ピクシブ百科事典

可愛いだけじゃない式守さん

かわいいだけじゃないしきもりさん

『可愛いだけじゃない式守さん』とは、真木蛍五氏による漫画作品。
目次[非表示]

概要

不幸体質な高校生・和泉と、その恋人であり文字通り『可愛いだけじゃない』式守さんとの日常を描いたショートラブコメディ作品。
当初はTwitter上に公開された短編だったが、後に講談社の漫画配信サイトである『マガジンポケット』にて連載が決定した。
2019年2月2日より連載開始。既刊7巻。
動画工房の手によりアニメ化されることが内定している。

登場人物

  • 和泉

CV:山下大輝
本作の主人公。高校二年生。
不幸体質で何かと災難を引き寄せやすく、本人の間の悪さや鈍臭さもあって碌な目に合わないことが多い(家にトラックがぶつかったこともあるらしく、その時の傷跡はまだ残っている)。
一方で根は真面目で善良。困っている相手は放っておけず、相手を無自覚に褒める天然。
運動は苦手で身体も弱いが学業は優秀。料理を得意としており、他にも所謂『女子力』と呼ばれるものが総じて高いため、犬束には『女だったら恐ろしくモテただろうな』と評されている。
恋人である式守に対して『男らしく』リードしようと試みるが、基本的に上手く行かずにむしろ式守に助けられたり揶揄われたりと振り回されている。
『男らしさを見せる』という意味では空回りばかりだが、実はその天然さで彼自身が式守をときめかせたり、結果として振り回していることも少なくない。
友人達は彼を名字で呼んでおり、両親には「ゆう」と呼ばれているだけで下の名前は不明。
映画はバディものが好きでホラー系は苦手だが、スプラッター系は大丈夫らしい。

  • 式守
CV:早見沙織
表題にもなっている本作のヒロイン。高校二年生。和泉の恋人。
普段は可愛いが、いざという時は和泉を守るイケメンとなり、その度に彼をときめかせている。
極めて身体能力が高く、和泉を助ける際に役立てている他、球技大会で大活躍して校内にファンを一気に増やした。学業においてもかなり優秀だが、料理は苦手でやや不器用なところもある。
日頃から頼りがいがあり情に厚く、同時に健気でいじらしい性格。一方で、和泉が絡むとかなりやきもち焼きで、彼の親友である犬束に対抗意識を燃やしたり、彼が見惚れた(モデルの腹筋に感心していた)水着ポスターに嫉妬したり、彼が助けた小学生にキスされた時にはショックを受けたりしている。
和泉とは同学年だが、"さん"付けで敬語で話す。これは自身の祖父母の雰囲気や関係に憧れているためで、友人とは普通に会話している。幼少期は兄にべったりだったご様子。
猫崎が『みっちょん』と呼んでいるが、正確な下の名前は不明。兄と『カラ』という名前の飼い犬(シェパード)がいることが分かっている。
ホラーサスペンス系の映画は好きだが、アクション映画は画面酔いしてしまうため苦手。

  • 犬束 秀
和泉たちのクラスメート。明るくてノリが良く、遊ぶことが大好き。決して優等生ではないが、さぼりが嫌いで真面目な面も持つ。また、何かと察しが良く気遣いもできる男。
式守を除けば一番和泉と一緒にいることが多く、必然的に彼の不幸に巻き込まれることも少なくない。
ただ、式守ほどの身体能力はないため大抵一緒に(あるいは代わりに)ひどい目に遭う。
『和泉の親友』という立ち位置からか式守に一方的に対抗意識を燃やされている。

  • 猫崎 享
和泉たちのクラスメートで式守の友人。バレー部所属の生粋の体育会系で、普段は余裕な表情を見せているが、実際は表情豊かで人懐っこい性格。泣き上戸で、感極まるとすぐに泣く。
式守と同様に抜群の運動神経を誇り、実は学校内にファンも多い。ただし、勉学においては赤点ギリギリ。
式守や八満といることが多いが、後に犬束や和泉ともつるむようになる。和泉のことは当初『(式守の)カレピ』と呼び、『友人の恋人』として扱っていたが、直接交流するようになってからは友人として接している。
犬束とはノリが近いからか、遊びでは互いに張り合ったり、遊びの計画の中心になることが多い。

  • 八満 結
和泉たちのクラスメートで式守の友人。表情筋が死んでいると表現されるほど無表情で、何を考えているかわかりにくくマイペース。
ゲームが大好きな生粋のインドア派だが、川遊びのようなレジャー系や運動系の遊びにも参加する。
運動は和泉以上に苦手で、勉学も猫崎同様赤点ギリギリだが、ゲームは得意で対戦ゲームでは式守ら四人を圧倒した。
実は周りのことをよく見ており、和泉のことは『式守が選ぶほどいい奴』と評している。

  • 狼谷
バレー部エースの高身長な女子。クールで誰にでも優しいため男女共に人気があり、周りには常にギャラリーができるほど。和泉とは一年生の頃に同じ図書委員で知り合い、二年生でも図書委員をしている。
クラスでも部活でも人に囲まれて休まる暇がないため、図書委員として図書室で過ごす和泉との静かな時間が好きらしい。

  • 和泉 許子
和泉の母。不幸体質で抜けているところも多い息子を心配している。しかし、本人には自覚がないが彼女自身がかなりマイペースで天然であり何かと鈍臭いため、式守からは『血筋を感じる』と評されている。
和泉が式守を家に招いた際に彼女の和泉に対する想いを聞いて以降、彼女の事を大変気に入っており、二人で料理教室に行くなど半ば友人のような関係を築いている。
実家は福井であり、夫とは学生時代からの付き合いで、単行本では若い頃の二人の姿が描かれている。

  • 和泉 明貞
和泉の父。年齢を全く感じさせない妻とは対照的に、割と年相応な外見。息子や妻と同じく天然でマイペースな雰囲気を纏っているが、さりげなく彼らをフォローする一面も。
式守と和泉の仲を応援しており、家に式守が招かれた際はゲームを通じて彼女と友情を育んでいた。若い頃は柔道をやっており、今でも和泉と式守を同時になんなく担げる体力を持っている(許子曰く、昔は四人担げていたらしい)。単行本では、妻と今でも仲睦まじいワンシーンが描かれている。

  • 式守さんの兄
妹が美人なだけあってかなりのイケメンだが、顔に似合わず人見知り。逆ナンされた際にはしどろもどろで断ることすらできていなかった。しかし、妹の前では昔も今も立派な兄であり、妹からは「兄さん」と呼ばれている。

関連動画



関連リンク

可愛いだけじゃない式守さん - 真木蛍五

関連記事

親記事

マガジンポケット まがじんぽけっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「可愛いだけじゃない式守さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167042

コメント