ピクシブ百科事典

鯉登少尉

こいとしょうい

鯉登少尉とは、漫画「ゴールデンカムイ」の登場人物である。
目次[非表示]

「キエエエッ!!(猿叫)」

概要

CV:小西克幸
帝国陸軍北海道第七師団歩兵第27聯隊に所属する軍人。階級は少尉
鶴見中尉お気に入りの薩摩隼人。
鶴見中尉を異様なほどに崇拝しており、常に鶴見中尉のブロマイドを胸ポケットに忍ばせている。

自顕流の使い手。鶴見中尉の前など、興奮すると自顕流の猿叫を叫んだり、早口の薩摩弁になってしまうため何を言っているのかわからなくなる。その都度、補佐役の月島軍曹が通訳をやらされる羽目になる。

本名は鯉登音之進(コイト オトノシン)

人物

長身で浅黒い肌に端正な顔立ち、レ点のような太い眉頭が特徴。
父親は海軍大湊要港部の司令官である鯉登平二少将。

士官学校を卒業したエリートであり、文字通りいい所出のおぼっちゃん。それ故世間知らずで我が儘な一面がある。若さ故に経験不足も否めなく、鶴見中尉の叱責を受けることも。杉元とはソリが合わず同行中は度々歪み合っている。

だが、誘導尋問で鈴川聖弘の変装を看破するなど、鶴見中尉の部下だけあって有能である。
身体能力が極めて高く、特に脚力とバラン感覚に優れている。足場の悪い飛行船上で杉元を圧倒し、健脚で名を馳せる稲妻強盗を追い詰める活躍を見せた。曲馬団では天才的な軽業師の才能を発揮し、素人のはずが簡単に技を習得している。

作中での活躍

第七師団に捕らえられた白石由竹を奪還しに旭川の司令部に現れた犬童四郎助(に扮した鈴川聖弘)と部下に成りすました杉元の前に現れ、誘導尋問で二人を偽物と判断し銃撃。鈴川を射殺し杉元にも重傷を負わせる。
飛行船に乗って逃亡を図る杉元一行を追跡し、飛行船上で交戦。杉元を追い詰めるも、白石に蹴り落とされたことで取り逃がすことになる。

その後は旭川での任務を外れ、鶴見中尉の元で囚人狩りに加わることになり、小樽に現れた坂本慶一郎・蝮のお銀夫婦の打取りに貢献する。

網走監獄襲撃にも参加し、武装した看守、囚人たちと激戦を繰り広げるも生還する。
襲撃後は鶴見中尉と父親の命で杉元・谷垣・月島らと共に先遣隊として樺太へ渡ることになる。

樺太ではアシリパ奪還のためキロランケらを追う中で曲馬団のヤマダ一座の公演に参加。「曲馬団で杉元の名を宣伝し、アシリパへ伝える」計画の筈が、鯉登少尉の軽業師の才能が開化してしまい、杉元が霞む程の妙技を連発。山田座長からもスカウトの声をかけられるが、鶴見中尉を選んで速答で蹴っている。

余談

原作では早口な薩摩弁になると台詞が書きなぐったようなものになり、何を言っているかわからなくなるが、アニメでは字幕が付き内容がわかるようになった。
それによると、尾形からは影でボンボンの息子として馬鹿にされていたらしい。

関連イラスト

鯉登少尉
鯉登詰め


金カム
鯉登少尉



関連タグ

ゴールデンカムイ 第七師団(ゴールデンカムイ) 鹿児島弁

pixivに投稿された作品 pixivで「鯉登少尉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7098415

コメント