ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

まだ見ぬ夢を掴みたい、春日未来

アイドルに憧れ揺れる、最上静香

本気になれる何かを知らない、伊吹翼


アイドルの輝きに導かれた3人を待っていたのは、新たな仲間。

39人のアイドルたちがともに"夢"へと手を伸ばす時、

劇場(シアター)に100万の輝きが生まれる!


ミリオンライブ! 開演です!!!


概要

2013年のソーシャルゲーム『アイドルマスターミリオンライブ!』(GREE版)を発祥とする、バンダイナムコエンターテインメントのメディアミックスコンテンツ『アイドルマスターミリオンライブ!』シリーズのアニメ化作品。全12話。

公式略称は「ミリアニ」。


劇場(映画館)での先行上映

TV放送に先駆けて、2023年8月18日よりMOVIXをはじめとする全国75(※)の劇場(映画館)で、第1~3幕の3部構成で下表のスケジュールで先行上映が行われた。(※上映予定館のうちMOVIX八尾のみ、台風被害の影響で全期間休館となったため実際には74館。また、一部館では期間終了後も延長上映が行われている)

第1幕2023年8月18日~9月7日
第2幕2023年9月8日~9月28日
第3幕2023年9月29日~10月19日

各上映期間のうち2週目以降(8日目~)は、通常上映と並行して応援グッズ等の使用が許可される応援上映も上映全館で実施された。

2023年8月19日に第1幕の、同10月8日に第3幕の舞台挨拶が開催された。


放送及び配信

TVでは2023年10月から(最速10月8日~)、テレビ東京系列(全6)局BS11BS日テレAT-Xにて放送。

このうち、テレビ東京系列局とBS11では、放送開始前週(最速10月1日)に声優陣やタレントのゴー☆ジャス氏などが出演する事前告知番組が放送された。


テレビ東京系列での放送は、以前プリティーシリーズが放送されていた日曜朝10時枠での放送となる。アイマスアニメとしては朝の時間帯での本放送は、並びに、アイマスアニメの全日帯の本放送自体も"製作局基準で考えれば"(※過去に遅れ放送の関係でアイマスアニメを全日帯で放送したネット局はある)、そして、アイマスアニメが日本全国での同時放送をするのはとなり、いずれもアイマスアニメが2007年での「ゼノグラシア」から始まっていてからでの約16年半でいずれもばかりとなる。また、テレビ東京系列が一切受信不可の地域は翌日の月曜夜11時半のBS11での放送がテレビ視聴での最速となる。


特に製作局であるテレビ東京では日曜深夜に再放送も行うため、関東地区及びテレビ東京がケーブルテレビで再送信される関東地区外の一部地域では無料のテレビ放送だけで同一回が計4回も視聴及び録画が可能となる。テレビ放送の視聴や録画に拘る人は要チェックである。


一方、配信サイトも数多く用意されており、ニコニコ動画の『ニコニコチャンネル』と『ニコニコ生放送』を始め、テレビ局の動画サイトでは『TVer』や製作局運営の『ネットでテレ東』の他に、日本テレビ系の『Hulu』、フジテレビ系の『FOD』、テレビ朝日系の『ABEMA』でも配信されるという優遇っぷりである。その他はお膝元の『バンダイチャンネル』や『dアニメストア』、北沢志保役の雨宮天がお笑い芸人の春日俊彰や俳優の高橋ひかると共演しているCMでお馴染みの『DMM TV』などでも配信される。また、一部配信サイトでは配信後一週間は最新話無料となっている。


最速配信はニコニコチャンネルの同日10時30分~で、次点でニコニコ生放送の同日21時~である。一方、その他の配信先はこの2つの配信から5日後(金曜日)~11日後(翌週水曜日)であり、配信においてはニコニコ系列の優遇が目立つ。

詳細なスケジュールはこちらを参照。


ネタバレについて

TVで当該回が放映されるまでは、先行上映にて明かされたストーリーの内容などをSNS上に投稿する際は「#ミリアニネタバレ感想」のハッシュタグをつけることが公式より推奨されていた。


