2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:畠中祐

概要

日本軍第七師団歩兵27聯隊の少尉。
日露戦争旅順攻囲戦において旗手を務め、戦死している。
元第七師団長である花沢幸次郎と妻・花沢ヒロの息子で、尾形百之助の腹違いの弟。
常に目元が影で隠された状態で描写されている。
本編開始前に亡くなっており、第三者からの回想でその姿を見ることが出来る。



※以降、単行本ネタバレを含みます※




人物

尾形の回想

「ひとりっ子育ちでずっと兄弟がほしかった」とのことで、生前は腹違いの兄である尾形を「兄様(あにさま)」と呼んで慕っていた。
勇作の役職である「旗手」の要件は眉目秀麗・成績優秀・品行方正というもので、作中の描写から彼もその通りの人物だったことが窺える(ちなみに弾除けの験担ぎとして童貞でもあった)。

旅順攻囲戦に出陣した時には戦場で味方を鼓舞する役割を全うしている。
敵兵をまだ一人も殺していないことを尾形に指摘され捕虜の殺害を要求されるが、「敵を殺さないことで偶像となり勇気を与えるのだ」との父・幸次郎の言い付けを守り要求を拒否。
勇作は最後まで尾形の善性を信じ(もしくは見抜いて)、「兄様はけしてそんな人じゃない きっと分かる日が来ます」「人を殺して罪悪感を微塵も感じない人間がこの世にいて良いはずがないのです」と吐露し、涙ながらに抱擁する。

その後、勇作は尾形に後頭部を撃ち抜かれ倒れることとなった。
本編では尾形は勇作とアシリパを重ね、幾度も勇作の幻覚を見ることとなる。

兄様



菊田の回想

宇佐美上等兵から尾形による勇作殺害を教えられた菊田特務曹長は「どうして殺した? 仲は良さそうだったのに」と廊下で尾形に近寄り話しかけている勇作を思い起こしている。

杉元の回想

生家を焼き払い故郷を離れた杉元佐一が東京へと移った際に、陸軍の候補生と喧嘩になった事から菊田軍曹に拾われる。
そこで、花沢夫人の計略で結婚させられそうになっていた花沢勇作の童貞を守る為、替え玉となって見合いを行う計画に加担する。
この花沢夫人によるお見合いは、夫・幸次郎が勇作を最も死亡率の高い聯隊旗手にしようとしていた事を阻む為のものであった。

家系に運命を左右される勇作を気にとめた杉元は、彼の真意を確かめるようとするも、本意を伝え終わらないうちに退散するはめになる(本誌掲載版では杉元が言葉足らずのまま終わり、単行本版では粗暴にも殴りかかって本音を確かめようとする暴挙にでた)。
勇作本人は「私が最前線で戦う兵士たちの心の『よすが』になれたら…」と述べた。
(なお士官学校で指導を行なっている菊田も心の「よすが」の必要性を語っている)
別の選択肢がある事を伝えられぬまま杉元は、戦場に倒れた勇作の亡骸を見る事となった。

310話

素顔が明らかとなった。
勇作の母・花沢ヒロから受け継いだと見られる眉、目鼻立ちをしており、父・幸次郎に似た兄とは対照的である。
彼の顔がこれまでの回想ではっきりしていなかったのは…

「『それ』と目を合わせないようにしてきた 向き合おうとして来なかった」
「罪悪感だ」


関連イラスト

聯隊旗手
「また会う日を楽しみに」


Blessed Brother.
罪悪感



関連タグ

ゴールデンカムイ 尾形百之助

関連記事

親記事

ゴールデンカムイ ごーるでんかむい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14623909

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました