ワタシ的解釈としてはステまってゲーム制作をツールとしているだけでゲーム制作の話ではないのかもしれません。みんな行動力オバケですしね。(特にイラスト部の面々) 私はてるたま推しですが、実を言うとたまちゃんハーレムだと思っています。 そもゲーム制作が役割分担である以上たまちゃんの物語は理転を決意したあたりで完結していて、EXステージ味もありますよね。 9巻なんかはしーちゃんと池谷から始まり、しーちゃんと池谷で終わったのもそういうことかもしれません。 えっちなシーンはいつ出てくるんだよとお思いの皆々様、わかりますよその気持ち。私も全く同感です。 これあれですね、エロ漫画をどうしてもストーリー仕立てにしちゃう病と同じですね。 前置き要らなくねと思っても付けちゃうやつ。 そもそもこう、昨今の肉感ドーン! みたいなのり全てに適用スべきではないと思うんですよ。 冷静に考えて性器は機能であり、そこから得られる情報はたかが知れています。もっとこう精神的な…… わかるかなぁこの。 某雑誌とかの連載がなーんか腑に落ちないのはそこで、コマとして面白いかより先に肉感的表現が全面に出ていているの、たまにありますよね。 まあ面白ければ良いのですが欠点はあるものですし。 この話語りだすとキリがないのであれですが「恋愛感情が性交システムの一部としても組み込まれているのはそうなんですが、それ以外も色々あるよね」ってことです。 つまり私は関係性萌えなんですよ。 皆さん、スロスタの11巻読みました? 法律が変わってなければ実質結婚でしたよあれ。 そういうことです。 そういうのが良いのです。 しおんちゃんのおっぱい、大きいですね。 でもあれって「胸が大きいという身体的特徴」に終始されていて、そこが良いなぁとも思うのです。 みんな好きですがたまちゃんや万年お姉さんが好きです。 セックスは手段であって目的ではないはず……やが君とかそういう描き方だったよね。 私は佐伯先輩の「そこまで惨めにはなれないわよ」が大好きなんですよね二期はよ。 これ書いてるときはBremenとか聞いていました。かっこいいですよ。 最近LADYも気になっています。 あとは某アンドロイド漫画の先生のお早い復活と、某人造人間漫画の先生の配信時間の正常化(起きてるかあんな時間!)を祈って、このキャプションの締めとします。 不慣れな論文みたいですね。昔から文系科目は得意で、文章で苦労したことはないかもしれません。 ここまで読んでくれた人に質問なんですが、最近変身を読んだのでカフカのおすすめ(小説でも解説でも)か、ニーチェのおすすめを教えてください。
  • 思いついたもの

    てるたまオーバードーズ#2 

    こんばんは、ファレンです。えっちなてるたまを書きたくてまた筆を取りました。 基本的にDice into moonの方は2000文字くらい溜まってから投降したいのでもうちょい待ってください。 息抜きに書くには面白くなってきそうで困っていますが、まあ三話くらいで終わるんじゃないかな? あとえっちなてるたまとは言いましたがその、あだしまのえっちな回くらいというか手段としてのえっちなのであしからず。百合でメインにエロを持ってこない場合の金字塔はやはりスロスタだと思うんですよね。 最近はamazarashiさんの「リビングデッド」にハマっています。動く死体というテーマはそれなりに私の作品にも出てきますし結構中核ですが、単純にめちゃめちゃかっこいいですよ。 あとシャロの絵ですが、難航しています。こだわりすぎています。 らくがきというやつをやってみようかと。居ますよねバンドリとかで思いついたシーンだけ下書き+色で投降してくださる人。 ラスター使わないでいい感じにならないかな。私の創作って最初はアナログから始めているので多分出来ると思うのですが あ、それと最近はゲーム作ってます。某パル世界あるじゃないですか。そうじゃなくても電磁波運ゲーは私のやりたいポケモンじゃないので自分で作ることにしました。 今は抜群でダメージを倍にする処理が完成して喜んでいます。 道は遠いですね。
  • ひだまりのまほう お試し版

    サンシャインクリエイション2018Springに新刊として、発表する作品のお試し版です。 本田珠輝とゆのが、出会う不思議な小説です。
  • ネジを巻かれて動く仕組み

    以前ステま合同に投稿させていただいた、百武照の小説です。ステま原作読んだときに動かすならこのキャラしかいない!と駆り立てられて書いたのは良い思い出。
  • 【ステラのまほう】彗星の青写真

    【C96新刊サンプル③】夏コミで、藤川さんと

    「ステラのまほう」の二次創作小説本「彗星の青写真(2019夏コミ新刊)」のサンプルです。 最初から読む → https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11436577
  • ステラのまほうせんし

    裕美音に宣言

    DQウォークを始めたことを裕美音に話す珠輝。 そして、どこで聞きつけたのか、水葉も珠輝に対抗するようにDQウォークをプレイすると言う。 珠輝のDQウォークのプレイは続いていく。
  • わすれもの

    ※今回のは人を選びます。直接的なものはありませんがキャラクターの死ネタ及び病み展開が苦手な方はお読みになられない方がよろしいと思います こんにちは、宵月です 最近は暑いですね、僕はクーラー苦手なんですけど、どうしてもクーラーがないと死んでしまうのでしぶしぶつけてます。扇風機欲しい さて今回の作品は僕の好きな物全開で書きました。 いや、いつもだろって言われたらそうなんですけど、普段とは少し嗜好を変えてみました。 ちゃんと初めに注意書きもしたのでこれでなんか文句つけてくるような人がいたら全面戦争します では、皆様も暑さと台風などにはお気をつけください。
  • 白夜のまほう

    ふよんちゃんのグツグツした悪夢のお話です。 ステラのまほうにおいて『白夜』というワードは凄く重要なモノであると勝手ながら思ったので、タイトルに使わせていただきました。 原作のセリフやワードを7割くらい使って、繋ぎ合わせたパッチワーク同人小説です。
  • かいそく! みんなにありがとう編

    かいそく! 第134話 元部長の狙い

    今日は百武照の誕生日。照は何かを狙って烏丸先生にバトルを仕掛ける…しかし、バトルコースに横須賀線を選んだわけとは…? 百武照「最近短めでごめんね~。これでも年末までの予定は決まってるんだけどね。」 ※小田急8000形の画像はWikimediaから引用。
  • 記憶の鍵

    ステラのまほうのSSです。はーちゃんが記憶喪失になる話です。 キャラ崩壊等々注意(覚悟)して読んでください。
  • 【ステラのまほう】 私 【ゆみたまSS】

    『ステラのまほう』のSSです。 内容は重いです。重いのが苦手な方はご注意下さい。 また、一部キャラクター崩壊などがあります。ご了承下さい。 後日、番外編を書く予定です。
    24,801文字pixiv小説作品
  • まんがタイムKRコミックス作品の特徴を挙げてみた

    タイトル通りです。 異論は認めます。 何か意見がありましたら、コメントへ特徴をあげてください・・・。暇な時に
  • 照先輩の星結晶

    きららファンタジア時空での照・歌夜です. 今回のイベント「エトワリアの歌姫」ですが,前回や前々回のイベントと違って,レベル70ミッションのキャラと☆5のキャラが別人なんですよね.ということから着想して勢いで書いた.

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

ステラのまほう
11
ステラのまほう
11
くろば・U氏による、同人ゲーム製作サークルを主要テーマにした漫画。

作品情報

作品情報

作者くろば・U
フォーマット4コマ
ジャンル同人
出版社芳文社
連載誌まんがタイムきららMAX
連載開始2012年10月
単行本既刊全10巻
連載状況完結(2022年2月号)

概要

概要

くろば・U氏による漫画。『まんがタイムきららMAX』に連載。

同人ゲームサークル「SNS部」を主な舞台として、ゲーム制作やその他色々(比重の比率は読者の見解に委ねる)をしていく話。

『きららMAX』2016年3月号(1月発売)でアニメ化決定を発表され、2016年秋アニメとして放送された。


作者からは「単行本1冊で山場を作りたい」という事であり(3巻表紙イラストのコメントも参照)、

1巻たまちゃんが加わって初めてのゲーム制作
2巻突っ掛かる水葉と創作の悩み
3巻文化祭に向けての創作活動

くらいが各巻の山場、かもしれない。


5巻後半は特別編の「ステラのまほう SNS部の新作落ちました」。

2016年12月下旬に5巻を出しながら、帯に「冬コミ絶賛修羅場中!」と文字を入れたうえでの無慈悲な行為であった。


登場人物

登場人物

括弧内はハンドルネーム

SNS部

CV:長縄まりあ

本作の主人公で、イラストレーター。

CV:村川梨衣

SNS部部長で、プログラマー。

CV:小澤亜李

椎奈の幼馴染で、シナリオライター。

CV:悠木碧

SNS部とDTM研を兼部している。サウンド&ミュージッククリエイター担当。

CV:日高里菜きららファンタジア

中学3年生(7巻からは高校1年生)で、声優担当。

CV:赤﨑千夏

SNS部設立者でOG。元イラストレーター。


イラスト部

CV:前川涼子

珠輝の幼馴染で、腐女子

CV:今村彩夏金子彩花きららファンタジア

珠輝をライバル視しており、勝気な性格で喜怒哀楽が激しい。通称「はーちゃん」。

CV:指出毬亜きららファンタジア

中学3年生(7巻からは高校1年生)で、乃々のクラスメイト。

高校3年生(7巻からは大学1年生)。


その他の生徒

CV:下地紫野

珠輝の同級生で、生徒会に所属している。

CV:大地葉

珠輝の同級生で、水葉の姉(同学年)。


部員の家族

CV:関根明良(春馬)、赤﨑千夏(信人)

あやめの弟達。

  • 村上菫

CV::新井里美

椎奈の母親で、在宅SE。

  • 藤川奏

歌夜の姉で、会社員。


舞台

舞台

おもな舞台になるのは「私立星ノ辻中学高等学校」の高等部。中等部から高等部に上がった生徒と、よそから高等部に入った生徒とは、制服の細部や一部のカリキュラムが異なる。

校風の自由度が高く、部活動も豊富(「究極剣道ラグビー 光秀の会」なる謎の部活も……?)。


SNS部

星ノ辻中学高等学校の部活動の1つで、同人ゲーム制作サークル。部長は村上椎奈。

SNSといってもソーシャルネットワークは関係なく、「んだ魚の目照不足ャトルラン部」という正式名を略したもの。部員たちが挙げた単語をシャッフルして3つ選んだ結果、こんな名前になってしまった。

珠輝入学前年の夏、それまでさまざまな部活を渡り歩いていたテルが設立した部活。「部」を名乗っているが、書類上は同好会である。

テルが生徒会の知り合いの伝手で広い部室を確保していたため、新年度になってから問題視されてしまい、3巻で部室の存亡の危機に立たされる。

生徒会の槍居智亜からは「急ごしらえの部」呼ばわりされているが、実は他人の事はそんなに言えない。

ちなみに部室は255号室。コンピューターに詳しい椎奈には、きりのいい番号である。


イラスト部

こちらはイラストや漫画を制作する部活。編集長(部長に相当する役職)は槍居智亜(生徒会の書記と兼任)。裕美音や水葉が所属しているほか、椎奈も中学3年の春の時だけいた事があった。

5年前に漫研内の派閥争いで独立。智亜はこの当時からの部員である。当初は同好会だったが、智亜が部費を増やすために「生徒会の人とかけあってみます」という事で、自分がその「生徒会の人」になり、部に格上げさせている。


生徒会

智亜が第2書記を、マリカが自称「下っ端」をしている。テルの友達(同学年)の副会長がSNS部の部室を強引に確保したせいで、テルが智亜(当時は第7書記)と揉めてしまった。

5巻キャラクター紹介によると、書記のポストが15人あり、第4~第15書記が雑用担当とのこと。


DTM研究会

歌夜が兼部している部活。DTMは「デスクトップミュージック」の略。

部員は男子の方が多く、入ってきた部員の定着率が高い。新入部員の応対を歌夜がしているのでまあ納得。


文芸部

あやめが中学1年から高校1年までいた部活。「星屑のインテンツィオーネ(前編)」はこの当時の作品。


テレビアニメ

テレビアニメ

2016年秋アニメとして、TOKYOMXAT-XおよびBS11、さらには毎日放送テレビ愛知で放送。

アニメーション制作はSILVERLINK.が担当。


ストーリーは1~2巻に相当するが、珠輝と裕美音の過去の話を3巻から持ってくるなど、本筋以外の話は順番が前後する場合もある。


名前が魔法少女モノっぽく、歌夜の配役配役なので、アニメ公式Twitterアカウントに

間もなく第3話放送です。誰も死ぬことはないので、安心してご覧ください。

と言われてしまう。ニコ生で放送時間の近い魔法少女バトロワを意識しているのだろうか?


製作スタッフ

監督川面真也
シリーズ構成志茂文彦
キャラクターデザイン古川英樹
アニメーション制作SILVERLINK.

主題歌

オープニングテーマ

「God Save The Girls」(第1話~第11話、OVA)

作詞:岩里祐穂

作曲・編曲:kz

ストリングスアレンジ:真部裕

歌:下地紫野


エンディングテーマ

「ヨナカジカル」(第1話~第11話、OVA)

作詞:黒木人生

作曲:ここのか

編曲:R・O・N

歌:たまきとゆみね(長縄まりあ前川涼子


挿入歌

「プ・レ・ゼ・ン・ト」(第7話)

作詞:真名杏樹

作曲:小島航平

編曲:川田瑠夏

歌:下地紫野


各話リスト

話数サブタイトル
第1話スタート地点
第2話たのしい創作
第3話伝導アイテム
第4話スキルアップ
第5話カウントダウン
第6話そくばいかい
第7話はじめての思い出
第8話デバッグなめたらダメだよ?
第9話スキルアップその2
第10話精密機械
第11話お困りですかお嬢さん
第12話もう一度スタート地点

余談

余談

タイトルについて、単行本1巻(アニメでは第5話)で、

・各人が素材(絵・CG/シナリオ/音/システム)を集めるだけではゲームの完成は困難。

・全体を統率する役職(スケジュール管理・雑用・マネジメント他)があって、初めてうまく回っていく。

・この現象を「星型(ステラ)の魔法」と呼ぶ。

と椎奈が説明しているが、星の頂点のうち2つが同一人物であるためか、原作ではあやめは「? うん」とあまり納得せず、4コマタイトルで「ムリヤリすぎない?」と突っ込まれている。

アニメでは、珠輝が入ってから初めてのゲームのタイトルも「ステラのまほう」になった事もあり、突っ込まれずにいい話扱いされている。


作内世界には「ピックシー」というpixivみたいなイラスト投稿サイトがあり、裕美音や珠輝も絵をアップロードしている。珠輝好みの「かっこいいおじさま」タグが付いた絵もあるのだが、現実のpixivでは(2016年10月現在で)そのようなタグは確認されていない。


関連イラスト

関連イラスト


関連動画

関連動画

PV第1弾


PV第2弾


関連タグ

関連タグ

まんがタイムきららMAX 同人ゲーム 部活動 / 部活

イラスト シナリオ プログラム


NEWGAME!:出版社、舞台は違えどゲームの製作現場を題材にしている事等の類似箇所あり。きららファンタジアではどちらもサービス開始当初から参戦、共演している。


表記揺れ

ステま:略称


カップリングタグ

ゆみたま/たまゆみ たまかよ


外部リンク

外部リンク

作品情報

作品情報

作者くろば・U
フォーマット4コマ
ジャンル同人
出版社芳文社
連載誌まんがタイムきららMAX
連載開始2012年10月
単行本既刊全10巻
連載状況完結(2022年2月号)

概要

概要

くろば・U氏による漫画。『まんがタイムきららMAX』に連載。

同人ゲームサークル「SNS部」を主な舞台として、ゲーム制作やその他色々(比重の比率は読者の見解に委ねる)をしていく話。

『きららMAX』2016年3月号(1月発売)でアニメ化決定を発表され、2016年秋アニメとして放送された。


作者からは「単行本1冊で山場を作りたい」という事であり(3巻表紙イラストのコメントも参照)、

1巻たまちゃんが加わって初めてのゲーム制作
2巻突っ掛かる水葉と創作の悩み
3巻文化祭に向けての創作活動

くらいが各巻の山場、かもしれない。


5巻後半は特別編の「ステラのまほう SNS部の新作落ちました」。

2016年12月下旬に5巻を出しながら、帯に「冬コミ絶賛修羅場中!」と文字を入れたうえでの無慈悲な行為であった。


登場人物

登場人物

括弧内はハンドルネーム

SNS部

CV:長縄まりあ

本作の主人公で、イラストレーター。

CV:村川梨衣

SNS部部長で、プログラマー。

CV:小澤亜李

椎奈の幼馴染で、シナリオライター。

CV:悠木碧

SNS部とDTM研を兼部している。サウンド&ミュージッククリエイター担当。

CV:日高里菜きららファンタジア

中学3年生(7巻からは高校1年生)で、声優担当。

CV:赤﨑千夏

SNS部設立者でOG。元イラストレーター。


イラスト部

CV:前川涼子

珠輝の幼馴染で、腐女子

CV:今村彩夏金子彩花きららファンタジア

珠輝をライバル視しており、勝気な性格で喜怒哀楽が激しい。通称「はーちゃん」。

CV:指出毬亜きららファンタジア

中学3年生(7巻からは高校1年生)で、乃々のクラスメイト。

高校3年生(7巻からは大学1年生)。


その他の生徒

CV:下地紫野

珠輝の同級生で、生徒会に所属している。

CV:大地葉

珠輝の同級生で、水葉の姉(同学年)。


部員の家族

CV:関根明良(春馬)、赤﨑千夏(信人)

あやめの弟達。

  • 村上菫

CV::新井里美

椎奈の母親で、在宅SE。

  • 藤川奏

歌夜の姉で、会社員。


舞台

舞台

おもな舞台になるのは「私立星ノ辻中学高等学校」の高等部。中等部から高等部に上がった生徒と、よそから高等部に入った生徒とは、制服の細部や一部のカリキュラムが異なる。

校風の自由度が高く、部活動も豊富(「究極剣道ラグビー 光秀の会」なる謎の部活も……?)。


SNS部

星ノ辻中学高等学校の部活動の1つで、同人ゲーム制作サークル。部長は村上椎奈。

SNSといってもソーシャルネットワークは関係なく、「んだ魚の目照不足ャトルラン部」という正式名を略したもの。部員たちが挙げた単語をシャッフルして3つ選んだ結果、こんな名前になってしまった。

珠輝入学前年の夏、それまでさまざまな部活を渡り歩いていたテルが設立した部活。「部」を名乗っているが、書類上は同好会である。

テルが生徒会の知り合いの伝手で広い部室を確保していたため、新年度になってから問題視されてしまい、3巻で部室の存亡の危機に立たされる。

生徒会の槍居智亜からは「急ごしらえの部」呼ばわりされているが、実は他人の事はそんなに言えない。

ちなみに部室は255号室。コンピューターに詳しい椎奈には、きりのいい番号である。


イラスト部

こちらはイラストや漫画を制作する部活。編集長(部長に相当する役職)は槍居智亜(生徒会の書記と兼任)。裕美音や水葉が所属しているほか、椎奈も中学3年の春の時だけいた事があった。

5年前に漫研内の派閥争いで独立。智亜はこの当時からの部員である。当初は同好会だったが、智亜が部費を増やすために「生徒会の人とかけあってみます」という事で、自分がその「生徒会の人」になり、部に格上げさせている。


生徒会

智亜が第2書記を、マリカが自称「下っ端」をしている。テルの友達(同学年)の副会長がSNS部の部室を強引に確保したせいで、テルが智亜(当時は第7書記)と揉めてしまった。

5巻キャラクター紹介によると、書記のポストが15人あり、第4~第15書記が雑用担当とのこと。


DTM研究会

歌夜が兼部している部活。DTMは「デスクトップミュージック」の略。

部員は男子の方が多く、入ってきた部員の定着率が高い。新入部員の応対を歌夜がしているのでまあ納得。


文芸部

あやめが中学1年から高校1年までいた部活。「星屑のインテンツィオーネ(前編)」はこの当時の作品。


テレビアニメ

テレビアニメ

2016年秋アニメとして、TOKYOMXAT-XおよびBS11、さらには毎日放送テレビ愛知で放送。

アニメーション制作はSILVERLINK.が担当。


ストーリーは1~2巻に相当するが、珠輝と裕美音の過去の話を3巻から持ってくるなど、本筋以外の話は順番が前後する場合もある。


名前が魔法少女モノっぽく、歌夜の配役配役なので、アニメ公式Twitterアカウントに

間もなく第3話放送です。誰も死ぬことはないので、安心してご覧ください。

と言われてしまう。ニコ生で放送時間の近い魔法少女バトロワを意識しているのだろうか?


製作スタッフ

監督川面真也
シリーズ構成志茂文彦
キャラクターデザイン古川英樹
アニメーション制作SILVERLINK.

主題歌

オープニングテーマ

「God Save The Girls」(第1話~第11話、OVA)

作詞:岩里祐穂

作曲・編曲:kz

ストリングスアレンジ:真部裕

歌:下地紫野


エンディングテーマ

「ヨナカジカル」(第1話~第11話、OVA)

作詞:黒木人生

作曲:ここのか

編曲:R・O・N

歌:たまきとゆみね(長縄まりあ前川涼子


挿入歌

「プ・レ・ゼ・ン・ト」(第7話)

作詞:真名杏樹

作曲:小島航平

編曲:川田瑠夏

歌:下地紫野


各話リスト

話数サブタイトル
第1話スタート地点
第2話たのしい創作
第3話伝導アイテム
第4話スキルアップ
第5話カウントダウン
第6話そくばいかい
第7話はじめての思い出
第8話デバッグなめたらダメだよ?
第9話スキルアップその2
第10話精密機械
第11話お困りですかお嬢さん
第12話もう一度スタート地点

余談

余談

タイトルについて、単行本1巻(アニメでは第5話)で、

・各人が素材(絵・CG/シナリオ/音/システム)を集めるだけではゲームの完成は困難。

・全体を統率する役職(スケジュール管理・雑用・マネジメント他)があって、初めてうまく回っていく。

・この現象を「星型(ステラ)の魔法」と呼ぶ。

と椎奈が説明しているが、星の頂点のうち2つが同一人物であるためか、原作ではあやめは「? うん」とあまり納得せず、4コマタイトルで「ムリヤリすぎない?」と突っ込まれている。

アニメでは、珠輝が入ってから初めてのゲームのタイトルも「ステラのまほう」になった事もあり、突っ込まれずにいい話扱いされている。


作内世界には「ピックシー」というpixivみたいなイラスト投稿サイトがあり、裕美音や珠輝も絵をアップロードしている。珠輝好みの「かっこいいおじさま」タグが付いた絵もあるのだが、現実のpixivでは(2016年10月現在で)そのようなタグは確認されていない。


関連動画

関連動画

PV第1弾


PV第2弾


関連タグ

関連タグ

まんがタイムきららMAX 同人ゲーム 部活動 / 部活

イラスト シナリオ プログラム


NEWGAME!:出版社、舞台は違えどゲームの製作現場を題材にしている事等の類似箇所あり。きららファンタジアではどちらもサービス開始当初から参戦、共演している。


表記揺れ

ステま:略称


カップリングタグ

ゆみたま/たまゆみ たまかよ


関連記事

親記事

子記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • 【ステラのまほう】ステまゾンビサバイバル

    【小説】ステラのまほうでゾンビサバイバル③

    【あらすじ】 裕美音がゾンビになった。 前回 → http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7573516 次回 → http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7579462 はじめから → http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7570280
  • 前進

    裕美音ちゃんの誕生日SSです。(フライング?気にするな) 闇要素はありません。DDR要素もありません。
  • 【ステラのまほう】手紙【ゆみたまSS】

    診断メーカー様『幸せにしてあげて(https://shindanmaker.com/524738)』より。 貴方は創作意欲がわいたら『メール(手紙)のやりとりを楽しくしているゆみたま』をかいてみましょう。幸せにしてあげてください。 とのことなので書かせていただきました。 小学生時代のたまちゃんと裕美音ちゃんのお話です。
  • 珠輝のそぼくな疑問(お試し版)

    サンクリ 2017 Summer で、発表したステラのまほうの二次小説のお試し版です。 2018年3月11日のサンクリ 2018 Spring で(もしサークル参加できたら)、在庫がまだあるので既刊本として頒布する予定です。 主人公の珠輝が、ゲームについていろいろ考えたり、悩んだりするストーリーです。
  • 子供の頃の思い出

    皆さんどうも、宵月です。 今回はステラのまほうで本田のたまちゃんと裕美音ちゃんのお話です。百合です。(断固たる決意 まぁ、苦手な方もいると思うのでそこら辺はタグとかちゃんと見て回避してください。僕に文句を言われても困ります。 さて、僕がこんなお話を書くようになったのはある人のせいなのですが……これは言わないでおきましょう。 では。
  • ほりでー!かいそく!

    ほりでー!かいそく! 第13話 冠の野望

    あおっちたちが別作品でバトルしてからDスペースZEROは一気に有名に…それを聞きつけた冠はSNS部と情報処理部のみんなと別作品の世界へ行くことに… 千石冠「久しぶりのコラボだよ。」
  • 【ステラのまほう】たまきラブストーリー

    たまきラブストーリー(上)

    「ステラのまほう」の二次創作小説です。たまちゃんメインの恋愛ものです。 中 → https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9605254 下 → 同人誌限定 【注意】  この小説は、きららMAX2018年6月号までのネタバレを含みます。 https://kanbarahayao.booth.pm/items/965182
  • 思いついたもの

    てるたまオーバードーズ#2‐2

    はい、ファレンです。 てるたまODですがまだ全年齢です。はやくえっちなパート書きたいのはほんとそうなんですが、よく考えたら中学生のときに書いた不死身娘の百合以来ですね。当時かぐもこにハマってたんですよ。 まあともかくとして、てるたまですよ。 たまに読み返すと、やっぱり面白いんだよなぁステま。後半ゲーム制作要素が気持ち少なめな以外不満ありません。 まあそもそも、ワタシ的解釈としてはステまってゲーム制作をツールとしているだけでゲーム制作の話ではないのかもしれません。みんな行動力オバケですしね。(特にイラスト部の面々) 私はてるたま推しですが、実を言うとたまちゃんハーレムだと思っています。 そもゲーム制作が役割分担である以上たまちゃんの物語は理転を決意したあたりで完結していて、EXステージ味もありますよね。 9巻なんかはしーちゃんと池谷から始まり、しーちゃんと池谷で終わったのもそういうことかもしれません。 えっちなシーンはいつ出てくるんだよとお思いの皆々様、わかりますよその気持ち。私も全く同感です。 これあれですね、エロ漫画をどうしてもストーリー仕立てにしちゃう病と同じですね。 前置き要らなくねと思っても付けちゃうやつ。 そもそもこう、昨今の肉感ドーン! みたいなのり全てに適用スべきではないと思うんですよ。 冷静に考えて性器は機能であり、そこから得られる情報はたかが知れています。もっとこう精神的な…… わかるかなぁこの。 某雑誌とかの連載がなーんか腑に落ちないのはそこで、コマとして面白いかより先に肉感的表現が全面に出ていているの、たまにありますよね。 まあ面白ければ良いのですが欠点はあるものですし。 この話語りだすとキリがないのであれですが「恋愛感情が性交システムの一部としても組み込まれているのはそうなんですが、それ以外も色々あるよね」ってことです。 つまり私は関係性萌えなんですよ。 皆さん、スロスタの11巻読みました? 法律が変わってなければ実質結婚でしたよあれ。 そういうことです。 そういうのが良いのです。 しおんちゃんのおっぱい、大きいですね。 でもあれって「胸が大きいという身体的特徴」に終始されていて、そこが良いなぁとも思うのです。 みんな好きですがたまちゃんや万年お姉さんが好きです。 セックスは手段であって目的ではないはず……やが君とかそういう描き方だったよね。 私は佐伯先輩の「そこまで惨めにはなれないわよ」が大好きなんですよね二期はよ。 これ書いてるときはBremenとか聞いていました。かっこいいですよ。 最近LADYも気になっています。 あとは某アンドロイド漫画の先生のお早い復活と、某人造人間漫画の先生の配信時間の正常化(起きてるかあんな時間!)を祈って、このキャプションの締めとします。 不慣れな論文みたいですね。昔から文系科目は得意で、文章で苦労したことはないかもしれません。 ここまで読んでくれた人に質問なんですが、最近変身を読んだのでカフカのおすすめ(小説でも解説でも)か、ニーチェのおすすめを教えてください。
  • 思いついたもの

    てるたまオーバードーズ#2 

    こんばんは、ファレンです。えっちなてるたまを書きたくてまた筆を取りました。 基本的にDice into moonの方は2000文字くらい溜まってから投降したいのでもうちょい待ってください。 息抜きに書くには面白くなってきそうで困っていますが、まあ三話くらいで終わるんじゃないかな? あとえっちなてるたまとは言いましたがその、あだしまのえっちな回くらいというか手段としてのえっちなのであしからず。百合でメインにエロを持ってこない場合の金字塔はやはりスロスタだと思うんですよね。 最近はamazarashiさんの「リビングデッド」にハマっています。動く死体というテーマはそれなりに私の作品にも出てきますし結構中核ですが、単純にめちゃめちゃかっこいいですよ。 あとシャロの絵ですが、難航しています。こだわりすぎています。 らくがきというやつをやってみようかと。居ますよねバンドリとかで思いついたシーンだけ下書き+色で投降してくださる人。 ラスター使わないでいい感じにならないかな。私の創作って最初はアナログから始めているので多分出来ると思うのですが あ、それと最近はゲーム作ってます。某パル世界あるじゃないですか。そうじゃなくても電磁波運ゲーは私のやりたいポケモンじゃないので自分で作ることにしました。 今は抜群でダメージを倍にする処理が完成して喜んでいます。 道は遠いですね。
  • ひだまりのまほう お試し版

    サンシャインクリエイション2018Springに新刊として、発表する作品のお試し版です。 本田珠輝とゆのが、出会う不思議な小説です。
  • ネジを巻かれて動く仕組み

    以前ステま合同に投稿させていただいた、百武照の小説です。ステま原作読んだときに動かすならこのキャラしかいない!と駆り立てられて書いたのは良い思い出。
  • 【ステラのまほう】彗星の青写真

    【C96新刊サンプル③】夏コミで、藤川さんと

    「ステラのまほう」の二次創作小説本「彗星の青写真(2019夏コミ新刊)」のサンプルです。 最初から読む → https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11436577
  • ステラのまほうせんし

    裕美音に宣言

    DQウォークを始めたことを裕美音に話す珠輝。 そして、どこで聞きつけたのか、水葉も珠輝に対抗するようにDQウォークをプレイすると言う。 珠輝のDQウォークのプレイは続いていく。
  • わすれもの

    ※今回のは人を選びます。直接的なものはありませんがキャラクターの死ネタ及び病み展開が苦手な方はお読みになられない方がよろしいと思います こんにちは、宵月です 最近は暑いですね、僕はクーラー苦手なんですけど、どうしてもクーラーがないと死んでしまうのでしぶしぶつけてます。扇風機欲しい さて今回の作品は僕の好きな物全開で書きました。 いや、いつもだろって言われたらそうなんですけど、普段とは少し嗜好を変えてみました。 ちゃんと初めに注意書きもしたのでこれでなんか文句つけてくるような人がいたら全面戦争します では、皆様も暑さと台風などにはお気をつけください。
  • 白夜のまほう

    ふよんちゃんのグツグツした悪夢のお話です。 ステラのまほうにおいて『白夜』というワードは凄く重要なモノであると勝手ながら思ったので、タイトルに使わせていただきました。 原作のセリフやワードを7割くらい使って、繋ぎ合わせたパッチワーク同人小説です。
  • かいそく! みんなにありがとう編

    かいそく! 第134話 元部長の狙い

    今日は百武照の誕生日。照は何かを狙って烏丸先生にバトルを仕掛ける…しかし、バトルコースに横須賀線を選んだわけとは…? 百武照「最近短めでごめんね~。これでも年末までの予定は決まってるんだけどね。」 ※小田急8000形の画像はWikimediaから引用。
  • 記憶の鍵

    ステラのまほうのSSです。はーちゃんが記憶喪失になる話です。 キャラ崩壊等々注意(覚悟)して読んでください。
  • 【ステラのまほう】 私 【ゆみたまSS】

    『ステラのまほう』のSSです。 内容は重いです。重いのが苦手な方はご注意下さい。 また、一部キャラクター崩壊などがあります。ご了承下さい。 後日、番外編を書く予定です。
    24,801文字pixiv小説作品
  • まんがタイムKRコミックス作品の特徴を挙げてみた

    タイトル通りです。 異論は認めます。 何か意見がありましたら、コメントへ特徴をあげてください・・・。暇な時に
  • 照先輩の星結晶

    きららファンタジア時空での照・歌夜です. 今回のイベント「エトワリアの歌姫」ですが,前回や前々回のイベントと違って,レベル70ミッションのキャラと☆5のキャラが別人なんですよね.ということから着想して勢いで書いた.

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    善良な不良高校生の日常

    立葵

    読む
  2. 2

    おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  3. 3

    クールなふたりは見かけによらない

    道雪 葵

    読む

pixivision

カテゴリー