ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
野田サトルの漫画「ゴールデンカムイ」の主人公。

『俺は不死身の杉元だ‼』

CV:小林親弘

演者:山﨑賢人

概要

本作の主人公。年齢は20代前半。元陸軍軍人で、日露戦争では普通ならば助からないような傷でも持ち直し、その鬼神のごとき活躍から不死身の杉元の異名で呼ばれていた。作中でも戦闘時に度々『俺は不死身の杉元だ‼』と己を鼓舞する場面が見られる。


戦死した親友・剣持寅次の妻で、かつて相思相愛の仲であった剣持梅子の眼病をアメリカで治療するため、一攫千金を目指して北海道へ砂金採りに赴く。そこでアイヌの埋蔵金の噂を耳にしてからは、現地で出会った少女アシㇼパと共に入れ墨の脱獄囚を追うことになる。


人物

神奈川県出身、誕生日は3月1日。実は家族を全て結核で亡くし、家も自らの手で焼き払って故郷を捨てた天涯孤独の身である。

除隊後も軍帽と軍服姿に三十年式歩兵銃を携帯し、マフラーを巻いているのが特徴(マフラーの色は原作と実写版はベージュ地に焦茶色のラインが入っているが、アニメ版では黄色地に赤ラインという配色になっている)。

特に軍帽がトレードマークであり、入浴や入院においても滅多に軍帽を取らない(礼を必要とすると当人が判断した場面では取ることもある。なお、実写版での公衆浴場のシーンではさすがに違和感があったとのことなので、映画制作側が作者に確認・了承を得た上で帽子を被っていない)。

しかしながらこの軍帽は自身のものではなく、ある人物から受け取った品である。


また、白石には「もともとモテそうな顔」と評され、替え玉として出たお見合いでは面食いを自認するお嬢様を本気で惚れさせるなど、かなりの美形であることが窺える。ちなみにこの一件の時には鶴見中尉達、さらに戦争中には谷垣源次郎と本編開始以前から後の第七師団と出会っていたのだが、お互いそれには気づいていない模様。


性格

基本的に温厚で義理堅く人情に厚い性格で、子供やお年寄りを大切にする好青年。好奇心旺盛かつ天然気味なところもあり、可愛いものや癒されるものが好きなど、ヒロインであるアシㇼパを差し置いて乙女な一面を見せている。

なお、ヴァシリとの邂逅の際に絵を描くのがあまり得意ではないことが露呈し、読者の笑いを誘っていた。


結核によって故郷で村八分の迫害を受けた過去があるため、差別や迫害を憎む。反対に人から拒絶されてきた経験からか、個人の信念や生きる意志を尊重する節があり、アイヌの人達や彼らの文化にも好意的に接する。

特にアシㇼパに対してはサバイバル知識を持つ相棒として常に「さん」を付けて呼び、金塊を求めての共闘、彼女の父親との再会の旅を経て、次第にアシㇼパの将来を本気で案じるようになっている。果ては独自の理屈で襲い掛かってきた殺人鬼辺見和雄にも理解を示したり、姉畑支遁狂行に素直に感動したりとある意味では独特の倫理観を見せる。

しかし軍人が掲げる大義などにはあまり理解を示さず、鶴見中尉の野望を「付き合ってられん」と一蹴した。

そんな「やさしい」性格を有する一方で、「殺されるくらいなら躊躇せず殺す」ことが戦争で学んだ死なない方法と語っており、相手を「敵」や「アシㇼパに危険を及ぼす存在」だと認識すると、瞬時にスイッチが切り替わりキリングマシーンと化す。

人を殺し過ぎたためか血や殺気の匂いが染み付いており、辺見和雄に「僕と同じ人殺しの匂い」と言われ、ほとんど目が見えなくなった梅子からその匂いのため杉元と認識されず拒絶されるほど。いざとなれば他者の殺害を一切躊躇しない姿は白石由竹をして「コイツが一番おっかねえ」と言わしめている。


この姿勢は「悪人(ロシア人や脱獄囚達)は善人と違って心が欠けているから、死んでも苦しむ事はない」という自己暗示によって、自分を壊して「別の人間になって」戦っていることに由来する。

一方で、殺した人を覚えておくことを己の償いとしており、その責任を重く受け止め続けているという自己矛盾を抱えており、故郷や家族といった帰る場所を失っていることも相まって、戦争を終えても元の人間に戻れなくなった「心がずっと戦場にいる人間」を体現してしまっている。


当初は生食の多いアイヌの食文化に及び腰だったが、徐々に慣れた。好物欄に「干し柿」(北海道では実らないため、これを食せるのは彼がこの冒険から生還できた時である)に加え、6巻からは「塩をかけた脳」も追加された…が、食べる時は目が死んでいるウサギの目玉を差し出された時は「イーッ」「いいのぉ? いいのぉぉ?」、毒矢で獲ったカワウソが生食出来ないと聞いた時は「生で食べちゃだめえぇ?」と奇声を上げて読者の笑いを誘った。真面目な食文化描写においてはかなり饒舌になる。

アシㇼパへは手持ちの味噌を分け与えたが、おおよそ食事時に不適切な名称を連呼されることとなったのは余談である。


戦闘能力

鬼神と呼んでも差し支えないほどの凄まじい戦闘力の持ち主。一個分隊並みの人数もほぼ一人で殲滅してしまうなど、ワンマンアーミーを地で行く存在である。

作中でも自らを「俺は不死身の杉元だ」と鼓舞し、負傷しても戦意が一切衰えない。除隊後も、陸軍の制式装備である三十年式歩兵銃銃剣二十六年式拳銃で武装しており、飯盒など武器以外の装備品もそのまま携行している。


攻撃に転じる際は一切の容赦がなく、仕留め損ねても体力にものを言わせて相手を追い詰める。銃撃戦、白兵戦共に多人数の敵を相手に一切怯まず、天才柔道家である牛山辰馬にも「こんなに強いやつは初めてだぜ」と太鼓判を押されるなど、とりわけ近接戦闘能力は抜きん出ている。

そして何より特筆すべきが異名通りの常人離れしたタフネス・回復力であり、銃で撃たれても、剣で刺されても、何事もなかったかのように短期間で完治している。それどころか頭を狙撃されて脳の一部が飛散しても一ヶ月足らずで復活を果たしている。


ただ、射撃には苦手意識があるらしく、作中でも射撃を外す場面が頻繁にある(アシㇼパに「杉元は銃が苦手だ」と言われても反論していない)。銃を使って戦闘する際も射撃よりは銃剣や銃床での攻撃を好んで用いている。

また、銃の取り扱いを間違えて(薬室に水が充満したまま発砲して)壊してしまったこともあり、尾形百之助に「軍で何を習っていたんだ」と嫌味を言われていた。


余談

名前の由来は作者・野田サトルの曽祖父「杉本佐一」氏から。実際に第七師団歩兵27連隊乗馬隊に所属し、日露戦争に出征したらしい。実在の人物へのリスペクトが多々ある今作において、身体能力などは舩坂弘(剣道・柔道など武道に秀で、全身に重傷を負いながら戦闘を敢行。傷の回復も異常に早かった)を彷彿とさせる。


実写映画で杉元を演じた山﨑氏は、役作りのために10kg増量かつ武道などを学んで撮影に臨んでおり、実写版キャストが発表された際に原作ファンから「大丈夫なのか?」と不安視されていたのが、映画公開とともに高評価を得るに至っている(実際、公衆浴場のシーンでは見事な肉体美を披露している)。


関連イラスト


関連タグ

ゴールデンカムイ 漫画 軍人

傷痕 スカーフェイス

『俺は不死身の杉元だ‼』

CV:小林親弘

演者:山﨑賢人

概要

本作の主人公。年齢は20代前半。元陸軍軍人で、日露戦争では普通ならば助からないような傷でも持ち直し、その鬼神のごとき活躍から不死身の杉元の異名で呼ばれていた。作中でも戦闘時に度々『俺は不死身の杉元だ‼』と己を鼓舞する場面が見られる。


戦死した親友・剣持寅次の妻で、かつて相思相愛の仲であった剣持梅子の眼病をアメリカで治療するため、一攫千金を目指して北海道へ砂金採りに赴く。そこでアイヌの埋蔵金の噂を耳にしてからは、現地で出会った少女アシㇼパと共に入れ墨の脱獄囚を追うことになる。


人物

神奈川県出身、誕生日は3月1日。実は家族を全て結核で亡くし、家も自らの手で焼き払って故郷を捨てた天涯孤独の身である。

除隊後も軍帽と軍服姿に三十年式歩兵銃を携帯し、マフラーを巻いているのが特徴(マフラーの色は原作と実写版はベージュ地に焦茶色のラインが入っているが、アニメ版では黄色地に赤ラインという配色になっている)。

特に軍帽がトレードマークであり、入浴や入院においても滅多に軍帽を取らない(礼を必要とすると当人が判断した場面では取ることもある。なお、実写版での公衆浴場のシーンではさすがに違和感があったとのことなので、映画制作側が作者に確認・了承を得た上で帽子を被っていない)。

しかしながらこの軍帽は自身のものではなく、ある人物から受け取った品である。


また、白石には「もともとモテそうな顔」と評され、替え玉として出たお見合いでは面食いを自認するお嬢様を本気で惚れさせるなど、かなりの美形であることが窺える。ちなみにこの一件の時には鶴見中尉達、さらに戦争中には谷垣源次郎と本編開始以前から後の第七師団と出会っていたのだが、お互いそれには気づいていない模様。


性格

基本的に温厚で義理堅く人情に厚い性格で、子供やお年寄りを大切にする好青年。好奇心旺盛かつ天然気味なところもあり、可愛いものや癒されるものが好きなど、ヒロインであるアシㇼパを差し置いて乙女な一面を見せている。

なお、ヴァシリとの邂逅の際に絵を描くのがあまり得意ではないことが露呈し、読者の笑いを誘っていた。


結核によって故郷で村八分の迫害を受けた過去があるため、差別や迫害を憎む。反対に人から拒絶されてきた経験からか、個人の信念や生きる意志を尊重する節があり、アイヌの人達や彼らの文化にも好意的に接する。

特にアシㇼパに対してはサバイバル知識を持つ相棒として常に「さん」を付けて呼び、金塊を求めての共闘、彼女の父親との再会の旅を経て、次第にアシㇼパの将来を本気で案じるようになっている。果ては独自の理屈で襲い掛かってきた殺人鬼辺見和雄にも理解を示したり、姉畑支遁狂行に素直に感動したりとある意味では独特の倫理観を見せる。

しかし軍人が掲げる大義などにはあまり理解を示さず、鶴見中尉の野望を「付き合ってられん」と一蹴した。

そんな「やさしい」性格を有する一方で、「殺されるくらいなら躊躇せず殺す」ことが戦争で学んだ死なない方法と語っており、相手を「敵」や「アシㇼパに危険を及ぼす存在」だと認識すると、瞬時にスイッチが切り替わりキリングマシーンと化す。

人を殺し過ぎたためか血や殺気の匂いが染み付いており、辺見和雄に「僕と同じ人殺しの匂い」と言われ、ほとんど目が見えなくなった梅子からその匂いのため杉元と認識されず拒絶されるほど。いざとなれば他者の殺害を一切躊躇しない姿は白石由竹をして「コイツが一番おっかねえ」と言わしめている。


この姿勢は「悪人(ロシア人や脱獄囚達)は善人と違って心が欠けているから、死んでも苦しむ事はない」という自己暗示によって、自分を壊して「別の人間になって」戦っていることに由来する。

一方で、殺した人を覚えておくことを己の償いとしており、その責任を重く受け止め続けているという自己矛盾を抱えており、故郷や家族といった帰る場所を失っていることも相まって、戦争を終えても元の人間に戻れなくなった「心がずっと戦場にいる人間」を体現してしまっている。


当初は生食の多いアイヌの食文化に及び腰だったが、徐々に慣れた。好物欄に「干し柿」(北海道では実らないため、これを食せるのは彼がこの冒険から生還できた時である)に加え、6巻からは「塩をかけた脳」も追加された…が、食べる時は目が死んでいるウサギの目玉を差し出された時は「イーッ」「いいのぉ? いいのぉぉ?」、毒矢で獲ったカワウソが生食出来ないと聞いた時は「生で食べちゃだめえぇ?」と奇声を上げて読者の笑いを誘った。真面目な食文化描写においてはかなり饒舌になる。

アシㇼパへは手持ちの味噌を分け与えたが、おおよそ食事時に不適切な名称を連呼されることとなったのは余談である。


戦闘能力

鬼神と呼んでも差し支えないほどの凄まじい戦闘力の持ち主。一個分隊並みの人数もほぼ一人で殲滅してしまうなど、ワンマンアーミーを地で行く存在である。

作中でも自らを「俺は不死身の杉元だ」と鼓舞し、負傷しても戦意が一切衰えない。除隊後も、陸軍の制式装備である三十年式歩兵銃銃剣二十六年式拳銃で武装しており、飯盒など武器以外の装備品もそのまま携行している。


攻撃に転じる際は一切の容赦がなく、仕留め損ねても体力にものを言わせて相手を追い詰める。銃撃戦、白兵戦共に多人数の敵を相手に一切怯まず、天才柔道家である牛山辰馬にも「こんなに強いやつは初めてだぜ」と太鼓判を押されるなど、とりわけ近接戦闘能力は抜きん出ている。

そして何より特筆すべきが異名通りの常人離れしたタフネス・回復力であり、銃で撃たれても、剣で刺されても、何事もなかったかのように短期間で完治している。それどころか頭を狙撃されて脳の一部が飛散しても一ヶ月足らずで復活を果たしている。


ただ、射撃には苦手意識があるらしく、作中でも射撃を外す場面が頻繁にある(アシㇼパに「杉元は銃が苦手だ」と言われても反論していない)。銃を使って戦闘する際も射撃よりは銃剣や銃床での攻撃を好んで用いている。

また、銃の取り扱いを間違えて(薬室に水が充満したまま発砲して)壊してしまったこともあり、尾形百之助に「軍で何を習っていたんだ」と嫌味を言われていた。


余談

名前の由来は作者・野田サトルの曽祖父「杉本佐一」氏から。実際に第七師団歩兵27連隊乗馬隊に所属し、日露戦争に出征したらしい。実在の人物へのリスペクトが多々ある今作において、身体能力などは舩坂弘(剣道・柔道など武道に秀で、全身に重傷を負いながら戦闘を敢行。傷の回復も異常に早かった)を彷彿とさせる。


実写映画で杉元を演じた山﨑氏は、役作りのために10kg増量かつ武道などを学んで撮影に臨んでおり、実写版キャストが発表された際に原作ファンから「大丈夫なのか?」と不安視されていたのが、映画公開とともに高評価を得るに至っている(実際、公衆浴場のシーンでは見事な肉体美を披露している)。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 未来から来た呪術師は刺青の皮を集めたい

    形に残るもの

    都丹庵士のお話です。 ・いいね、ブックマーク、コメントありがとうございます!嬉しいです。
  • ゴールデンカムイ腐向け

    金色前世 5

    白石受本booth通販始めました→https://5296mithu5296.booth.pm/ 金色前世も書き下ろし付きのものが在庫ございます。 金カム 杉白 転生現パロ第五話 第一話はこちら→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10019702 第二話(R18)はこちら→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10041963 第三話→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10102792 第四話→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10111358 ----- 遂に、本当は前世の記憶が無いことを杉元に知られてしまった白石。 白石は「杉元が自分に未練を残さないように」と嘘を吐いて杉元の前から姿を消す。 向かった先は、杉元同様前世の記憶を持っているあの男の家だった。
  • 遠逝

    第三十話 チタタプ

    ここから杉元・アシリパ・牛山・尾形と行動を共にします。
  • ヴァシリ中心(原作軸メイン)

