ピクシブ百科事典

姉畑支遁

あねはたしとん

姉畑支遁とは、ゴールデンカムイ108話~113話に登場した、まごうことない変態である。
目次[非表示]

CV:堀秀行

概要

108話より登場した「刺青の脱獄囚」の一人。
動物を愛するあまり、手当たり次第家畜を襲ってウコチャヌプコロしたあげく殺害するという、完全な外道かつ変態学者
行為に及ぶ前は目を輝かせているが、及んだ後は自己嫌悪に陥りヤった相手を殺害する、ある意味かなり重度のサイコパス(相手はほぼ全て動物である。一度木の洞と相手したことも有るが…)。
投獄理由は恐らくは牧場で飼われていた家畜に手を出し、それを咎めた牧場主に大けがを負わせたことによる傷害罪。脱獄後に出会った谷垣源次郎から銃を奪い逃亡。その後鹿をウコチャヌプコロしたうえ殺害、谷垣は彼と間違われ地元のアイヌから追われる身となってしまった。

こんな変態でも作中のキーアイテムである刺青を背中に彫られている事と、谷垣のアイヌの誤解を解くために杉元一行は彼を追うはめに。

ある意味壮絶な最期(苦笑)

そんな彼の最終目標はヒグマ。北海道最強の猛獣であるが、そのヒグマのオソマまみれになってまで接近し、杉元一同の眼前でとうとう本懐を遂げてしまった
「やりやがった!!マジかよあの野郎ッ やりやがったッ!!」「姉畑支遁すげぇッ」
そして本懐を遂げそのまま腹上死してしまった。合掌。
なお、この信じられない光景を(経緯は省くが)脱走した谷垣を追って来た地元アイヌの人々も目撃したため、杉元一行の誤解は解けた。

余談

容姿・名前とも博物学者アーネスト・トンプソン・シートンが元ネタと思われる。彼に関しては他のキャラと違って殺人鬼とかではないのでモデルの遺族に訴えられないか不安である。加えて口調やヒグマに攻撃された際のリアクションは完全に畑正憲氏、つまりムツゴロウさんであり、こちらはばっちり御存命である。
110話のサブタイトルは、あろうことか支遁動物記。酷過ぎる。冒頭から下半身露出でエゾシカキツネを追い回すという筆舌に尽くしがたい蛮行を行っていた。

すごーい!彼は変態けものフレンズなんだね!

センシティブな作品


掲載当時はアニメ版『けものフレンズ』の放映中時期であり、何を考えたのか108話最終頁の煽り文が上記のようなものとなってしまい、極めて不名誉かつ非公式のコラボと化してしまった。
ちなみに当初原作者は意味が解らなかったそうである。

誰もが予想したアニメ版でのカット

アニメ化の際、誰もが「姉畑先生やるのか?」とか「どうせカットされるだろう」とざわつきが起きたが、親分と姫」と同じように姉畑先生のエピソードはカットされることが決まった。
尺的な都合なども絡んでカットされるエピソードもある本作だが、アニメ版の監督が自らカットされた理由のツイートをするくらい姉畑先生はいろんな意味でヤバかった模様(当たり前だ)。監督もそういうツイートをするほど姉畑支遁の人気の高さが窺い知れるということも考えれる。
一部のエピソードカットにファンの間では賛否はあったものの、姉畑エピソードに関しては「せやろな」とか「まぁ…いいか…」とか納得の意見が多かった模様。ただアニメ版声優陣の「ウコチャヌプコロ」や尾形の「男ってのは出すもん出すとそうなんのよ」などの名言が聞けなかったことを残念がるファンもいた模様。
しかしながら一部エピソードは単行本付属OVA化もしているため期待してもいいかもしれない…はず。と、思われていたが…2020年3月、まさかと言うべきか予想通りというべきか、コミックス23巻付属のDVDによるアニメ化が発表された。発売予定は2020年9月18日、期待して待たれよ。
期間限定で1話~100話+108話~115話が配信されている。読むしかねぇ。

関連タグ

ウコチャヌプコロ ゴールデンカムイ 変態 ヒグマ えぞちほー けだものフレンズ

外部リンク

ゴールデンカムイ|ヤンジャン!|週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ

関連記事

親記事

ゴールデンカムイ ごーるでんかむい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「姉畑支遁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 266129

コメント