ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ホームランの種類

安全進塁権によるもの

単に『ホームラン』と呼ぶときは、こちらをイメージする人が多いと思われる。
打者の打ったボールが、野手以外の何物にも触れることなく、野球場の外野フェンスに設置されているフェア地域とファウル地域との区切りを示す標識の間を通過してフィールドの外へ出た時点で成立し、4個の安全進塁権が認められ、当該選手のホームランとして記録される。
なので、フィールドの外の設備に当たってフィールド内へ戻ってきても、こちらのホームランになる。
4個の安全進塁権が与えられるホームランとするには、本塁から外野フェンスまでの最短距離が250フィート以上ある野球場でなければならないことが公認野球規則で規定されている。

この安全進塁権による得点が認められるためには、歩いてでもいいから、走者となった打者が一塁、二塁、三塁、本塁の順で触れなければならない。
もし、何らかの事情で歩くこともできなくなった場合には代走を出すことができるが、得点は代走者に記録される。

第9イニング裏の攻撃において、勝ち越しの1点が前を走る走者によるものであっても、安全進塁権の例外として正規の形で本塁に触れた打者走者を含む走者全員分の得点が認められて記録される。

ドーム球場では、特別グランドルールとして所定の範囲の天井に打球を当てた場合は、こちらのホームランと認定される野球場がある。

なお、一度フィールドの地面に触れてから球がフェンスを越えた場合はエンタイトルツーベースとなる。

走塁によるもの

通常のヒットの延長線上にあるもので、いわゆるランニングホームランである。
記録は、安全進塁権によるものと同じに扱われる。
このようなことが発生する可能性が高いのは、外野手が前進守備を採っていて、外野手を抜けるヒットとなった場合である。
なお、野手エラーが記録された場合には、ヒットで出塁、エラーで進塁と記録されて成立しない他、第9イニング裏の攻撃において勝ち越しの1点が自らの本塁到達でない場合には、勝ち越しの1点を得点した時点で試合終了となって、こちらも記録が成立しない。

有名なホームランアーチスト

  • ベーブ・ルース - ホームランを量産し(715本、大リーグ3位)、野球の歴史を変えたプロ野球界の偉人。ちなみに投手としても97勝を挙げており、二刀流選手としては未だに史上最強の選手。
  • 王貞治 - NPB最多本塁打記録保持者(868本)。シーズン最多55本塁打は2013年にバレンティンが破るまでは誰も超えることが出来ず語り継がれた記録であった。
  • 野村克也 - 同時期に王がいなければ、最も偉大な打者であったろう大打者
  • 清原和博 - 甲子園で歴代1位通算13本塁打で、高校野球史上もっとも偉大な打者。ちなみにKKコンビの桑田真澄は甲子園では5本塁打でこちらも3位。
  • ランディ・バース - 関西における生神様。日本プロ野球最高打率と、85年に54本塁打を記録した。
  • タフィ・ローズ - 中村紀洋とコンビで100本塁打を記録、2001年に55本塁打した。
  • アレックス・カブレラ - 飛ばす事に関しては、プロ野球最強とも言われた。2002年に55本塁打した。


  • 北川博敏 - 2001年代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打
  • 広永益隆 - プロ野球通算34本塁打ながら、数々の珍記録を打ち立てた記録男(プロ野球通算6万号、パ通算3万号、平成第1号、セパ両リーグで代打逆転サヨナラ本塁打、ロッテ18連敗決定サヨナラ本塁打など)。
  • ウラディミール・バレンティン - 2013年にそれまで王貞治が持つシーズン55本塁打の記録をついに打ち破り、シーズン60本塁打を達成した。
  • 中村剛也 - 歴代3位の通算6度の本塁打王獲得者にして、歴代最多20本の満塁ホームラン記録保持者。

関連タグ

野球 本塁打
ランニングホームラン バントホームラン チョコバット
ホムーラン ほむーラン
代打逆転サヨナラ満塁ホームラン 今まで8例ある最も劇的なホームラン。

関連記事

親記事

野球の記録一覧 やきゅうのきろくいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホームラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 365463

コメント