    完璧な毛皮

    追記(2023/07/23)終盤、食事の話に加筆。その他、修正を少し。  シマエナガの後くらいで、4人みんなでヒグマ猟に行く話。ギャグ有。アクションシーン有。久しぶりに格好いいヴァシリ(頭巾ちゃん)も少し。杉リパ要素有。  金カムといえばヒグマ! ヒグマといえば金カム! せっかく金カムの二次創作するのだから一度はヒグマを……! と謎の使命感に燃えて書きました。もっと恐ろしいヒグマが書けたらなぁと思いつつ。ヴァシリを活躍させたい! と頑張ったのですが、狙撃手成分が足りません……。なので狙撃手なヴァシリはまた次の話で。  少々、拙作『戦場の亡霊は再び……』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=17714028)と『画帳になった贈り物』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=17878504)に関連する部分がありますが、読んでなくても大丈夫なように書いたつもりです。  拳銃の話を引っ張りましたが、何故ヴァシリがサブウェポンに拳銃を選んでいるのかという話を書きたかったのです。つまり、本題は狙撃銃の話。ということで、尾形とヴァシリ比較。  尾形は、三十年式を使ったり、三八式を使ったり、国境でベルダンM1870を使ったり、転がっている宇佐美の銃を拾って使用している描写がありますので、“弘法筆を選ばず”なタイプに見えます。  対して、ヴァシリは、狙撃性能の良いモシン・ナガンを選んで持っている説を推したい(第二次世界大戦頃まで、狙撃手は通常の歩兵が装備するものと同じ種類の小銃の中から、性能の良いものを選んで装備することが多かったらしいです。同じ種類の小銃でも、一つ一つ性能にバラツキがありますので)。拳銃の装備含め、203話で、杉元にボコボコにされそうにな……いや、杉元との戦い方を見て、小銃を相当大切に使ってそうだなと思ったので。そこら辺、こだわりというか繊細というか。  普通に考えれば、モシン・ナガンM1981は銃身が長く、狭い場所では取り回しが悪いので、拳銃を装備してる説が有力だと思いますが、そこはファンの妄想ということで。 cf. 2000年代以降の戦争では市街戦が多くなり、狙撃手が積極的に拳銃を携帯・使用するようになった(但し拳銃の訓練は必須)らしいです。  ヴァシリ好きが高じて狙撃手関連の本を手に取ったのですが、“動く標的を撃つのは本当に難しい。俺が初めて外したのはほんの500m先の走ってる標的だった”的なことが書いてあって。原作を思い返してみると、ヴァシリの場合、動いてる標的ばっかり撃ってるなと。国境→ソリが走っている。樺太脱出→連絡船が波で揺れている。VS房太郎→外輪式蒸気船も小舟も波に揺れながら動いている。なのでヴァシリは地味に滅茶苦茶むずかしい狙撃をしていたようです。 <参考> 住まう | アイヌ民族~歴史と文化 | 文化・歴史 | アイヌ文化を学ぶ | 公益財団法人アイヌ民族文化財団 - https://www.ff-ainu.or.jp/web/learn/culture/together/details/post_17.html [PDF]アイヌ文化生活再現マニュアル|編む【ゴザ】|公益財団法人アイヌ民族文化財団 - https://www.ff-ainu.or.jp/manual/files/2006_13.pdf [PDF]アイヌ文化生活再現マニュアル|建てる【祖先の時代のチセづくり】|公益財団法人アイヌ民族文化財団 - https://www.ff-ainu.or.jp/manual/files/2006_13.pdf [PDF]第8巻「民具」北海道立アイヌ民族文化研究センター発行アイヌ文化紹介小冊子 - https://ainu-center.hm.pref.hokkaido.lg.jp/HacrcHpImage/05/pdf/05_005_08.pdf 登山中に熊と遭遇する確率を避けるための、覚えておきたい熊の鳴き声と警戒音【ツキノワグマ・ヒグマ】 - https://blog.outdoor-coffee.com/?p=8690 ヒグマの体の秘密(2月8日・9日実施) | のぼりべつクマ牧場 公式サイト - https://bearpark.jp/lecture/7051/ 浜松市動物園公式サイト/【クマたちの毛】くらべてみました - https://www.hamazoo.net/breeder_log.php?eid=01855 野生のヒグマの恐ろしさ 熊 - https://youtu.be/gyc_PGlPCPc バットの森づくり - 水産林務部森林環境局森林活用課 - https://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/homepage/midori/midori-homepage/batnomorizukuritop.html ジビエグルメ漫画『ゴールデンカムイ』でお馴染みのリス肉を食べてみた - デイリーニュースオンライン - https://dailynewsonline.jp/article/968795/ オハウにチタタプ!アイヌ料理を学んでみたら、寒い冬が怖くなくなった!|和樂web 日本文化の入り口マガジン - https://intojapanwaraku.com/gourmet/47556/ wikipedia - チセ, チシマザサ
    18,339文字pixiv小説作品
  • Office Bce

    2人(+1)の夜、的な?

    いろいろ適当だよ。自己責任でお願いするよ。
  • 再会

    再会(2)

    完結してない作品や人物は捏造し放題で楽しいです。 ※これを書いた時点では、まだ杉元の出身が所属部隊から言って関東のどこか、ぐらいにしかわからず、勝手に東京の多摩地方にしました。ファンブック出たら神奈川だったわ・・・💦
  • 争奪戦終了後の杉リパ

    霊木

    愛が重い杉元のお話。 弊社の杉元氏は愛が重い蠍座の月なので若干過保護で湿っぽいです。→語り散らしたやつ(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18179076) 死んだ家族が柿の木を目印に帰ってくるという話は長野に実際にあるようです。 嫁入りの時に柿の苗木を持ってって、自分が荼毘に臥される時の薪にするとか、柿の木は霊木だとか(だから伐ると祟られるとか)言われるそうで。 ゴールデンカムイっぽくないけどたまにはこんなのも。
    10,928文字pixiv小説作品
  • 金カ夢 短編集

    私の平常心

    夢主が図書室で居眠りをしていて家に帰ろうとすると、突然の大雨がそこにクラスメイトの杉元くんが……。
  • 金カ夢 短編集

    見ぬふり感情大事にせよ

    セフレだと思っていたスレ違いハピエン
  • #sgo1000文字のまとめ

    甘いカフェラテ

    お題:終電/始発 DD杉元とリーマン尾形の始まりみたいな場面。 DD杉元はソフレでバイトしてますが、いいお店?なので恋バナしたり、添い寝するだけ。
  • その文字は未来へ届く/ ほか杉リパSSまとめ

    ツイッターにて投稿した杉リパの短い話(SS)の詰め合わせです。全部で14本。 一部作品は 金カム版ワンドロワンライ に参加したものを推敲したSSです。 SSによってシリアスだったり甘々だったり幸せお花畑だったりちょいエロだったり、ごちゃまぜです。 作中時代から数年後までの時間軸です。後半は樺太編なので、単行本未収録の小ネタが含まれていたりします(核心をつくネタバレは含みません)。 1ページ目に目次を、最終ページにあとがきを入れています。 ※2022.7.9 一部作品を修正しました。詳細はあとがきに追記しています。
    24,926文字pixiv小説作品
  • 後方彼氏面メンチカツ

    「杉元には自慢のオソマがあるからな!」 「大きな声で言わないで!?」 メン地下アイドルの男夢主とそのファンをやってる杉元の話です。恋愛感情があるか微妙なラインですが一応BL夢のタグをつけています。杉元→男夢主の一方的な認知からの相互認知に繋がります。 ⚠男夢主です。 ⚠アシリパさんが杉元と一緒に現場に来てくれる仲間として登場します。 ⚠ネームレス夢です。
  • 尾形歯科医院

    転機2

    尾形歯科医院の尾形先生(38)と杉元佐一中3からの話です。ショタエロ要素はありません。杉元父が出てきます。 前回のものと一緒にすべき内容だったのでタイトルが同じになってます。構成クソですみません…
  • 【杉尾】きっと熱いくちびる【金カム】

    知ってる業界で書いたら楽なんじゃないかと宅配便の杉元を書きました。とはいえ部署や業務の描写は現実に準拠してるわけでもないので、ふんわりと読んでいただければ助かります。私にしたらハピエンです。死にそうでもないし今生の別れでもないし、ちゅーしたから課題はクリアです。宅配業務の描写ばっかり続いて退屈かもしれません。私は楽しかったです。続くかもしれません。 タイトルはWINKです。
  • 袖振り合うも他生の縁 下

    尾形と杉元(女子)が親子な転生現パロの続きです。許して・・・ 関係ありませんが、スキ/マスイ/ッチの『雫』聴きながら杉元とアシリパさんのことを考えたら泣きそうになるのでぜひお試しあれ・・・です。 十四巻しんどい・・・

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー