ピクシブ百科事典

家永カノ

いえながかの

家永カノとは、漫画「ゴールデンカムイ」の登場人物である。正体はジジイ。
目次[非表示]

CV:大原さやか

キャラの特性上、この記事には大いにカニバリズム要素を含みます。

概要

殺人ホテルだよ全員集合!!
入れ墨を持つ脱獄囚の一人。第50話初登場。老夫婦に取りいり札幌世界ホテルを乗っ取って、まんまと女将になりすましていた。
一見すると艶っぽい美女だが、その正体は元医者の女装したジジイである。かつて同じ監獄にいた牛山辰馬が騙され熱烈な接吻をかまし、白石由竹も気づかずに告白するほどの化けっぷりである。
偶然ホテルに来た牛山の強い肉体を狙っていた。尚、白石には興味を示さず普通に殺そうとしている。
夜中に部屋に忍び込み、狙っていたアシリパの美しい目を舐めて杉元佐一にぶん殴られたことと白石の爆弾ドジから、殺人ホテルは崩壊へと進んだ。

同物同治

同物同治とは中国の薬膳の「体の不調な部分を治すには食材となる動物の同じ部位を食べるのがいい」という考え方である。家永はこの方法をもってあの美しい外見になりえたらしい。

「効果は抜群ですよお客様……」
同物同治の効果はさだかではないが、家永をみるに彼は大成功しているだろう。

家永は若さと美しさに異常な執着を見せ、より完璧になるために、殺人ホテルで狙った獲物を殺しては食べを繰り返していた。
自分の身体に足りないものを他人から奪い続けるためにホテルの改築を繰り返し、結果全体図の分からない構造となっている。
ちなみに監獄に収容される前にも、患者を何人も殺して血液を自分に輸血したり、体の一部を食べたりしていた。

崩壊が始まったホテルの瓦礫に押し潰された際
「若い頃は力強くて美しかった 他人から奪ってまで最高の自分にしがみついたの」
「あなたの完璧はいつだった?」
と牛山に彼の執着をもらしていた。この後牛山に力強く助け出される。

モデル

おそらくモデルはシリアルキラーのH・H・ホームズ
彼が建てた「the World's Fair Hotel」の構造が札幌世界ホテルに取り入れられている。
彼のホテルの設備の例の一部としては
・全室を行き来できる秘密の通路
・覗き穴とスライド式の隠し扉
・落とし穴が仕掛けられた部屋
・拷問や解剖道具完備の地下室
があった。

ただ、H・H・ホームズはあくまでホテルのモデルなので、食人についてのモデルは名前繋がりなどからアンドレイ・チカチーロ佐川一政が考えられる。

余談


十四巻ネタ注意

家永は頭を撃たれた杉元の脳の手術を成功させるほどの名医だった。(その際杉元の脳をつまみ食いした模様)趣味の拷問で何人もの頭開手術で培ったと言う。ちょっとずつ脳みそを切り取りまだ意識の残る本人の目の前で生姜醤油で焼いて食べたというなんとも悪趣味極まりない方法で拷問を行なっていた。

関連タグ

ゴールデンカムイ

pixivに投稿された作品 pixivで「家永カノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171843

コメント