2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

『俺は不死身の杉元だ‼』
CV:小林親弘

概要

本作の主人公。年齢は20代前半。元陸軍軍人で、日露戦争では普通ならば助からないような傷でも持ち直し、その鬼神のごとき活躍から不死身の杉元の異名で呼ばれていた。作中でも戦闘時に度々『俺は不死身の杉元だ‼』と己を鼓舞する場面が見られる。

戦死した親友・剣持寅次の妻で、かつて相思相愛の仲であった梅子の眼病をアメリカで治療するため、一攫千金を目指して北海道へ砂金採りに赴く。そこでアイヌの埋蔵金の噂を耳にしてからは、現地で出会った少女アシㇼパと共に入れ墨脱獄囚を追うことになる。

人物

神奈川県出身。実は家族を全て結核で亡くし、家も自らの手で焼き払って故郷を捨てた天涯孤独の身である。

スギモト


除隊後も軍帽と軍服姿に三十年式歩兵銃を携帯し、マフラーを巻いているのが特徴。
特に軍帽がトレードマークであり、入浴や入院においても滅多に軍帽を取らない(礼を必要とすると当人が判断した場面では取ることもある)。
しかしながらこの軍帽は自身のものではなく、ある人物から受け取った品である。

また、白石には「もともとモテそうな顔」と評され、替え玉として出たお見合いでは面食いを自認するお嬢様を本気で惚れさせるなど、かなりの美形であることが窺える。ちなみにこの一件の時には鶴見中尉達、さらに戦争中には谷垣と本編開始以前から後の第七師団と出会っていたのだが、お互いそれには気づいていない模様。

性格

基本的に温厚で義理堅く人情に厚い性格で、子供やお年寄りを大切にする好青年。好奇心旺盛かつ天然気味なところもあり、可愛いものや癒されるものが好きなど、ヒロインであるアシㇼパを差し置いて乙女な一面を見せている。

結核によって故郷で村八分の迫害を受けた過去があるため、差別や迫害を憎む。反対に人から拒絶されてきた経験からか、個人の信念や生きる意志を尊重する節があり、アイヌの人達や彼らの文化にも好意的に接する。

無題


特にアシㇼパに対してはサバイバル知識を持つ相棒として常に「さん」を付けて呼び、金塊を求めての共闘、彼女の父親との再会の旅を経て、次第にアシㇼパの将来を本気で案じるようになっている。果ては独自の理屈で襲い掛かってきた殺人鬼の辺見和雄にも理解を示したり、姉畑支遁狂行に素直に感動したりとある意味では独特の倫理観を見せる。
しかし軍人が掲げる大義などにはあまり理解を示さず、鶴見中尉の野望を「付き合ってられん」と一蹴した。

無題


そんな「やさしい」性格を有する一方で、「殺されるくらいなら躊躇せず殺す」ことが戦争で学んだ死なない方法と語っており、相手を「敵」や「アシㇼパに危険を及ぼす存在」だと認識すると、瞬時にスイッチが切り替わりキリングマシーンと化す。
人を殺し過ぎたためか血や殺気の匂いが染み付いており、辺見和雄に「僕と同じ人殺しの匂い」と言われ、ほとんど目が見えなくなった梅子からその匂いのため杉元と認識されず拒絶されるほど。いざとなれば他者の殺害を一切躊躇しない姿は白石由竹をして「コイツが一番おっかねえ」と言わしめている。

この姿勢は「悪人(ロシア人や脱獄囚達)は善人と違って心が欠けているから、死んでも苦しむ事はない」という自己暗示によって、自分を壊して「別の人間になって」戦っていることに由来する。
一方で、殺した人を覚えておくことを己の償いとしており、その責任を重く受け止め続けているという自己矛盾を抱えており、故郷や家族といった帰る場所を失っていることも相まって、戦争を終えても元の人間に戻れなくなった「心がずっと戦場にいる人間」を体現してしまっている。

当初は生食の多いアイヌの食文化に及び腰だったが、徐々に慣れた。好物欄に「干し柿」(北海道では実らないため、これを食せるのは彼がこの冒険から生還できた時である)に加え、6巻からは「塩をかけた脳」も追加された…が食べる時は目が死んでいるウサギの目玉を差し出された時は「イーッ」「いいのぉ? いいのぉぉ?」、毒矢で獲ったカワウソが生食出来ないと聞いた時は「生で食べちゃだめえぇ?」と奇声を上げて読者の笑いを誘った。真面目な食文化描写においてはかなり饒舌になる。
アシㇼパへは手持ちの味噌を分け与えたが、おおよそ食事時に不適切な名称を連呼されることとなったのは余談である。

戦闘能力

スチェンカ!!!
不死身の杉元


鬼神と呼んでも差し支えないほどの凄まじい戦闘力の持ち主。一個分隊並みの人数もほぼ一人で殲滅してしまうなど、ワンマンアーミーを地で行く存在である。
作中でも自らを「俺は不死身の杉元だ」と鼓舞し、負傷しても戦意が一切衰えない。除隊後も、陸軍の制式装備である三十年式歩兵銃銃剣二十六年式拳銃で武装しており、飯盒など武器以外の装備品もそのまま携行している。

攻撃に転じる際は一切の容赦がなく、仕留め損ねても体力にものを言わせて相手を追い詰める。銃撃戦、白兵戦共に多人数の敵を相手に一切怯まず、天才柔道家である牛山辰馬にも「こんなに強いやつは初めてだぜ」と太鼓判を押されるなど、とりわけ近接戦闘能力は抜きん出ている。
そして何より特筆すべきが異名通りの常人離れしたタフネス・回復力であり、銃で撃たれても、剣で刺されても、何事もなかったかのように短期間で完治している。それどころか頭を狙撃されて脳の一部が飛散しても一ヶ月足らずで復活を果たしている。

ただ、射撃には苦手意識があるらしく、作中でも射撃を外す場面が頻繁にある(アシㇼパに「杉元は銃が苦手だ」と言われても反論していない)。銃を使って戦闘する際も射撃よりは銃剣や銃床での攻撃を好んで用いている。
また、銃の取り扱いを間違えて(薬室に水が充満したまま発砲して)壊してしまったこともあり、尾形百之助に「軍で何を習っていたんだ」と嫌味を言われていた。

余談

名前の由来は作者・野田サトルの曽祖父「杉本佐一」氏から。実際に第七師団歩兵27連隊乗馬隊に所属し、日露戦争に出征したらしい。実在の人物へのリスペクトが多々ある今作において、身体能力などは舩坂弘(剣道・柔道など武道に秀で、全身に重傷を負いながら戦闘を敢行。傷の回復も異常に早かった)
を彷彿とさせる。

関連イラスト

ゴカムまとめ
不死身の杉元


センシティブな作品
金カムログ



関連タグ

ゴールデンカムイ 漫画 ヤングジャンプ 軍人

関連記事

親記事

ゴールデンカムイ ごーるでんかむい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81056276

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました