ピクシブ百科事典

新庄剛志

しんじょうつよし

元プロ野球選手。現北海道日本ハムファイターズのBIG BOSSこと監督。
目次[非表示]

1972年1月28日生まれ、福岡県出身の元プロ野球選手。

愛称は「宇宙人」
監督就任後は「ビッグボス」を自称し、かつてのミスターのように大手メディアでも「新庄ビッグボス」と表記される事がある。

概要

糸井に劣らずいい意味でアホな男として有名。
だが一見アホのように見えてサービス精神が旺盛で、計算してやってることが大半である。また同僚の話によると一見目立ちたがりのようで軽々しいが、気使い上手で他人を立てる性格でもある。
簡潔に言えば「人前ではド派手、素顔は緻密で繊細」というの人物である。
幼少期はサッカーが好きだったが、つまらなさを感じ、野球を始めたところはまってしまい、そのうちプロ野球選手になるまでにもなった。
引退後、トーク番組で堂々と「僕は本当はサッカー選手になりたかった」などというなど、やっぱりサッカーも好きだった様である。

選手としては俊足・強肩・一発長打を兼ね備えた好選手だったが、打率が平均して低かった。
だがパンチ力を兼ね備えており、また意外性のあるバッティングであった。
守備に関しては超一流であり、強肩かつ鉄壁。ゴールデングラブ賞を幾度も受賞しており、メジャーでもその守備力は高評価を得ていた。
センターを簡単そうにキャッチしている様にも見えるが、バッターが打った瞬間から吹いている風などを視野に入れ、予め球が落ちてくる場所を計算してその範疇内に立っている事が多いらしい。曰く「1球ごとに守備位置を変えている」。
これらから分かるように、一見すると天性の勘とセンスでプレーしていると思われがちであるが、その実非常に筋が通った理論に基づいている。こうした理論は、守備に限らず走塁に関しても同様であり、監督就任前後の取材などでもしばしば語られている。

新庄は野球選手というよりタレントに近いスター性を持っていたと言われ、「記録より記憶に残る選手」の代表格とされている。
特に北海道日本ハムファイターズ加入後の数々の伝説はファンの記憶に深く刻まれており、北海道に野球が根付いたのは新庄さんのおかげ」「新庄なくして日本ハム移転の成功はなかった」、それどころか「新庄はパ・リーグを救った」とさえ言われている。

そんな彼が2022年より「BIG BOSS」として日本ハムを率いることになるとは、誰もが予想だにしなかっただろう。

エピソード

とにかく新庄という男は数多くのエピソードを残しており、いざ語ろうとしても語り尽くせないほどである。
あまりにも伝説が多いので詳細はエピソードをまとめた下記外部リンクの『新庄剛志伝説』を参照して欲しい。
ここでは代表的なものを取り上げる。

  • 阪神時代の1999年、読売ジャイアンツ槙原寛己が投じた敬遠球を打ってサヨナラヒットを達成した。
    • このサヨナラヒットを打つため、事前に敬遠の高くて遠い球を打つ練習を重ねていた上、コーチと監督にも予め了承を取った上でこの作戦を決行している。
  • MLBのサンフランシスコ・ジャイアンツ在籍時、チームメイトであったバリー・ボンズには「相棒」と呼ばれる程非常にかわいがられていた。方や一流のホームラン王、方や実力未知数の渡米選手でありながら、新庄は持ち前の明るさと物おじしない性格で良好な関係を気付き、新庄の監督就任時にもボンズ氏はエールを送っている。
  • 日本球界復帰の際に日本ハムを選んだ理由は当初「最初にオファーを受けたチームに行くと決めていて、そのチームが日本ハムだったから」と語っていたが、実は本人が仕掛けた作り話だったことが近年になって判明している。
    • 本人曰く、最初にオファーを受けたのは巨人だったとのこと。日本ハムに決めた本当の理由については「弱いチームで自分がどこまでやれるかが知りたかった」とのこと。
  • 日本ハムの人気獲得に向けた数々のパフォーマンスを実践し、「新庄劇場」と称された。
    • 被り物や度肝を抜く選手入場、ホームランに独自の打法を命名するなど、メディアの注目を一点に集めた。
      • 日本ハムは東京時代、雑誌の「好きな球団アンケート」で支持率0%に甘んじるなどあまりにも不人気だったが、北海道移転と共に加入した新庄のおかげで雰囲気は一変し、広報が「20年間努力したのに全くダメだった。それが一人の加入でこんなに盛り上がるとは」と洩らしたほど。
      ちなみにこれらのパフォーマンスは一見すると好き放題やっているようだが、実際には周囲に予め了承を得た上で行っている。更に目立つだけで終わってはいけないと考え、結果を出し続けるため練習にも力を入れていた。
  • 日本ハム時代の2004年、オールスターゲームにおいて予告MVPを宣言し、同ゲームにてホームスチールを決めて実現させた。
  • 一度はホームランと認められたものの、取り消されてしまった例をNPBで3度も経験している(NBP最多記録)。
    • 中でも日本ハム時代の2004年9月20日に対ダイエー戦で記録したサヨナラ満塁ホームランのはずが走者追い越しによってシングルヒットになりサヨナラ勝ち」はその前後の展開も含めて伝説的な事件である。
  • 2006年、ヒーローインタビューで引退を宣言。その後チームが奮起し満員の札幌ドームで球団44年ぶりの日本一を達成。引退に花を添えた。
    • しかも胴上げの際に監督を差し置いて新庄が真っ先に胴上げされた。彼がいかにチームに貢献していたかが分かる。
  • みのもんた司会のクイズ番組「ザ・ミリオネア」にて、鉛筆を転がして出た番号をそのまま回答するという無謀な手段を使用。何と全問正解し1000万円を獲得した。
    • 最初から回答を知っていたのでは?という声もあるが真偽の程は不明。なお、この時の賞金は全額日本ハム球団に寄付したそうである。

彼の野球史

1990年、阪神タイガース入団
当初の背番号は63だったが5に変更。
1992年、中村勝広監督に抜擢され中堅手のレギュラーをつかみ阪神時代唯一のAクラスを経験
1995年、藤田平監督との確執もあり一時は引退発言をする、後に撤回するも1996年~1998年まで不本意な成績が続く。
1999年、野村克也監督の指導の元で打棒が復活
2001年FAを行使してニューヨーク・メッツへ移籍
翌、2002年にはサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍
2003年には再びニューヨーク・メッツへ移籍
2004年より北海道日本ハムファイターズに移籍し、登録名は「SHINJO」、背番号は1となった。
2006年に現役引退。
以後はバラエティ番組にしばらくの間出演していたが、近年は出る機会が激減していた(過去にバラエティ番組に出演した際「お金があると出ないが、お金がなくなると出る」と発言している)。
また基本的にバリへ移住していることもあり、野球界とも距離を置いていた。
ところが、2019年11月に翌年のトライアウトを受験し、現役復帰を目標にトレーニングを始めることを自身のインスタグラムで発表。
日本ハム退団時は任意引退選手として公示されていたが、日本ハムはこの発表を受け、改めて自由契約選手として公示した。
2020年12月7日に開催されたトライアウトには現役引退時に所属していた日本ハムのユニフォームを着用して参加。4打数1安打1打点という結果を残したものの、新庄自身が決めた6日間の期限内にNPB球団からのオファーが来なかったため、現役復帰を断念した。
そして2021年10月29日、同年限りで退任した栗山英樹氏の後任で、翌シーズンから北海道日本ハムファイターズの監督に就任することが発表された。

監督(BIGBOSS)時代

引退後トライアウトを受けるまで13年間野球から離れていた氏の監督就任に世間は驚かされたが、就任会見では赤いスーツに大きな襟を立てるという派手な衣装で登場しさらに国民の度肝を抜いた。
なお余談だが、最初に質問をしたミヤネ屋特派員岩本勉は、指名を受けた後に新庄を真似て襟を立ててから質問を始めた。
いきなり選手兼監督宣言…は冗談だが、就任の2年前には普通にプロ野球のトライアウトを受けており、あながち冗談にも聞こえない。しかも2021年のトライアウトも受けると宣言しており(代打や守備固めとして、自身が緊急出場するために)、型破りで破天荒な彼からすると、ジョークにも全く聞こえない(結局トライアウトは監督として選手たちを見守る側で参加となったものの、「全員欲しい」や「目に留まった選手がいる」など参加選手たちをしっかりと見届けた)。
優勝なんか、一切目指しません」と、新庄でもなければファンから総叩きや大炎上に遭いそうな目標を堂々と言い切った。ただしこれにも「高い目標をもちすぎると選手はうまくいかない。何気ない1日として試合をこなし、勝ってくことが大事」というちゃんとした新庄なりのメンタル哲学がある。その昔阪神時代に「明日も勝つ!」と意気込んで宣言した後12連敗してしまったことから学んだのだろうか。
さらに「監督ではなくBIG BOSSと呼んでほしい」とこれまた前代未聞な宣言。インドネシアに住んでいた頃に呼ばれていたようだが、この呼び名に同じ称号を持つ伝説のボスを知る者達が反応し、就任会見一の爆弾発言となった。「日ハムは国境なき球団、やがてダイヤモンド日ハムになるのか」とあっちのビッグボスを重ねるようなファンもいた模様。
2022年シーズン開始直前には「『SHINJO』のユニホームはもう着ない。正式に。ずっと」という宣言と共に、登録名を新庄剛志からBIGBOSSへ正式に変更。監督のあだ名、しかもアルファベット表記は異例どころか前代未聞ではあるものの、NPBとルール上の問題は一切ない事を確認し、NPBの公式Twitterアカウントも律儀に発表している。これで公的なメディアではBIGBOSS呼びの方が正しいということになった(一応本人曰く本名表記するかは「自由」とのこと)。

2021年シーズンのファンフェスにて、監督として初めて北海道のファンの前に登場。なんと札幌ドーム内でカウンタックを爆走させての登場である。
…野球監督とは(哲学)

オフにはテレビに出まくると発言するように、就任早々やりたい放題やっているようにも見えるが、一方でオフシーズンが一番活躍している野球の上手い芸人こと杉谷拳士には(前シーズンの成績の悪さもあって)テレビ出演を禁じて野球に専念させるなど、オン・オフの切り替えは徹底しているようである。

なお彼が監督に就任した影響か否か、監督就任発表後に行われたファンフェスや契約更改、各種イベントにおいて全力ではっちゃけたりこれまでとはキャラが少々変わる選手が多数出てきている(など。他にも多数、どころか大半の選手はそうである)。

そして2022春季キャンプが始まると、「BIGBOSS流」は加速していき、チーム外からの臨時コーチを招いたり、練習試合や紅白戦のスタメンで内外野をシャッフルしたり、打順をガラポンで決めたり、左打者だった練習試合の相手監督とある左打者の打撃マンツーマン指導を依頼したり、…等々斬新なことを数多やっているが、ファンが思っているより効果はある様子である。
考えもなしにやれば大外れになりかねないデタラメな手法となり得るのだが、元々が理論派であり、「BIGBOSS流」は得られる結果を考えて綿密にやっているため、完全な外れを引くことは少ない模様。

関連項目

阪神タイガース
北海道日本ハムファイターズ

森本稀哲…新庄から多大なる影響を受け過ぎた弟子にして、北海道で愛されたレジェンドの1人。新庄・稲葉と共に鉄壁外野陣を形成。
稲葉篤紀…同じく北海道で愛されたレジェンドの1人。新庄・森本と共に鉄壁外野陣を形成。新庄と同時期に新GMに就任した。
達海猛…漫画『GIANTKILLING』の主人公。日本国内ではスター選手、海外のチームでプレーした経験がある、引退後は海外で生活していた、低迷していた出身チームに突如監督として戻ってくる、破天荒だが芯のある理念を通してチームの存在感を上げていく等、監督就任時には共通点を指摘された。
ドンカラス…『ポケモン』シリーズのキャラクター。分類が「おおボスポケモン」で、「大ボス」を英語に直すと「BIG BOSS」。しかも北海道がモデルとなったシンオウ地方で初めて発見されている。

外部リンク

『もう一回、鉛筆を転がしていいですか?』 ←ミリオネアについて
『新庄剛志伝説』←新庄の伝説をまとめた記事

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「新庄剛志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168336

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました