ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

賀喜遥香

かきはるか

賀喜遥香は、日本のアイドル・女優。「乃木坂46」の4期生メンバーである。
目次 [非表示]

概要

2001年8月8日生まれ、栃木県出身。身長166cm、B78-W57-H83。


2018年、「坂道合同オーディション」に応募し、合格。「乃木坂46」の4期生として芸能界入り。

2019年9月発売の24thシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』にて、初選抜でありながらフロント(1列目)を務めた。2020年3月発売の25thシングル『しあわせの保護色』収録の4期生楽曲「I see…」では、初のセンターを務めた。2021年4月からは、ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』のコーナー「乃木坂LOCKS!」のレギュラーに、「4組の副担任」として就任した。そして、同年9月22日発売の28thシングル『君に叱られた』では、初の表題曲センターを務めた。2022年6月7日には、自身初の写真集『まっさら』を発売。その後、2022年8月発売の30thシングル『好きというのはロックだぜ!』で自身二度目のセンターを務めることとなった。 歴代メンバーのうち当時センターを複数回務めていたのは、生駒里奈西野七瀬白石麻衣齋藤飛鳥遠藤さくらの5人のみであったため、賀喜は4期生では2人目、全体では6人目の表題曲センター複数経験者となった

その後2023年9月9日、全国ツアー中に体調不良が続いたことで医者から一定期間の静養が必要と診断されたため、「他のメンバーよりも長めの夏休み」と称して約1ヶ月休業することを公表した。なお、夏休み期間中の「乃木坂LOCKS!」は川﨑桜が代打で2週間担当した。その後、約1ヶ月後の同年10月12日放送の「乃木坂LOCKS!」にて復帰を果たした

そして、同年12月発売の34thシングル『Monopoly』で遠藤と共にWセンターを務めることとなり、自身3度目の表題曲センター就任なった


グループでの活動以外では、2020年にNHKドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』にて、初めて個人で地上波ドラマに出演した。2022年には、10月期の金曜ナイトドラマ最初はパー』で女芸人・雨宮すみれ役を務めることとなった。賀喜にとっては、これが初の民放ドラマ・連続ドラマレギュラー出演となった。


人物

「賀喜」という苗字は非常に珍しく、全国に50人程度しかいない

名前は両親が「遥香」か「あやか」で悩んだ末、「遥香」になった。


栃木県出身であるものの、生まれてから小学5年生の時までは大阪府に住んでいたため、関西弁も堪能である。親戚も関西に固まっているため、馴染みがあるのはどちらかというと関西寄りではある。

2歳年下の弟がおり、野球部に所属している。父親も野球好きで社会人野球経験者。

またいとこが10人おり、賀喜に何か良いことがある度にいとこ総出で何かしらのサプライズメッセージを送ってくれているという。


中学生時代はバスケットボール部に所属しており、ポジションはセンターだった。


好きな食べ物は甘いもの、魚、エビ、卵。ただ、少々味覚音痴のところがあり、初めて牡蠣を食べた時の感想を「海に居すぎた鯖」とコメントしている。さらには、罰ゲームでセンブリ茶を飲んだ際に苦しい顔一つせずに「ミカンの味がします」という迷言を残した。もはや妹グループ誰かさんといい勝負である。それ以外にも乃木中の企画で食レポをした際に(パンプキンパイを食べながら)パンプキンの味がすごいとバカコメントを残しMCであるバナナマンとの会話が噛み合わなかったことから設楽統から「あの子日本来たばかり?」と言われるほどであった。にもかかわらず、乃木坂メンバーの一人として2024年新春の格付けチェックに出演が決まることに。本人以外にも、「どんくさダービー」に選出された与田祐希井上和が揃っていることもあって、案の定心配の声がファンから上がっているが果たしてどうなることやら…。

と心配していたら案の定、3問目の海鮮炒飯格付けにて井上、与田とともに「絶対アカン」の浜田チャーハンを選択してしまった。(ただ、これに関しては当該記事にもある通り7組中5組が引っかかった超難問であるため仕方ないといえる。)


料理もかなり苦手で、調味料の分量は大雑把、グラタンを作る際に具材を炒めず生のまま入れる、顆粒タイプのだしのことを砂と呼ぶなど料理音痴っぷりが見え隠れしており、その姿はバナナマン日村勇紀から「昔の生田だ」と言われるほど。さすがに自分の料理の不味さはわかる模様。

他方で鼻は利くそうで、上着の匂いから持ち主を判別したり、空気の匂いから雨が降るのを感知できたりするという。


純粋な一面があり、2022年の乃木中バレンタイン企画では齋藤飛鳥から連絡が来て嬉しかった話をした際、企画のためとはいえ飛鳥が優しく接してきたと思ってしまい涙を流し、最終的には(あまりにも純粋すぎて)設楽が一瞬怯むほどであった。


好きな動物は、シマエナガ

趣味はイラストを描くこと。加入前はアニメーターを目指しており、その腕前は超一流(しかも独学)。好きなアニメである僕のヒーローアカデミア鬼滅の刃呪術廻戦等のキャラクターのイラストをよく描いているという。アニメの他にVTuberも好きであり、天宮こころのファン。

また手先が器用であり、イラスト以外でも『プレバト!!』に初出演した際にバナナマンの2人をモチーフとした消しゴムはんこを制作し、初出演にもかかわらず1位を獲得しただけでなく、いきなり特待生に昇格した。特技は、小さい折り鶴を折ること。そのサイズはなんと5mmもはや超人である

その他にも、元メンバーの西野と同様に腹話術が可能であり、前歯を出した笑顔の状態で口をほとんど動かさずに喋るという驚きの芸当を披露した。

本人曰く「おでこが硬い」とのことで、おでこ相撲では今のところ負け無し。

2024年2月12日(11日深夜)放送の新年会の余興で高橋ジョージの「ロード」を歌唱した際にレイザーラモンRG顔負けの鼻ハーモニカを披露している。(どうやら、製作スタッフ陣からの注文だった模様。)


憧れのメンバーは山下美月。加入前から推しメンであり、2022年の乃木中バレンタイン企画では「この企画があったら美月さんにあげよう」と乃木坂加入時から思っていたほど。同期の田村真佑曰く「美月さんの話になると、急に目が乙女になる」らしい。

仲の良いメンバーは、遠藤さくら、田村真佑、柴田柚菜北川悠理早川聖来

遠藤とは『夜明けまで強がらなくてもいい』以降親交を深め、ほぼ四六時中一緒にいる。田村、早川とは「3色ジェラート」というユニットを組んでおり、相思相愛の状態で、よく一緒に遊んでいる。柴田とは加入初期から仲が良く、かなり溺愛している模様。北川とは生年月日が一緒だったこともあり仲良くなった。


関連動画


関連タグ

乃木坂46 アイドル


禪院真希太宰治(文豪ストレイドッグス)ヨル・フォージャー暁美ほむら:グループの公式Youtubeチャンネル『乃木坂配信中』の企画内でコスプレ姿を披露。

関連記事

親記事

乃木坂46 のぎさかふぉーてぃーしっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35449

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました