ピクシブ百科事典

キロランケ

きろらんけ

キロランケとは、漫画「ゴールデンカムイ」の登場人物である。
目次[非表示]

「俺は同じ国から来た人間として責任を感じる」
「最後まで見届けたい」

概要

CV:てらそままさき

樺太出身のアイヌアシㇼパの父・ウイルクと一緒に樺太から北海道に移住してきた為、アシㇼパとは家族ぐるみの付き合いである。濃いヒゲと樺太アイヌ独特の髪型がトレードマーク(ちなみにこのヒゲは剃ってもすぐに生えてくる模様)。
アシㇼパからは「キロランケニㇱパ」、白石からは「キロちゃん」と呼ばれる。

日露戦争帰りの元工兵であり、火薬の扱いに長けている。第七師団に所属していたが、鶴見中尉の部隊ではない。好物は魚。
小さい頃から馬に乗っていた為、競馬に出場する事になった際にも1位をとる程の馬術を持つ。それほどの馬好き故に馬肉は絶対に口にしない(知らずに口にした際は吐き出した)。

網走監獄から脱走した刺青の囚人の事を知っており、本人の意思もあって杉元佐一一派に加わる事になるが、一方でその言動には不審な点も少なくなく、謎の多い人物でもある。

既婚者であり、本人の好みであるぽっちゃり系の妻と二人の子供がいる。

作中での活躍

川でイトウを獲っていた所を、同じく魚を獲る為に川へやって来た杉元達と出会う。しかしそれは偶然ではなく、アシㇼパに「のっぺら坊が外の仲間の元に刺青の脱獄囚達を向かわせるための仕掛けとして、本来ウイルクしか知らないはずの彼女の和名『小蝶辺明日子』を囚人達に伝えていた」こと、つまり「のっぺら坊=ウイルク」であることを彼女に明かすためであった。

杉元一派に加わって以降は、手製の手榴弾や持ち前のアイヌの知識などを駆使し、何かと杉元達を援護している。
だが一方で、当初から頼もしくもきな臭い部分が見受けられ、杉元からはまだ何か秘密を隠しているのではないかと内心睨まれている。

後に杉元達と合流したインカラマッは、鶴見中尉から得た情報により「金塊強奪時にウイルクはキロランケによって殺されており、のっぺら坊は彼の仲間に過ぎない」と名指しで彼を裏切り者扱いしているが、一方の彼もそれを「(杉元一派内での)仲間割れを狙った鶴見中尉の策略に過ぎない」と一蹴しており、彼等は互いに不信感を抱えたまま網走監獄での決戦に赴くこととなった。

名前について

アイヌ語で「キロ=ちから」、「ランケ=下す」という意味で、キロランケとは「下半身が力強い」という意味となる。これはアイヌ語を監修している中川氏の命名。

関連タグ

ゴールデンカムイ
アイヌ


























※ここから先は14巻以降のネタバレを含みます























「何とかしないと・・・俺たちは大国に飲み込まれてしまう・・・・・・」

14巻以降ネタバレ

網走監獄でののっぺら坊を巡る戦いの最中、杉元に金塊の情報が渡るのを阻止すべく、密かに手を組んでいた尾形に合図してのっぺら坊(=ウイルク)を狙撃させ殺害。さらに、偶然その様を目撃し問い詰めようとしてきたインカラマッを偶発的にマキリ(小刀)で刺して重症を負わせる。

その後は尾形と共にアシㇼパと白石を伴って樺太へと渡り、アシㇼパの持つ金塊に繋がる記憶を呼び覚まし、また古い仲間と合流する為に行動を開始。
だが、アシㇼパを奪われた杉元、およびインカラマッを殺されかけた谷垣達の激しい怒りを買ったキロランケは、鶴見中尉と手を組んだ彼等の猛追を受けることとなるのだった。

※なお余談ではあるが、去る第81話にレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』をパロディしたコマ(杉元達が土方歳三一派との共闘を決め、共に食卓を囲むシーン)があったのだが、その際にキロランケの座る位置が原作作品におけるユダの位置と同じであったため、その時点で彼が後に杉元達を裏切ることを予測していた勘のいい読者も少なくなかった模様。

キロランケの正体

160話で驚愕の経歴が明かされた。
それは、かつてウイルクと共にロシア皇帝アレクサンドル2世を僅か十代半ばで爆殺したテロリスト。本名もユルバルスであり樺太アイヌの血も引くタタール人であることが判明。
帝政に反目するパルチザンの一派であり、革命派の英雄的存在。

皇帝暗殺事件の首謀者だったソフィア・ゴールデンハンドとは現在も密かに連絡を取り合っており、樺太のアレクサンドロフスクサハリンスキー(亜港)監獄に収監中の彼女およびその仲間達の脱獄を手引きし、アシㇼパを彼女に引き合わせるべく行動している。

現状、彼の真の目的については判然としないものの、金塊を各地の同志達の解放や軍資金に当てることは容易に察しが付く。
アシㇼパへの対応も、ウイルクの「山で潜伏し戦えるよう育てた」との言と、ウイルクがロシアで反勢力活動にかかわっていたことが示唆されているため、広告塔としての利用が懸念されている。

ちなみに「ユルバルス」とは、タタール人の名前で「」を意味する。

結末

※ここから先は19巻以降のネタバレを含みます












亜港監獄から助け出したソフィアと合流後、流氷を渡って大陸へ向かう途中、猛吹雪に見舞われたキロランケ一行は分断され、その隙を突いて尾形はアシㇼパを独自に連れ去ろうとする。
その混乱の最中、ついに杉元達一行が彼を捕捉、怒りに燃える谷垣鯉登少尉との乱戦の末に倒れる(なおその際、彼に致命傷を負わせたのは、皮肉にもかつて自身がインカラマッに刺したマキリ(小刀)だった)。

死の直前、杉元と合流したアシㇼパと再会。彼女が金塊の謎を解くための失った記憶を無事取り戻せたことを知ると、樺太への旅が決して無駄ではなかったことを悟り、彼女にすべてを託して流氷原の上で息絶えた。

春が来たら




結局、キロランケがアシㇼパと共に果たそうとしていた最終目的が何なのか、彼の口から直接明確に語られることは最後まで無かった。
その真相を知っているのは、現状、猛吹雪の中ではぐれてしまったソフィアだけだと思われる。

関連記事

親記事

ゴールデンカムイ ごーるでんかむい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キロランケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5590291

コメント