ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

新庄剛志

しんじょうつよし

福岡県出身の元プロ野球選手。現・北海道日本ハムファイターズ一軍監督。
目次 [非表示]

概要編集

1972年1月28日生まれ、福岡県出身の元プロ野球選手。

監督就任後は「ビッグボス」を自称し、大手メディアでも「新庄ビッグボス」と表記される事がある。


経歴編集

  • 西日本短期大学附属高等学校在籍時の1989年、阪神タイガースから5位指名されプロ入り。
  • 1992年、中村勝広監督に抜擢され中堅手のレギュラーをつかみ阪神時代唯一のAクラスを経験。亀山努とのコンビで「亀新フィーバー」を巻き起こした。
  • 1995年、藤田平監督との確執もあり一時は引退発言をするも撤回。1996年~1998年まで不本意な成績が続く。
  • 1999年、野村克也監督の指導のもとで打棒が復活。また、一時は二刀流に挑戦しようとしたこともあったが、怪我の恐れがあった為シーズン前に断念した。
  • 2001年FAを行使してニューヨーク・メッツへ移籍。翌2002年にはサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍したが、2003年にはメッツへ出戻り。
  • 2003年シーズン終了後NPBへ戻り、2004年より北海道日本ハムファイターズでプレー。登録名は「SHINJO」で背番号は1となった。2006年に現役引退。
  • 現役引退後はバラエティー番組にしばらくの間出演していたが、その後バリへ移住して野球界とも距離を置いていた(過去にバラエティ番組に出演した際「お金があると出ないが、お金がなくなると出る」と発言している)。
  • 2019年11月、「翌年のトライアウトを受験し、現役復帰を目標にトレーニングを始める」ことを自身のインスタグラムで発表(日本ハム退団時は任意引退選手として公示されていたが、日本ハムはこの発表を受け、改めて自由契約選手として公示した)。2020年12月7日に開催されたトライアウトには現役引退時に所属していた日本ハムのユニフォームを着用して参加。4打数1安打1打点という結果を残したものの、新庄自身が決めた6日間の期限内にNPB球団からのオファーが来なかったため、現役復帰を断念した。
  • 2021年10月29日、同年限りで退任した栗山英樹氏の後任で、翌シーズンから北海道日本ハムファイターズの監督として指揮を執る事に。2022年シーズン開幕直前に登録名を「BIGBOSS」にすると発表。NPBが問題無しと判断した為変更が認められた。この登録名は1年間限定で2023年シーズンからは本名に戻している。

背番号編集

背番号使用年所属チーム備考
631990年〜1993阪神タイガース選手
51993年〜2000年阪神タイガース選手
52001年ニューヨーク・メッツ選手
52002年サンフランシスコ・ジャイアンツ選手
52003年ニューヨーク・メッツ選手
12004年〜2006年北海道日本ハムファイターズ選手
632006年北海道日本ハムファイターズ選手
12006年北海道日本ハムファイターズ選手
12022年〜北海道日本ハムファイターズ1軍監督

日本ハム選手時代の「63」は引退セレモニーが行われた2006年シーズン最終試合の1試合のみ。日本シリーズには元の背番号「1」で出場。


人物編集

愛称は「宇宙人」糸井嘉男に劣らずいい意味でアホな男として有名。が、一見アホのように見えてサービス精神が旺盛で、計算してやってることが大半である。また同僚の話によると一見目立ちたがりのようで軽々しいが、気使い上手で他人を立てる性格でもある。簡潔に言えば「人前ではド派手、素顔は緻密で繊細」という人物である。

スター性に関しても本人なりにしっかりと考えて行動しており、ファンが見たときカッコいいと思える姿や振る舞いを意識しているらしい。


幼少期はサッカーが好きだったが、つまらなさを感じ、野球を始めたところはまってしまい、そのうちプロ野球選手になるまでにもなった。引退後、トーク番組で堂々と「僕は本当はサッカー選手になりたかった」などというなど、やっぱりサッカーも好きだった様である。それでも敢えて野球を選んだ理由は「他のスポーツは簡単にできたのに野球だけはいくら練習しても上達しなかったから」だという。


選手としては強肩・長打を兼ね備えた好選手だったが、打率が平均して低かった。

打者としての印象が強いのはここ一番での勝負強さが突出しているためである。

守備に関しては一流であり、強肩。ゴールデングラブ賞を幾度も受賞しており、メジャーでも守備力は高評価を得ていた。

パワプロではそれを反映してかミートがE、それ以外はほとんどBかAという能力規定が多く、古参のパワプロユーザーであればこの能力値だけでほぼ新庄と推測できるとか。


新庄は野球選手というよりタレントに近いスター性を持っていたと言われ、「記録より記憶に残る選手」の代表格とされている。実際テレビの出演も多く、オフシーズンであればチームや野球の特集以外でも個人で出演している。



エピソード編集

  • 阪神に指名されてプロ入りしたが、実は彼の幼少期阪神は一番嫌いなチームだったことが判明している。というのも彼は元々巨人ファンである。
  • 阪神時代の1999年、読売ジャイアンツ槙原寛己が投じた敬遠球を打ってサヨナラヒットを達成した。
    • これは数日前に敬遠球を投げられたため、次に来たときは敬遠球を打てるよう、事前に準備をしてチャンスを狙っていたらしい。
  • MLBのサンフランシスコ・ジャイアンツ在籍時、チームメイトであったバリー・ボンズには「相棒」と呼ばれる程非常にかわいがられていた。方や一流のホームラン王、方や実力未知数の渡米選手でありながら、新庄は持ち前の明るさと物おじしない性格で良好な関係を築き、新庄の監督就任時にもボンズ氏はエールを送っている。
    • その陰でマイナーに降格した時の待遇の差や人種差別も経験しており、日本ハム監督就任後に上沢直之のMLB志望に対して応援の姿勢を見せながらも「マイナー契約なら絶対にやめた方がいい」と警告していた。
  • 日本ハム時代の2004年、オールスターゲームにおいて予告MVPを宣言し、同ゲームにてホームスチールを決めて実現させた。
  • 一度はホームランと認められたものの、取り消されてしまった例をNPBで3度も経験している(NBP最多記録)。
    • 中でも日本ハム時代の2004年9月20日に対ダイエー戦で記録したサヨナラ満塁ホームランのはずが走者追い越しによってシングルヒットになりサヨナラ勝ち」はその前後の展開も含めて伝説的な事件である。
  • 2006年、ヒーローインタビューで引退を宣言。その後チームが奮起し満員の札幌ドームで球団44年ぶりの日本一を達成。引退に花を添えた。
    • しかも胴上げの際に監督を差し置いて新庄が真っ先に胴上げされた。彼がいかにチームに貢献していたかが分かる。
  • 2006年、阪神との交流戦で試合前シートノックの際、ファンから贈られた背番号5の阪神のレプリカユニフォームを着て登場。会場のファンからは大喝采だったが、選手は同じユニフォームを着用するという規則を故意に破ったことになるため、審判や球団から注意を受けている。
    • 2024年の日ハム監督時代にも交流戦において岡田彰布監督率いる古巣・タイガースと甲子園で対決した際には、試合前のメンバー表交換の際、事前に発注していた阪神入団当時の背番号「63」のレプリカユニフォームを着て登場。やはり会場のファンからは大喝采だった上、今回は意図せずも規則の穴を突いた形だったため審判団からは注意されるどころか関心されたが、さすがに球団やNPBからは注意を受けており、NPBからは「もう一度やったら退場」という形で今回は見逃すという対応が取られた。本人は罰金覚悟のファンサービスだったと語っている。
  • 実は高額な窃盗被害に遭っている。引退後、20億近くあった貯金が資金管理を担当していた人物に横領されており、2000万近くしか残っていなかったという。

2022年シーズン開幕前、「1年間だけ登録名を新庄剛志からBIG BOSSへ変更する」と発表。監督のあだ名、しかもアルファベット表記は異例どころか前代未聞ではあるものの、NPBとルール上の問題は一切ない事を確認し、NPBの公式Twitterアカウントも律儀に発表している。これで公的なメディアではBIG BOSS呼びの方が正しいということになった(一応本人曰く本名表記するかは「自由」とのこと)。


しかしいざ本シーズンが始まると、日本ハムは開幕5連敗という出口の見えない戦いが始まり、その後一度も5位以上に浮上することなく、チームはシーズン最下位及び負け越し、更にはパ・リーグ5球団への勝ち越しも無かった(全球団だと交流戦で巨人・中日には勝ち越した)。

登録名を新庄剛志に変更した2年目は「開幕20連勝する」と大きな期待感を語るが、いざシーズンが始まると1勝の後は失策や打点を奪えず連敗続きで昨年と同じ最下位が続くという苦戦を強いられ、9月27日に2年連続の最下位が確定。同日に監督続投を発表。


  • 監督就任後は赤や黒のマスクがトレードマークとなっているが、これはベンチで指示を出す時に相手チームにバレバレだった為、それを隠す目的で当時GMだった稲葉篤紀が提案したものらしい(就任時、まだ新型コロナが流行していた時期だったことも影響していると思われる)。


  • 監督としては選手の育成とモチベーションを維持させる能力に長け、栗山監督時代にはまだ芽が出ていなかった選手や別のチームでチャンスを掴めていなかった選手を多く戦力化していったことから「覚醒工場」の異名を持つ。もっとも、近年は、大谷翔平をはじめ多くの選手が退団したことによる、選手層の厚みが失われていたことが指摘されていたことから(複数年かかることは承知の上で)新戦力の育成および発掘は必須となっていた。
    • 基本的に本人が現役時代からプレーに関して理論派であったため、その繊細なところが指導者としても発揮された形であろう。
    • 選手に対する気づかいの良さは現役時代からも選手達に知られており、ダルビッシュ有森本稀哲が恩人として新庄の名前を挙げている。
    • 一方2022年と2023年の試合では盗塁失敗などの作戦ミスがかなり目立ち、それが敗因に繋がっていると指摘されている。選手の実力に見合っていない作戦だったとも考えられる。
    • 目指す方向性自体は緻密な戦略を用いて勝利へと繋げるところが見られ、先述の選手育成も含めて野村克也の継承者とも言われることがある。
    • その野村の事を「野球界のお父さん」と公言する程慕っていた。阪神選手時代、野村は自由奔放な新庄を束縛せずに自由にプレーさせており、新庄もそんな野村を信頼していった。野村の生前には着用していたヴェルサーチジャケットをプレゼントされており、逝去後に行われた「お別れの会」にはそれを着用して参加した。なお、野村がヴェルサーチの服を着用する様になったのは新庄が薦めた為である。

関連項目編集

阪神タイガース 北海道日本ハムファイターズ 引退したプロ野球選手一覧


亀山努…「亀新コンビ」の相方。

森本稀哲…新庄から多大なる影響を受け過ぎた弟子にして、北海道で愛されたレジェンドの1人。新庄・稲葉と共に鉄壁外野陣を形成。

稲葉篤紀…同じく北海道で愛されたレジェンドの1人。新庄・森本と共に鉄壁外野陣を形成。新庄と同時期に新GMに就任した。

達海猛…漫画『GIANTKILLING』の主人公。日本国内ではスター選手、海外のチームでプレーした経験がある、引退後は海外で生活、低迷していた出身チームに突如監督として戻ってくる、破天荒だが芯のある理念を通してチームと選手の存在感を上げていく等、経緯がやや似ている。

ゴージュ…『アンリミテッド:サガ』のキャラクター。新庄剛志がモデルであることが明言されている。

ドンカラス…『ポケモン』シリーズのキャラクター。分類が「おおボスポケモン」で、「大ボス」を英語に直すと「BIG BOSS」。しかも北海道がモデルとなったシンオウ地方で初めて発見されている。

淡路幸誠(きつね)…新庄のモノマネを番組内で披露している。

賀喜遥香(乃木坂46)…『乃木坂工事中』で行われた2022年の紅白忘年会の余興で齋藤飛鳥からのリクエストを受けてやる羽目に。

ZARD…2006年の引退時に彼女たちの楽曲「負けないで」の替え歌が流れた。


外部リンク編集

『もう一回、鉛筆を転がしていいですか?』 ←ミリオネアについて

『新庄剛志伝説』←新庄の伝説をまとめた記事

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 295961

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました