ピクシブ百科事典

鯉登少尉

こいとしょうい

鯉登少尉とは、漫画「ゴールデンカムイ」の登場人物である。

概要

大日本帝国陸軍 第7師団 歩兵第27聯隊に所属する軍人。鶴見中尉の部下。階級は少尉。
長身で浅黒い肌、太い眉頭が特徴的な青年将校。
尾形百之助いわく「鶴見中尉お気に入りの薩摩隼人」
自顕流の使い手で、若いがかなり強い。
興奮すると早口の薩摩弁になり、何を言っているのかわからなくなる。

作中での活躍

杉元佐一が第7師団に捕らえられた白石由竹を奪還しに旭川の司令部に現れた際、犬童四郎助に扮した鈴川聖弘が偽物であることを見破り、射殺。杉元にも傷を負わせ、気球の上まで追跡して交戦。
脱走兵である尾形百之助を見て激高し、軍刀による攻撃で杉元を追い詰めるも、白石に蹴り落とされる。
森の木に引っかかり、懐中している鶴見中尉のブロマイドを見て「鶴見中尉どんにがられる(叱られる)……」と溜息をついた。

鶴見中尉から得ていた犬童四郎助の情報を的確に利用して偽物であることを看破する、気球上では銃が使えないため、銃を捨てて近くにいた兵卒の軍刀を奪う、気球を止めようと積み重なる他の兵たちの上を駆け上がって気球に乗り移るなど、判断力と行動力に優れる。

pixivに投稿された作品 pixivで「鯉登少尉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222168

コメント