沿革

2020年7月4日、「ミリシタ3周年!!明日へチャレンジ!アニバーサリー生配信!」にて初めてアニメ化が発表された。

その後、2022年2月13日の8thライブ「Twelw@ve」DAY2にてプロローグイメージPVの一部が公開され、同3月27日の「AnimeJapan 2022」ではPV全編が公開されるに至っている。

2023年3月時点で、収録は既に完了していたという(クランクアップの公開映像から、2022年夏頃には完了していたとの推測もある)。


2022年10月8日には、2023年秋から放送予定と発表された。その後2023年1月14日に日本武道館で行われたライブ『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 9thLIVE ChoruSp@rkle!!』DAY1にて、放送開始時期が2023年10月と確定した。

また、テレビ放送に先駆けて、2023年8月18日から全国のシネコンの一部で全エピソードが3幕に分けて先行公開されることが発表された。


2023年8月18日より劇場での先行公開が始まり、2023年10月8日~12月24日(最速)にTV放送された。

2024年1月10日~3月29日に、Blu-ray全3巻が発売される。


あらすじ

8つの部活の助っ人に顔を出すなど忙しい日々を送るが、自分なりの夢が見つかっていない中学2年生・春日未来。彼女はある日、知り合いのおばあちゃんから人気アイドルグループ「765PRO ALLSTARS」のライブのチケットを貰い、初めてアイドルのライブを観に行く。未来は会場で、子どもの頃からアイドルになる夢を持ち続けている中学2年生・最上静香と出会う。またその会場には、765プロプロデューサーからスカウトを受けていた中学2年生・伊吹翼もいた。

ライブの幕が上がり、「765PRO ALLSTARS」のパフォーマンスとライブ独特の雰囲気にすっかり魅了された未来と静香。その帰りに、未来はアイドルになることを決意し、その夢に静香を誘う。

やがて合計39人の個性的な仲間たちと出会い、「765プロライブ劇場」を中心に活動する「MILLIONSTARS」の一員となった未来は、様々な活動や交流を経験し、アイドルデビューを目指して全力で走っていく。


設定

今回のアニメの世界線については、「これまでの『ミリオンライブ!』の歴史・世界観と地続きではないものの、それぞれの要素を取り入れて再解釈・再構築した『ミリオンライブ!』」であると説明されている(2023年3月14日の「ミリアニ765プロch キックオフ生配信」にて明らかになった)。


放送開始以前時点で、ミリマスには、GREE版『ミリオンライブ!』及び『シアターデイズ』という2本のゲーム、及びゲッサン版『ミリオンライブ!』や『Blooming Clover』『Brand New Song』を代表格とする複数の漫画作品が存在しており、更にミリマスではない作品も含めると、アニメ版『アイドルマスター』と地続きの世界線である劇場版『輝きの向こう側へ!』や、ゲーム『スターリットシーズン』などにもミリマスのアイドルが登場している。

しかしながら、これらは共通点の多寡はあれどいずれも「パラレルワールド」の世界線として定義・展開されている(ミリマスだけではなく、アイマスでは基本的にどのブランドでもこうである)。


例えば2023年3月25日の「AnimeJapan 2023」で公開された世界設定として、「『輝きの向こう側へ!』に登場したバックダンサー組の7名は『一期生』という立ち位置で登場する」というものがある。これは、七尾百合子公式サイトの人物紹介における「ステキな"先輩"を目指して奮闘中」という表現や、各アイドルのブロマイドが貼り出されているカットにおいて上述の7名の写真のみが他メンバーのものと分けて掲示されていることなどからも公開前の時点で読み取れる。

また、劇場版に登場したプロデューサー(いわゆる赤羽根P)が「チーフプロデューサー」に昇格しつつ再登場するなど、『輝きの向こう側へ!』の世界線と地続きなのでは?と推測できる描写が多く見られる。

しかしながら、仮に本当に『輝きの向こう側へ!』の世界線と地続きであるとした場合、「秋月律子がアイドルではない(プロデューサー専任である)」という、ミリマス単独の作品ではただの一度も採用されたことのない設定を導入しなければならなくなる。他にも、赤羽根Pに関しては劇場版ラストシーンとの整合性の問題も発生する。(またそもそも、劇場版ではバックダンサー組とそうではないMILLIONSTARSのアイドル同士が同じオーディションを受けている描写もあり、「一期生」という設定が劇場版設定を如実に反映したものとも言い難い)

よって、本作を『輝きの向こう側へ!』を含む「それぞれの要素を取り入れて再解釈・再構築した」世界線、要は例によって「パラレルワールド」とすることで、こういった齟齬や矛盾を和らげていると考えられる。


本作固有の設定

『シアターデイズ』における「39プロジェクト」(39PROJECT)に相当する、物語の中核となるプロジェクトであり、765プロに新たに多数のアイドルを加入させデビューさせる企画。


  • 新任プロデューサーのキャラクターデザイン。
  • 竣工前の劇場のビジュアルなど。
  • 可奈が春香への呼称を「春香さん」から「春香ちゃん」へ改めようとしている。
  • 未来や静香から百合子への呼称が呼び捨ての「百合子」である理由。

他作品からの輸入設定・展開など

※数が多いので、主要なもののみ記載。

※これらの作品間でも設定の輸出入は多いが、初出となった作品のみについて記載。

(随時追記)


GREE版ゲーム『ミリオンライブ!』

  • 未来がアイドルになることを決めたきっかけが初ライブを観たこと。
  • ワンシーンのみ登場の衣装の多く(未来の茶道時の和服など)。
  • てづくりのぶどーかん」の基本概念。
  • 始まりの曲としての「We Have A Dream」。
  • いわゆる「ロケット団」。

シアターデイズ

  • 765プロライブ劇場の立地や周辺の景色を含めた総合的デザイン。(大元の原案はゲッサン版)
  • 名前のテロップがガシャにおけるものと同じフォントやデザイン。
  • サブタイトルテロップのデザインがコミュのタイトルと同じデザイン。
  • 一部BGMがゲームから借用。
  • MILLIONSTARSの写真が壁に貼られているシーンで、一期生の7人、一期生とTeam8th以外の27人の並び順が、それぞれの枠組み内においてシアターデイズにおけるメインコミュ1周目の登場順と同じ。
  • 衣装「シャイニートリニティ」(想像内のみ)。
  • 少し慌てがちな未来父とあらゆることに寛容な未来母の性格。
  • 翼のスカウト経緯。
  • 不死鳥探偵シリーズ(百合子のメモリアルコミュ)。
  • MILLION THE@TER GENERATION」シリーズなどの劇中劇。

アニメ版『THE IDOLM@STER』/劇場版『輝きの向こう側へ!


ゲッサン版漫画『ミリオンライブ!』

  • 765プロライブ劇場のデザイン原案。(立地は異なる)
  • 4月1日が火曜日になる暦(2014年など,漫画では2014年確定)。
  • 未来が複数の部活を掛け持ちしている。
  • 未来と静香がジャングルジム(付近)で夢について語り合うシーン。
  • 白馬の模型に乗って登場するまつり。
  • 室内でキャッチボールをする昴と海美。
  • 静香から志保への呼称に関する設定。
  • 遊園地での観客が興味を持たない公演に関するストーリー。
  • 静香の背中に羽が生える演出。
  • クリスマスの集大成ライブ。

Blooming Clover

  • 北沢陸(りっくん)の名前などの設定。
  • 第6話での紬と歌織の登場シーン。
  • 未来や翼が静香の親に静香についての頼み事をしに行くシーン。
  • Clover Days」のジャケット。

Brand New Song

  • 百合子らが加入してから当該回の時点で半年が経過したという設定。
  • 桃子とこのみが姉妹で探偵という設定の劇中劇
  • 百合子・桃子・このみによるユニットのCD。

