ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シマエナガ

しまえなが

エナガの北海道亜種。「雪の妖精」の愛称でも知られる、あざとカワイイもふもふ小禽♡ かわいい系担当の創造主が全力を投じたに違いないその見た目は、本種を知らなかった外国人たちをして「kawaii♥」「リアルポケモンかよ~♥」と萌え死ぬレベル。
目次 [非表示]

概要

シマエナガ漢字表記:島柄長、学名Aegithalos caudatus japonicus )は、エナガ北海道亜種。「雪の妖精」の愛称でも知られる、あざとカワイイもふもふ小禽♡ かわいい系担当の創造主が全力を投じたに違いないその見たは、本種を知らなかった外国人たちをして「kawaii♥」「リアルポケモンかよ~♥」と萌え死ぬレベル。


エナガはユーラシア大陸に広く分布しており、日本には4亜種が棲息しているが、シマエナガのみ他の3亜種とは外見が大きく異なる。


目を横切る過眼線がなく、頭部全体が白いのが他のエナガとの違い。ただし、幼鳥にはシマエナガにも過眼線がある。


冬毛の姿がよく知られていて、純白のふんわりとした毛並みと愛らしい姿から「雪の妖精」と呼ばれている。夏毛は羽毛の黒い部分が増え、スリムな姿になる。冬は人里近くでもよく見かけるシマエナガだが、夏は山奥に移動してしまうことが多い。


体長は14cm前後だが、その半分は尾羽なので体の大きさは7cmほど、体重はわずか8gほどしかない。寿命は2〜3年。

余談

千葉県北西部を中心とする関東地方の一部地域には過眼線が薄いシマエナガ(の夏毛)に似たエナガが出現することが古くから知られ、古くはドロエナガなどと呼ばれていたが、最近はシマエナガにあやかってチバエナガと呼ばれるようになった。


北海道を舞台にした漫画『ゴールデンカムイ』に登場し、愛くるしい姿で主人公と仲も良くて読者人気も高かったが、最はその主人公の糧にされていった

関連タグ

鳥類 小鳥 エナガ

雪玉 雪見だいふく 雪ん子 雪の精 天使 綿毛 冬の風物詩

かわいい 邪エナガさん アザトサノカタマリ

雪のようせいシマエナガちゃん シマエナガちゃん


北落師門(アリス・ギア・アイギス)アニメ版オリジナルキャラクターとして登場したシマエナガ。愛称はシモンちゃん。余談だが、上記ゴールデンカムイの4期(シマエナガ回のある23巻前後の話を含む)は制作上の都合により後半部が同作と同じ2023年春クールに放映され、危うくバッティングする可能性があったが、話数の都合などからシマエナガエピソードがカットされたため、みんなのトラウマとして結びつくことは無かった。ちなみに熊を威嚇してビビらせるほどのオーラを隠し持っているので、食べるのは無理だと思います。

外部リンク

関連記事

親記事

エナガ えなが

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4973590

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました