ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

原作者は中武士竜。絶望コンペ通過作として別冊少年マガジンにて2020年4月から11月まで連載、その後マガジンポケットに移籍した漫画作品。現在単行本6巻まで発売。
凄惨ないじめの末に家族を奪われた主人公による復讐をテーマとしており、制裁の手段や内容はグロテスク気味な描写が多い。また、『ミスミソウ』と共通する設定が少なからずあるため一部のユーザーから「令和版ミスミソウ」と評されている。

あらすじ

漆間俊は、小学6年生。最近の悩みは同級生の5人組にいじめられていること。でもお父さんとお母さんと弟、それにちょっと顔が怖いおじいちゃんがいるから大丈夫。心優しい少年に、底しれぬ悪意が迫る…!!絶望から始まる新感覚サスペンス!!

登場人物

漆間俊

十字架のろくにん いじめるヤバい奴 復讐の教科書 から3人


(※中央の人物)

この作品の主人公。橋田小学6年→明関高校1年。
家族に父と母、弟、祖父、伯父、伯母がいる。
小学5年生になってからすぐに「実験体A」として至極達から「体中に落書き」「集団リンチ」「改造エアガンで撃たれる」といった凄惨ないじめを受け続ける。
弟の翔をはじめとした家族のためにそれらを隠して振る舞ってきたが、六年生のある日翔からの慰めにより家族に全てを打ち明け転校するはずだった。至極達5人に家族を奪われるまでは……
両親は死に翔は変わり果てた姿で意識不明の寝たきりになり絶望する中、伯父と伯母の誘いを断り祖父の元に身を寄せる。
そこで祖父の過去を知り、同じくして家族の死の真相を知った祖父によって鍛えられる。
元特殊部隊出身の祖父から鍛えられたのもあり高校生になる頃にはチンピラ数人を余裕で圧倒する高い身体能力に殺人技や特殊な技能も会得し、敵には徹底的に非情になれる精神を身につけた。一方で家族はもとより東や白川兄弟といった親しくなった相手にはリスクを無視してでも助けようとするなど元来の優しさも残っている。

漆間の家族

漆間翔
俊の弟。
兄想いの優しい少年だったが、至極達の計画により家族で乗っていた車を崖から落とされて両親を殺され、何とか無事だった自身も至極により石で殴打された末に放火されたことで意識不明の寝たきりの状態に陥ってしまった。
本編では長い間そのままの状態で過ごしていたが65話のラストにてついに目が覚める。

おじいちゃん(本名不明)

おじちゃん



俊と翔の父方の祖父。
広大な山を私有地に持ち普段はそこで猟をしている。
過去には呉鎮守府第百特別陸戦隊、通称〝北山部隊〟という秘密部隊に所属し殺人や拷問の訓練を受けていたこともあってか、息子夫婦からは怖い人と見られている。
家族を失い(彼の持つ猟銃を目当てに)やって来た俊を引き取ったその夜、猟銃を持ち出し至極達を殺しにいこうとする俊を見つけ、そこで家族の死の真相を知ると同時に今の俊では人殺しの罪悪感に一生苛まれることをつまらんと切り捨て、確実に俊が復讐できるように鍛え上げる。
一方で自分にとっても至極達が家族の仇なのもあり、俊の復讐や始末した相手の死体の処理などを手助けする共犯関係となる。

復讐の対象

至極京

no title



橋田小学6年→帝星高校1年。〝悪意〟担当
5人の中の司令塔にして王である中性的な容姿の美少年。
実験と称して他の4人を率いて漆間をいじめ続け、そこから逃げようとした彼への制裁として家族を奪った諸悪の根源。4人からは「京ちゃん(さん)」と呼ばれている。
公務員の父と専業主婦の母という平凡な家庭から生まれた突然変異ともいえる悪。
久我曰く通っている柔道場では小学生の時点で大人よりも強く、県下一の進学校の帝星高校に満点で合格、高校においても人望も高く学年トップクラスに運動神経抜群、一年生にして東大模試一位と天衣無縫のハイスペックさをほこる。
しかしその一方で人が出来たら一番すごい事に「理由も目的もなしに人を殺す事」という考えを持ち(漆間へのいじめもそのための実験でしかない)、他の4人の事を友と認める一方で復讐者と化した漆間により次々と仲間たちが葬られても「面白くなってきた」と仲間の死を気に留めようとせず放置するなど、その精神性はサイコパスそのもの。また、他者の中にある悪意を見出しそれをより増幅させて当人を悪の道に奔らせる人心掌握もお手の物であり、彼に目を付けられた人間は悲惨な目に遭うか悪人になると言っても過言ではない。

久我大地
橋田小学6年→明関高校1年。〝暴力〟担当
5人中最も体格が大きく2本角のような髪型をした男。
至極とはもっとも古い仲で柔道場も一緒に通っていた。
小学校時代は柔道の技の実験台として漆間に投げる締める殴るといった暴力をよくふるい血を流させていた。
小学生の頃から柔道の大会で賞を総なめし、中学では全国大会90kg超級優勝という箔を持つのもあって高校にも特待生として入学した(余談だが連載時は〝空手〟の特待生と記載されていたが単行本で柔道に修正されている)。
そのパワーは桁外れで特に握力に至っては推定180kgという化物であり、ただ掴んで投げるというシンプルな動作で多くの柔道家達を下していった。
高校では一年生でありながら柔道部をその力と暴力性で支配下に置き、部員達を重傷レベルに痛めつける、目をつけた女を強姦する、金の代わりに指を賭ける指カジノを強制するといった恐怖政治を敷いている。

右代悠牙
橋田小学6年→帝星高校1年。〝イケメン〟担当
母子家庭で育ち小学生の頃からヤリチンと呼ばれた金髪の眉目秀麗のプレイボーイ。(ヤリチンとして札付きだったのは至極と出会う前からな模様)
中学の頃には不良グループを率い、高校生になってからは学生生活の裏で麻薬売買に売春斡旋といった悪事を不良たちと尽くす根っからの悪そのもので、当然女たちに対しても売春か自分の渇きの無い性欲を満たすための道具ぐらいにしか思ってない卑劣漢。
しかし表の学生生活では好青年として過ごしているのもあり評判は良く、しかも桜葉花蓮という中3からの彼女もいたが、ある日からその花蓮が行方不明となりそれに深く落ち込んだことで学校を休みがちになってた。
彼女の失踪によるショックで再び悪の道に戻り悪事を続けていたと漆間は考えているが・・・

千光寺克美
橋田小学6年→明関高校1年。〝おもちゃ〟担当
両親は健在で一人っ子、家庭も裕福で浮いた噂は無いものの女子からは人気がある、運動は苦手だが成績は優秀と一見絵にかいたような優等生だが、その本性は三度の飯より弱い者いじめが好きでそのくせ窮地に陥るとすぐ泣く卑怯者。
改造エアガンを愛用しており、それで虫や小動物を殺したり漆間を嬲って遊んでいた。
小学4年生の頃に席が隣になったことをきっかけに漆間と友達になったものの、虫を殺す遊びを漆間が拒絶したことをきっかけに亀裂が産まれ、後に至極達を漆間と引き合わせた。
いわば漆間家の不幸の全ての元凶であり、その因縁により漆間の最初のターゲットに選ばれる。

円比呂
橋田小学6年→帝星高校1年。〝パシリ〟担当
口癖なのか「ケヒャ」という声をよく上げる。読者からも本名よりケヒャと呼ばれることの方が多い。
点数稼ぎのためなら靴すらも舐めると漆間から評されるほどの至極の腰巾着。
上記の漆間の家族を死に至らしめる計画においてはなんと至極に崖の上から漆間家の車の前まで突き落とされたものの、未だに至極を信奉している狂信者そのもの。
実質的に小物といってもいい人間性だが、高校生でありながら子供相手にガンつけて脅す、至極や久我に相手にされなかった腹いせに目を付けた中学生に洗剤を飲ませるといったことを平然とするあたり、他の面子に負けず劣らずの外道である。
また、劇中で犯したある凶行により漆間はおろか、多くの読者から大きく怒りを買うことになった

学校の関係者

東千鶴
漆間の同級生である少女。
変質者に襲われそうになったところを漆間に助けてもらったのをきっかけに密かな好意を寄せるようになる。

白川要

no title


(※右側の人物)
漆間の同級生で、校内のマドンナ的存在の美少女。
漆間とは小学校時代の同級生だが、当時漆間よりも以前に至極たち5人からのいじめの標的にされていた被害者。しかし自分を庇ってくれた漆間が新たないじめの標的となって酷くいじめられるようになり、漆間を助けようにも再びいじめられることを恐れて助けることができないまま転校が決まり、そのまま疎遠になってしまう。そして高校で漆間と再会し、その時の件を謝罪するまで強い後悔と罪悪感に苛まれていた。

白川純
要の双子の兄。漆間の小学校時代の同級生で、漆間のことは「ウルマン」と呼んでいる。

警察

安西全一
橋田警察署刑事課の巡査部長。
かつて漆間家の自動車事故の捜査に関わっており漆間が至極達にいじめに遭っていたことも確信している。
千光寺が行方不明になった事をきっかけに上記の経緯から漆間が関与しているのではと彼の周囲を探っている。

太田朝子
安西と同じ刑事課の巡査長。
明るく生真面目であり、本部に推薦してもらい昇進するという秘めた願望を持つが、変人の安西と組まされているのもあって彼のペースに振り回される苦労人。

関連タグ

マガジンポケット
復讐 拷問 いじめ

同じジャンルの漫画

復讐の教科書 ミスミソウ

関連記事

親記事

マガジンポケット まがじんぽけっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「十字架のろくにん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「十字架のろくにん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173182

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました