ピクシブ百科事典

第七師団(ゴールデンカムイ)

だいしちしだん

鶴見中尉率いる、日本軍の造反者による部隊。 第七師団とは呼ばれるものの、あくまで鶴見に賛同する『元第七師団の一部の造反者による部隊』であり、本来の第七師団とは異なる。
目次[非表示]

概要

鶴見中尉率いる、元第七師団の造反者たちである。100人ほどの人員が北海道各地に点在しており、装備は旭川からちょろまかしたらしい。
ゴールデンカムイ本編でレギュラー陣が追う金塊を軍資金とし、アメリカ人から武器を買い、本家第七師団を乗っ取り、本州に送る天然資源の通り道である主要な港町を制圧、最終的には北海道を手に入れるつもりである。
多くの団員が、鶴見に対し崇拝にも似た強い忠誠心を持っており、かつ個々人の能力が高いため、小人数ながらも非常に高い戦闘力を有する。

主なメンバー

※詳しくは各記事参照。

鶴見中尉


第七師団師団長。
特別なカリスマと話術で団員を心酔させている。
「いいぞぉ~」「よくやったぞ よくやった」

go!月島


日露戦争を共にした古参メンバー。鶴見一派唯一の常識人。
「なんなのだこれは…!」

力ムイログ2


日露戦争を共にした古参メンバー。とある事情(記事参照)で鶴見に拷問を受けるが現在も第七師団として活動している。
「ヤダーッ ヤダヤダヤダ」

薩摩隼人


鶴見中尉を崇拝している鶴見お気に入りの薩摩隼人。本人の前に立つと、緊張のあまり非常に早口の薩摩弁になり、鶴見に聞き取ってもらえない。
「キエエエエエエエッ!!(猿叫)」

【血有〼】どこですかぁ門倉部長〜?


鯉登と同じく鶴見中尉を崇拝しているひとり。鶴見の手配により網走監獄に潜伏していた。しかし失敗してしまい、鶴見に罰として顔に落書きをされるが本人はそれを気に入り入れ墨にした。
「ひゃあ~近い近い」

天才銃器開発者の陸軍中将。本来上官だが、鶴見に会いにわざわざ遠出するほど仲がいい。難聴の為、鶴見との会話はいつも大声。
「鶴見くん頭がどうかしておる(笑)」

たにがき


第七師団員として鶴見達と共に戦った。尾形上等兵を襲った犯人を捜して山に入ったはずだが…?
「勃起!」

尾形


父に自決した元第七師団長の花沢幸次郎中将を持ち、鶴見からも信頼されていたが…?
「たらしめが…」

金カムまとめ【第七・鶴江渡】


第七師団員ではないが、鶴見がたらしこんだ崇拝者の一人。天才的な剥製職人であり、ニセの入れ墨人皮づくりに一役買った。
「僕は鶴見さんのいうことしか聞きませんからッ」

関連イラスト

金カム
金カムログ4(111話以降の内容を含みます)


第七師団
きんかむ3



関連タグ

ゴールデンカムイ 軍隊 日露戦争

コメント