ピクシブ百科事典

徳川まつり

とくがわまつり

「アイドルマスターミリオンライブ!」に登場するわんだほー!でびゅーりほー!なお姫様アイドル。
目次[非表示]

「ほ?あなたがまつりをわんだほー!な姫にしてくれるのです?」
「こんなに素敵なプロデューサーさんがいれば、まつりの未来はわんだほー!なのです。」

プロフィール

タイプVisual(ミリオンライブ)/Princess(シアターデイズ)
年齢19歳
誕生日2月4日
星座みずがめ座
身長163cm
体重44kg
BMI16.56
スリーサイズB:85/W:59/H:85
血液型AB型
利き手
出身地愛知県
趣味マンガ集め
特技演技
好み焼きマシュマロウミウシ
CV諏訪彩花


※出身地についてはシアターデイズのみハッキリとしており、GREE版では事務所から電車で30分の外国(本人談)。住んでいる場所が電車で30分の外国なのか、それとも嘘だったのかについては不明。

概要

まつり姫


 大きなリボンロリータファッションが特徴的な19歳のお姫様アイドル。
 一人称は基本的に「まつり」「姫」「まつり姫」。口癖は「ほ?」であり、純粋な疑問以外にも「わんだほー」「びゅーりほー」「はいほー!」などの使い方も。
 ふわふわとした独特の雰囲気を持ち、天海春香田中琴葉など、基本的に年上の相手には「さん」付けするアイドル達からも「まつりちゃん」と呼ばれている。
 「まつり、少し喉が渇いたのです。…ね?」等、「言わなくてもわかるだろ察せよ」的おねだり法をよく用いるのも特徴。
 そんなふわふわした雰囲気の反面、運動神経が特に秀でており、真や海美とタメを張るかそれ以上のフィジカルを持つ
 時たま一人称が「私」になったり、「~です」の語尾ではない普通のしゃべり方になることがあり、気を許した相手には、「姫」としてのまつりではない姿を見せくれる描写もある。
 大切ながいる様で、この性格はそこに関係あるのかもしれない。

 彼女の好きなものから由来して、自らをウミウシと名乗る担当プロデューサーもいるとかいないとか。
 アイドルの理念が近い天空橋朋花とは、ライバルで時に競いながらもお互いを認め合っている。

GREE版では

 イベント「風雲!アイドルキャッスル!」では城主役を務めた。
 まだ、イベント「激闘!NAMCOアイドルサッカーフェス2013」では、姫なのでスポーツはよく判らないと言いながら、無回転シュートを放ちハットトリックを決める活躍を見せた。
 さらには「大激闘!765プロ野球!」でも軽々とホームランを決めてみたりトリプルプレーを出してみたりとプロ選手も真っ青な活躍をしている。いったい何者なのか…。
 最近になって裏で結構練習していることがわかり、身体能力だけでなくそれなりの努力があってのものである。まつり本人はそれを隠したがっているのだが
 イベント「生っすか!?サンデー×50」では、大量の(プロフィールに書いてある好物なはずの)マシュマロを前に、アイドルがしてはいけない顔で青ざめている。
 まつりの表情もさることながら、後ろの美奈子のり子の黒い顔や、マシュマロ好きというプロフィールを揺るがすセリフ、今まで無敵キャラを保ってきたまつりに遂に訪れたピンチな状況も相まって、凄まじいインパクトを与え、Twitterのトレンドワードにもまつりの名が挙がった。
 これを期に過去のまつりの発言を見直したP達は、「まつりがいつも他人にマシュマロを食べさせるばかりで自分では食べていない」という2年越しの伏線に気付く事になる…。
 これだけだとネタにしか見えないが、「本当はマシュマロ嫌いなんじゃ、ムリしない方が…」と心配する莉緒に対し、まつり本人はあくまでも「フワフワでニコニコ」という自身のキャラを押し通そうとする。
 「姫だから信じているみんなをがっかりさせるわけにはいかない」「最後まで貫き通せば、嘘じゃなくて本当になる」というような言葉には、まつり自身の矜持を感じ取れるかもしれない。
 覚醒後はどうやらなんとか食べきったらしく(だが涙目である)、テレビの前にみんなに好き嫌いは良くないと訴えた。

 実家ではを飼える事から、それなりの土地を所有しているようで、実はお嬢様の可能性もある。

 また、「徳川」という姓を自ら出したがらないところがあり、特に自己紹介セリフでは、
「ほ? まつりの苗字? そんなのどうでもよいのです。まつりはまつりなのですから。」
というセリフが存在し、実際サインにも「徳川」という要素はない。
しかし、R「メルヘン大砲」では徳川家康の武装をモチーフとした衣装を身にまとってキメ顔をしていたり、イベント「絢爛!ゴールデンキャッスルライブ」ではその衣装を着用し、SR「天下無双アイドル! 田中琴葉」で笑顔を振りまいていることから、特別忌み嫌っているわけでもなさそうである。その関連性については明言されることなく、サービス終了となってしまった。

シアターデイズでは

 属性が新たに「Princess」、「Fairy」、「Angel」の3つに分かれ、まつりは「Princess」に属することに。流石まつり姫。いっぽう「お姫ちん」と呼ばれることがある貴音はFairyに所属することとなった。

 「徳川」という名字は相変わらずほぼ名乗らないものの、メモリアルコミュ1で自己紹介するときには普通に「徳川まつり」と名乗り、「名字なんかどうでもいいのです」といった旨の発言もしない。
 また出身地が愛知県とプロフィールに表記された。三河は徳川氏というか松平氏の創業の地、名古屋周辺は江戸時代には尾張徳川家が治めていた。そのあたりの関連性も強まったといえる。ちなみに担当声優の諏訪彩花さんも愛知県出身。
 さらにまつりが765プロに所属することとなったいきさつが「オーディションで合格した」という形で明確となった。余談だが、アニメ「アイドルマスター」の劇場版「輝きの向こう側へ!」では、オーディションの順番を待っているまつりがチラッと写っている。
 あとはほぼGREE版とは変わらず、ふわふわな雰囲気とわんだほー!なアピールを忘れず、アイドルとして頑張っている様子が描かれている。

 メインコミュ第27話「スイート・マシュマロ・パーティ!」では、まつりが主役となるコミュと、ソロ曲「フェスタ・イルミネーション」がプレイ可能楽曲として追加された。コミュの名前からすると不穏な空気が漂うが、実際は…?


担当楽曲

ソロ

 まつりのソロ曲の特徴として、どれも一度聴けば耳から離れないほど中毒性が強い点、ミリオンライブ!の様々な楽曲で作詞をてがける松井洋平が3曲全てにおいて作曲に参加し、さらに作詞も行っている点が挙げられる。ソロ3曲全てにおいて同じ人が作詞・作曲を手掛けるアイドルは、あとは馬場このみくらいである。

 トランスというかテクノというか、「あんずのうた」や「メルヘンデビュー!」とはまた違った方向で今までのアイマス曲と異なる曲調である。イルミルミルミルミ…
 イベントでは「ルミルミ音頭」「ルミルミ体操」なるワードも登場した。
 またドラマパートでは「まつりと愉快な仲間たちによるわんだほーぱーてぃー」と称してライブを開催。音無小鳥をして「あの生き方は只者ではない」と言わしめる姫っぷりを発揮している。

 まさかの「ルミルミ音頭」、曲中に実装。ジャパネスクと名づけられている通り、曲調に和の要素が所々入れられている。このCDに入っている他のアイドルが感動的なソロ曲を歌う中、まつりはみんなにとことん楽しんでもらえる楽曲を放っていた。ほ!ほ!ほ!

 「5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!」の開演の挨拶で諏訪が「まつりーランドにご招待なのですよー!」といった感じの言葉を言ったことから、「まつりーランドの曲」として定着したりしなかったりしている楽曲。実際夢の世界へまつりが招待し、一緒に遊ぶ感じの楽曲ではある。アラモーアラモーアラアラアラモー…

ユニット

歌:四条貴音 (CV原 由実)、高坂海美 (CV上田麗奈)、徳川まつり (CV諏訪彩花)、宮尾美也 (CV桐谷蝶々)

歌:エターナルハーモニー

歌:徳川まつり (CV.諏訪彩花)×馬場このみ (CV.高橋未奈美)

歌:タウラス {春日未来 (CV.山崎はるか), 徳川まつり (CV.諏訪彩花), 宮尾美也 (CV.桐谷蝶々)}

歌:プリンセススターズ {春日未来 (CV.山崎はるか)、徳川まつり (CV.諏訪彩花)、矢吹可奈 (CV.木戸衣吹)、七尾百合子 (CV.伊藤美来)、エミリー スチュアート (CV.郁原ゆう)}

関連イラスト

HAPPYBIRTHDAY MATSURI!
わんだほー


まつりひめ
Festa!



関連タグ

アイドルマスター アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ
緑髪
秋月律子舞浜歩:ミリオンライブ19歳組

pixivに投稿された作品 pixivで「徳川まつり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2866662

コメント