ピクシブ百科事典

杉元佐一

すぎもとさいち

野田サトルの漫画「ゴールデンカムイ」の主人公。
目次[非表示]

『俺は不死身の杉元だ‼』

概要

ゴールデン


アニメCV:小林親弘

顔面をはじめ全身に傷跡のある元・陸軍軍人。除隊後も軍帽と軍服姿で三十年式歩兵銃を携帯し、マフラーを巻いている。日露戦争では普通助からないような傷を受けても持ち直し、その鬼神のごとき活躍から不死身の杉元と呼ばれた。本人いわく、気に入らない上官を半殺しにした為に軍人恩給の資格が消滅し満期除隊した。

関東地方出身(多摩地方の農村か?)で、家族を全て結核で亡くして天涯孤独の身。

戦死した親友・寅次の妻であり、かつては相思相愛の仲であった梅子の眼病をアメリカで治療する為、一攫千金を求め北海道へ砂金採りに行く。
偶然耳にしたアイヌの埋蔵金を巡り、アイヌの少女アシㇼパと共に、入れ墨脱獄囚を追う。
年齢は、アニメ化に向けての原作者とスタッフの打ち合わせにより、二十代前半と判明。

軍での所属は第一師団。階級は一等卒

性格

杉元佐一


普段は気さくで茶目っ気もある恥ずかしがり屋で、敵でない相手には温厚で義理人情に厚く、子供やお年寄りを大切にする。好奇心旺盛で抜けた所もあり、可愛いものや癒されるものが好きで、ヒロインであるアシㇼパを差し置いて乙女チックなムードメイカーになることもしばしば。
酒を飲むとおとなしくかつボケボケにもなる。

個人の信念や生きる意志を尊重する節があり、鹿を仕損じて無駄に苦しめたことに責任を感じるあまり最後の抵抗に気圧されたり、独自の理屈で襲い掛かってきた殺人鬼の辺見和雄に理解を示したり、あまつさえ姉畑支遁狂行に素直に感動したりとある意味では独特の倫理観の持ち主。
軍人が掲げる大義などにはあまり理解を示さず、確かな信念に基づく鶴見中尉の野望を「付き合ってられん」と一蹴している。

弱い者に理解を示す姿勢からか、殺人鬼の辺見和雄、やくざの仲沢達弥、詐欺師の鈴川聖弘などにも「やさしい」と思わせる一面がある。

しかし、日露戦争においては「悪人(ロシア人)は善人と違って心が欠けているから、死んでも苦しむ事はない」という自己暗示によって以前の自分を壊し「別の人間」として容赦のない戦いをしてきたという過去があり「人を殺すと地獄に落ちる」と言われた時は「それなら俺は特等席だ」と笑みを浮かべていた。
殺した人を覚えておくことを己の償いとしており、その責任を重く受け止めながらもいざとなれば他者の殺害を一切躊躇しないその姿勢は白石由竹をして「一番怖い」と言わしめている。

アシㇼパに対してはサバイバル知識を持つ相棒として常に「さん」を付けて呼ぶ。
次第に彼女の将来を本気で案じるようになり、彼女の身に危険が及ぶ事があれば激昂する。
その際、怒りの爆発までの「溜め」が全く存在せず、瞬時にスイッチが切り替わりキリングマシーンと化す。
裏には戦友を喪い、恋人の不幸に寄り添えず、ただ「見ているしかできなかった」無力感と、己への自己嫌悪がトリガーとなっている節がある。

物語途中から、何故か入浴時、入院時等においても軍帽をとる事がない仕様になった。(ただし、アイヌ集落を訪れた際等、礼を必要とすると当人が判断したとおぼしき場面ではちゃんと取る)

家族が結核にかかり、故郷で村八分の迫害を受け、故郷を捨てた過去があるため差別や迫害を憎む。
反対に人から拒絶されてきた経験から、他者からの無条件な施しになれておらず、アイヌを差別する和人を憎むアイヌがいるから自分がいればアシリパ達に迷惑がかからないかと心配したが、自分に憎しみを超えて興味を示し受け入れてくれるアイヌの人達に戸惑いを覚えた。
その後は、良い意味でも悪い意味でも、アイヌの人達を大切にするようになる。

実はPTSDを抱えており、戦争での心理的な後遺症に苦しんでいる

日露戦争で人を殺し過ぎたためか、戦争から帰ったあとも取れない血の匂いが染み付いている。故郷に戦争から帰った際に、ほとんど目が見えなくなった梅子からその匂いのため杉元と認識されず拒絶されており、その事がトラウマになっている。

戦闘能力

ゴールデンカムイまとめ1


鬼神と呼んでも差し支えないほどの、凄まじい戦闘力を誇る。一個小隊並みの人数もほぼ一人で殲滅してしまう等、まさにワンマンアーミー
自らを「俺は不死身の杉元だ」と鼓舞し、負傷しても戦意が一切衰えない。除隊後も、陸軍の制式装備である三十年式歩兵銃銃剣二十六年式拳銃を持っており、戦いに使用している。

攻撃に転じる際は一切の容赦がなく、仕留め損ねても体力にものを言わせて相手を追い詰める。
銃撃戦、白兵戦共に多人数の敵を相手に一切ひるむ事をせず、天才柔道家である牛山辰馬に格闘戦で引けをとらないなど兵士の中でも特に強いと思われる。
異名通りに常人離れした回復力を持ち、大怪我を負っても短期間で完治している。
悪運も強く、頭を狙撃されて脳の一部が飛散しても一ヶ月足らずで復活を果たす。

ただ、射撃は、そこまで下手ではないが少し苦手意識があるらしく、アシㇼパに「杉元は銃が苦手だ」と言われても反論しておらず、自覚しているフシがある。
また、銃の取り扱いを間違えて壊してしまったこともあり、尾形百之助に「軍で何を習っていたんだ」と嫌味を言われたことがある。

余談

名前は第七師団歩兵27連隊乗馬隊に所属し、日露戦争に出征した作者・野田サトルの曽祖父、杉本佐一から。
実在の人物へのリスペクトが多々ある今作において、スペックとしてのモデルは舩坂弘(異様に怪我からの回復が早かった)もあるかもしれない

連載当初は生食の多いアイヌの食文化に及び腰だったが、徐々に慣れた。好物欄に「干し柿」(北海道では実らないため、これを食せるのは彼がこの冒険から生還できた時である)に加え、6巻からは「塩をかけた脳」も追加された…が食べる時は目が死んでいる
ウサギの目玉を差し出された時は「イーッ」「いいのぉ? いいのぉぉ?」、毒矢で獲ったカワウソが生食出来ないと聞いた時は「生で食べちゃだめえぇ?」と奇声を上げて笑いを誘った。
一方、まじめな食文化描写においては優秀なグルメリポーターでもある。ちなみに猫舌。

白石から「もともとモテそうな顔」と言われたことがあり、戦争に行く前の顔立ちはかなりの美形に描かれている。

関連イラスト

【金カム】全巻かっちゃっいました
品那品那


不死身の杉元
視線の先には



関連タグ

ゴールデンカムイ 漫画 ヤングジャンプ 軍人 杉リパ

pixivに投稿された作品 pixivで「杉元佐一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13799156

コメント