ピクシブ百科事典

アニメイト

あにめいと

日本のアニメグッズ専門店のひとつであり、日本国内最大手のアニメグッズ専門店。
目次[非表示]

概要

株式会社アニメイトが運営している。イメージイラストは島本和彦のアニメ店長。
かつては地方別に運営を行っていた。東京の池袋店(現在の池袋本店)を核に福井県三重県岐阜県以東の店舗をムービックの運営による「東日本アニメイト」、大阪の阿倍野ベルタ店(現在の天王寺店)を核に京都府奈良県和歌山県滋賀県以西の店舗をコアデ企画の運営による「西日本アニメイト」、横浜店を「横浜アニメイト」が運営していたほか、書店に営業を委託する代理店もあった(現在は徳島県のみ)。

1983年に東京・池袋に1号店を出店。
その後関東一円、さらには全国へと順調に出店していき、2015年現在では、徳島県を除く全都道府県に直営店が進出済み(徳島県には代理店が存在。いわばフランチャイズショップ)。なお、滋賀県、佐賀県および中国地方のうちの3県に関しては、大型ショッピングセンターのテナントという形でしか進出していない。
また、海外では香港と台北に店舗を構える他、かつては北京、上海、ロサンゼルスにも進出していた。

いわゆるオタク(アニメ・漫画ファン)向けの専門店としては他の追随を許さない店舗網を持ち、地方在住のアニメファンにとっては貴重な場である。とらのあなメロンブックスまんだらけもないけどアニメイトはある、という地域は多い。

同業他社と比較すると、比較的女性向け作品に強いといわれている。特に同人系は原則女性向けしか扱っていない(とらのあなは女性向け作品の買い付けが意外と貧弱で、メロンブックスは女性向けの取り扱いを打ち切っている、という事情がある)。
アニメイトカードというオリジナルのポイントカードシステムを運用しており、購入金額のうち本体価格の5%分のポイントが会計時に付与される。当初はスタンプカードによる捺印だったが、磁気カードの導入で3回程のリニューアルがなされた。

店独自の特典もあり、CDやビデオ、DVD初回特典と添えられており、現在では他系列での判断基準にもなっている。基本的には標準発売日より前日には店頭に並んでいるが、ネット予約においては指定された店舗及び支店のみに宅急便での配送となり、購入も代引きではなく電子マネーやクレジット払いでしか使えない。

主な関連企業

  • ムービック

アニメ関連グッズの企画・制作を行う。実は、アニメイトは本来ここの関連会社として設立された。

  • マリン・エンタテインメント
ドラマCDを手掛けるCDメーカー。
  • フロンティアワークス
アニメの映像ソフトの販売はもちろんのこと、アニメの制作にも参加するほか、作品によってはサントラCDを手掛けたこともある。
  • リブレ
2006年4月に経営破綻した出版社・ビブロスボーイズラブ関連出版事業を引き継ぐため、2006年5月にリブレ出版株式会社として設立した。なお、BLのほか、一般向け漫画雑誌「(マガジンZERO→)クロフネZERO」もビブロスから引き継いでいるほか、引き継ぎ後には女子向けジュブナイルポルノも手掛けている。
はっきり言ってアニメイトとやってることはほぼ同じ。もともとライバルだったものの、運営していた株式会社ブロッコリーの経営難から、アニメイトがブロッコリーと業務・資本提携を行い、株式会社アニブロを合弁で設立。2011年6月にブロッコリーが小売業から撤退することにより、アニブロが事業を譲渡し、株式をアニメイトが全取得、2014年に株式会社ゲーマーズに商号変更。

イメージ

まんだらけとらのあな同様、いかにもオタクメッカなイメージを持たれているが、最近ではアニメグッズの種類が増え、「オタク用の文房具屋さん、玩具屋さん(大人のおもちゃ屋さんじゃないぞ)」と化している。
以前は中高生が顧客の中心層で、「アニメイトの内装を見ると中高生時代を思い出す」などと言われていたが、最近では顧客の幅が増えているとか。

余談

現在の1号店(池袋本店)は3代目にあたる。
2代目は、アニメイトカフェなどが入居している「アニメイトサンシャイン」ビルで、現在も営業中。初代1号店は、そのアニメイトサンシャインの隣のビルに入居していた。現在はらしんばん池袋本店2号館となっている。

関連タグ

アニメ店長 アニメグッズ
アニメイトマスコットイラコン

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

企業 きぎょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アニメイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169513

コメント