ピクシブ百科事典

江渡貝弥作

えどがいやさく

江渡貝弥作とは、漫画「ゴールデンカムイ」の登場人物である。
目次[非表示]

概要

剥製工房を営む若き職人。ファンからの愛称は鶴見中尉からの呼称にちなんだ江渡貝くぅぅん
人間の皮を用いた革細工制作を行う屈折しまくった性癖の持ち主で、劇中でも指折りの変態。
実の母親も含む 人間の剥製を複数体持っていた他、人間の皮をパーツとして用いた およそ常人には理解し難い奇天烈な衣装も作成している。
同好の士と認定した鶴見中尉を熱愛、崇拝している。

作中での活躍(ネタバレ注意)

消えた刺青を持つ囚人の死体の行方を探していた鶴見中尉が、彼が墓荒らししている現場を発見。後日探りを入れてみると、彼が人間の死体を用いて革細工制作を行う怪人であるという事が発覚した。

その腕を見込まれ鶴見中尉から刺青人皮の偽物製作を依頼され、6枚の偽物を完成させる。
その直後に尾形百之助の襲撃を受け、月島軍曹と共に逃走するも炭鉱事故に巻き込まれ命を落とした。
だが、その作品は月島軍曹を通じて鶴見中尉に受け渡され、刺青人皮争奪戦に大混乱を予感させる存在となった。

鶴見中尉から2枚の刺青人皮を預かっており、それを参考に偽物製作に着手したが、逃走時に一枚を取り残してしまい、土方歳三の手に渡る事となる。この一枚が本物か、あるいは偽物なのか土方達には判別がついていない。

関連タグ

ゴールデンカムイ

pixivに投稿された作品 pixivで「江渡貝弥作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109212

コメント