ピクシブ百科事典

杉元佐一

すぎもとさいち

漫画「ゴールデンカムイ」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

アニメCV:小林親弘

全身に傷跡のある元・陸軍軍人。軍帽と軍服姿で三十年式歩兵銃を携帯し、マフラーを巻いている。日露戦争では普通助からないような傷を受けても持ち直し、その鬼神のごとき活躍から不死身の杉元と呼ばれた。
本人いわく、気に入らない上官を半殺しにした為に軍人恩給の資格が消滅し満期除隊した。

関東出身で、家族を結核で亡くして天涯孤独の身。
戦死した親友・寅次の妻であり、かつては相思相愛の仲であった梅子の眼病をアメリカで治療する為、一攫千金を求め北海道へ砂金採りに行く。
偶然耳にしたアイヌの埋蔵金を巡り、アイヌの少女アシㇼパと共に、入れ墨脱獄囚を追う。

性格

温厚で義理人情に厚く子供やお年寄りを大切にする。弱い者に理解を示す姿勢からか、殺人鬼の辺見和雄、やくざの仲沢達弥、詐欺師の鈴川聖弘などにも「やさしい」と思わせる一幕がある。
しかし、日露戦争においては「悪人(ロシア人)は善人と違って心が欠けているから、死んでも苦しむ事はない」という自己暗示によって以前の自分を壊し、「別の人間」として容赦ない戦いをしてきたという過去がある。その為、いざ差し迫った状況になると敵を殺す事に一切の躊躇を見せないキリングマシーンとしての一面をのぞかせる。
「人を殺すと地獄に落ちる」と言われた時は「それなら俺は特等席だ」と笑みを浮かべていた。殺した人を覚えておくことを己の償いとしている。

アシㇼパを相棒として大切に思い、彼女の身に危険が及ぶ事があれば激昂する。
好奇心旺盛で抜けた所もある。可愛いものや癒されるものが好きで、ヒロインであるアシㇼパを差し置いて乙女チックなムードメイカーになることもしばしば。
何故か温泉においても軍帽をとる事がない。

戦闘能力

自らを「俺は不死身の杉元だ」と鼓舞し、負傷しても戦意の衰える事が無い。体力にものを言わせた泥臭い戦い方で相手を追い詰める。
銃撃戦、白兵戦共に多人数の敵を相手に一切ひるむ事をせず、天才柔道家である牛山辰馬に格闘戦で引けをとらないなど兵士の中でも特に強いと思われる。
異名通りに常人離れした回復力を持ち、大怪我を負っても短期間で完治している。

余談

名前は第七師団歩兵27連隊乗馬隊に所属し、日露戦争に出征した作者・野田サトルの曽祖父、杉本佐一から。

連載当初は生食の多いアイヌの食文化に及び腰だったが、徐々に慣れた。好物欄に「干し柿」に加え、6巻からは「塩をかけた脳」も追加された…が食べる時は目が死んでいる
ウサギの目玉を差し出された時は「イーッ」「いいのぉ? いいのぉぉ?」、毒矢で獲ったカワウソが生食出来ないと聞いた時は「生で食べちゃだめえぇ?」と奇声を上げて笑いを誘った。ちなみに猫舌。

関連タグ

ゴールデンカムイ 漫画 ヤングジャンプ 軍人

pixivに投稿された作品 pixivで「杉元佐一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1667953

コメント