その他の漫画作品

  • 『LIVELY FLOWERS』より、春香と未来が2人きりで誰もいないステージで語り合うシーン。
  • 天色のアステリズム』より、「アステリズムの天」という作中雑誌のコラム。

実際のライブ・声優関係など

  • 幕張メッセで行われた765ASのライブ
  • 765ASのライブの物販で販売されていた映像商品がアイマス9thライブのもの。
  • 未来が覗いているプレゼントボックスが美希宛のもの。
  • 「ぶどう+缶=武道館」という4thライブBD特典映像で登場したダジャレ。
  • の居る食卓に登場する山盛りの唐揚げ。
  • Sentimental Venus」に関する2ndライブ発祥の一連の流れ。

その他

  • 更衣室のデザインが4thライブで公開されたPVのもの。
  • デビューバトルの美咲と小鳥の司会のデザインがパチンコ版に類似する。
  • 次回予告のBGM「TOWN」(通称:てってってー)。

登場人物

2023年1月14日の情報公開にて、「MILLIONSTARS」の39名の全員登場が発表された。また、高木順二朗及びプロデューサー(当時は役柄未発表)の会話も流されていた。

※()内の数字Xは第X話に登場したことを示す。


MILLIONSTARS


765PRO ALLSTARS


765プロダクション関係者(アイドル以外)

名前CV
プロデューサー中村源太
チーフプロデューサー赤羽根健治
青羽美咲安済知佳
音無小鳥滝田樹里
高木順二朗大塚芳忠
早坂そら杉山里穂
善澤記者星野充昭
詩花高橋李依
ダンストレーナー/観客(5,8)三重野帆貴
ボーカルトレーナー/女の子(2)/観客(5)三上由理恵
現場監督(現場大臣)堀総士郎
工事スタッフ(3)/(※A)木村隼人
工事スタッフ(3)木暮晃石
男性スタッフ(9)長谷徳人
男性スタッフ(9)多田啓太
スタッフ(12)岡本幸輔
スタッフ(12)藤井隼
スタッフ(12)上西哲平

(※A おじいさん(2)/観客(5,8)/記者(6)/スタッフ(12))


アイドルの家族・関係者

名前CV
春日未来父金光宣明
春日未来母/(※B)大井麻利衣
最上静香父柳田淳一
箱崎星梨花父三宅健太
ソフト部女子部員(1)朝日奈丸佳
ソフト部キャプテン(1)本泉莉奈
おじいちゃん(1)田中完
おばあちゃん(1)滝沢久美子

(※B ソフト相手部員(1)/会場アナウンス(1)())


その他

名前CV
母親(2)/観客(5)小針彩希
記者(6)植木慎英
カメラマン(7)/観客(8)白石兼斗
観客(8)長岡龍歩
観客(8)若林佑
観客(8)荻野葉月
観客(8)久遠エリサ
観客(8)水野亜美
主催者(10)野沢聡
母親(10)本間沙智子
妹(10)柴田芽衣
姉(10)中井美琴
女性アナ(11)/女の子(12)竹内恵美子
チュパカブラ???

姿や名前のみが登場した既存キャラクター

  • 伊吹翼の兄(第2話)
  • 北沢陸(第2話)
  • 北沢志保の父(第6話)
  • 玲音(第12話)

登場楽曲

プロローグイメージPV

歌:MILLIONSTARS


オープニングテーマ

歌:MILLIONSTARS


挿入歌

歌:765PRO ALLSTARS / 最上静香


歌(第2話):春日未来最上静香伊吹翼 / MILLIONSTARS


(BGM)


歌:春日未来最上静香伊吹翼望月杏奈七尾百合子箱崎星梨花徳川まつり


歌:MILLIONSTARS


歌:MILLIONSTARS Team1st


歌:MILLIONSTARS Team6th


歌:如月千早 / 最上静香


(BGM)


歌:如月千早最上静香北沢志保箱崎星梨花


歌:最上静香


歌:ジュリア / MILLIONSTARS Team7th


歌:MILLIONSTARS Team6th


歌:徳川まつり


歌:松田亜利沙


歌:MILLIONSTARS Team5th


歌:望月杏奈豊川風花横山奈緒


歌:白石紬


歌:桜守歌織


歌:MILLIONSTARS Team3rd


歌:MILLIONSTARS Team8th / MILLIONSTARS


エンディングテーマ

歌:MILLIONSTARS


歌:MILLIONSTARS


(BGM)


歌:MILLIONSTARS Team2nd


歌:MILLIONSTARS Team4th


歌:765 MILLIONSTARS


歌:伊吹翼 / 永吉昴福田のり子舞浜歩


歌:MILLIONSTARS


各話リスト

※TV放送日は最速となるテレビ東京系列での放送日。


制作スタッフ

企画・製作・原作バンダイナムコエンターテインメント
監督綿田慎也
CG監督塩谷大介
シリーズ構成・脚本加藤陽一
キャラデザイン(※1)石井哲哉,蔦佳穂里
コンセプトアート白田真人,緒方菜海,肥田竜二
美術・設定坂本夏海
美術ボードビッグ・スタジオ
色彩設計滝川ひかる,佐藤美由紀
撮影監督織田賢太郎
編集齋藤朱里
音響監督菊田浩巳
音楽ランティス
協力バンダイナムコスタジオ
アニメーション制作白組

(※1 アニメーションキャラクターデザイン)


その他・余談

※原則として上節「設定」と被らないものを記載。

※各話単体におけるものは上節「各話リスト」における各話の記事を参照。


  • ゲーム『シアターデイズ』ではアニメ先行上映に合わせ、2023年8月18日より「ANIMATION STAGE」というゲームシーズンを展開している。もちろんシアターデイズではそれまでアニメ版とは異なる世界線でのストーリーが展開されてきたが、このシリーズにおけるストーリーは既存のものと異なるアニメ版の世界観で展開され、通常はプレイヤーそのものであるプロデューサーもアニメ同様の2人が登場する。
    • また各話のTV放送後に、「NoMake!」という各話のサイドストーリーを描いたコミュが配信されている。基本的にプロデューサーやチーフプロデューサーなどスタッフ陣が話の中心であるが、アイドルも登場することがある。

  • 放映前の2023年1月14~15日に開催された『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 9thLIVE ChoruSp@rkle!!』の開演前時間にて、作品内で使用されるクラップ音源の収録が行われた。少なくとも第1話の音源として使用されている。

  • 監督の綿田慎也は『ガンダム』シリーズあるいは『アイカツ!』シリーズのイメージが非常に強いが、実はGREE版の事前登録の頃(2013年)から『ミリオンライブ!』に(当初は顧客側として)関わっていた人物であり、少なくともオフィシャルの動きは大体把握していると明言している。
    • これまで多くの媒体で展開されていた様々な物語の要素を絶妙なバランスで取り入れた脚本や諸々の演出には第1幕の頃から称賛の声が相次いでいたが、第3幕の頃になるとあまりの緻密さに称賛を通り越し「こんな要素まで拾ってくるのは逆に怖い」といった畏怖の声すら見られるようになっている。
    • 脚本家の加藤陽一よると、綿田氏が監督に選ばれた理由は、加藤氏が「綿田さんがPであることをキセキ的に知っていた」から。しかし綿田氏はPであることを公表しておらず、それを知っていたのはアニメ業界でもほんの数人程度だったとか。

声優関係

  • 未来父を演じた金光宣明氏はアニメ『シンデレラガールズ』にて江戸切子職人を演じている。
  • ダンストレーナーはアニマス・劇場版からデザインを引き継いでいるが、CVは変更されている。
  • 未来にチケットをあげたおばあちゃんのCVは滝沢久美子氏だが、放送開始より1年以上前の2022年6月11日に亡くなっており、本作が最後の遺作となった可能性が高い。

関連動画

ノンクレジット版オープニング


本予告PV


ティザーPV & 先行上映特報


プロローグイメージPV


関連タグ


外部リンク

関連記事

親記事

アイドルマスターミリオンライブ! あいどるますたーみりおんらいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185098

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました