2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「うん…好きで好きでたまらないんだ!」

概要

CV:堀秀行
108話より登場した「刺青の脱獄囚」の一人。
自称動物学者であり、北海道の自然や動植物をこよなく愛している。

…が、その愛とは性的な意味であり、手当たり次第に動物を襲ってウコチャヌㇷ゚コㇿしたあげく惨たらしく殺害するという救いようのない変態腐れ外道
行為に及ぶ前は目を輝かせているが、及んだ後は自己嫌悪に陥りヤった相手を殺害する、ある意味かなり重度のサイコパス
投獄理由は恐らくは牧場で飼われていた家畜に手を出し、それを咎めた牧場主に大ケガを負わせたことによる傷害罪。

こんな変態でも作中のキーアイテムである刺青を背中に彫られている事と、谷垣ニシパアイヌからの誤解を解くために杉元一行は彼を追うハメになる。

作中での活躍(?)

脱獄後に木の洞とウコチャヌㇷ゚コㇿし、嫌悪感から剣鉈で切り倒して燃やそうとしていたところを谷垣に声をかけられるが、キツツキの穴を見ていたとごまかす。
その後、ともに野宿した谷垣から銃を奪い逃亡。その後鹿をヤリ捨てて殺害、谷垣は彼と間違われ地元のアイヌから追われる身となってしまった。

ある意味壮絶な最期(笑)

そんな彼の最終目標はヒグマ。北海道最強の猛獣であるが、そのヒグマのオソマまみれになってまで接近し、杉元一同の眼前でとうとう本懐を遂げてしまった
「やりやがった!!マジかよあの野郎ッ やりやがったッ!!」「姉畑支遁すげぇッ」
そしてクマのケツにしがみついたまま腹上死。合掌。(この時極限状態による急速な死後硬直でたったまま死んでいた…)
なお、この信じられない光景を(経緯は省くが)脱走した谷垣を追って来た地元アイヌの人々も目撃したため、杉元一行の誤解は解けた。(また、感情をあまり出さない尾形でさえ姉畑の行為にドン引きしていた)

ちなみに、姉畑の最後の餌食になったヒグマは、ウコチャヌㇷ゚コㇿの直後にアシリパの毒矢で仕留められ、ヴェンカムイとなることなく、地元アイヌによって丁重にカムイモシリに送られた
そのはアイヌ伝統の汁物、「カムイオハウ」にされたが、あのアシリパや杉元もさすがに口にする気は起らなかったようである。

元ネタ

容姿・名前とも博物学者アーネスト・トンプソン・シートンが元ネタと思われる。彼に関しては他のキャラと違って殺人鬼とかではないのでモデルの遺族に訴えられないか不安である。加えて口調やヒグマに攻撃された際のリアクションは完全に畑正憲氏、つまりムツゴロウさんであり、こちらはばっちり御存命である。
110話のサブタイトルは、あろうことか支遁動物記。酷過ぎる。冒頭から下半身丸出しでエゾシカキツネイトウを追い回すという筆舌に尽くしがたい蛮行を行っていた。姉畑の最期を描いた113話もさよなら姉畑先生という飛ばしぶりである。

異次元の変態である彼だが、現実でも似たような変態は(残念ながら)存在していたようで、昭和31年6月の新聞夕刊に「動物園の象をウコチャヌㇷ゚コㇿしようとしたら猛反撃を食らい、全身を粉砕骨折して死んだ45歳の機械工具外交員」の記事が記載されている。
記事によるとこの人物は動物園の鶏、ヤギ、牛、ブタ相手にもやらかしており、何度も飼育員に通報されて警察の厄介になっている常習犯であったらしい。また写真によると眼鏡をかけていた模様。

→Togetterリンク

余談

すごーい!彼は変態けものフレンズなんだね!

センシティブな作品


掲載当時はアニメ版『けものフレンズ』の放映中時期であり、何を考えたのか108話最終頁の煽り文が上記のようなものとなってしまい、極めて不名誉かつ非公式のコラボと化してしまった。
ちなみに当初原作者は意味が解らなかったそうである。
本作のアイヌ語を監修している中川裕教授によるアイヌ文化の入門書『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』には、同書で名前の出てきた本作の登場人物の紹介もあるのだが、姉畑についてはただ一言「動物が大好き」。確かに解説のしようがない。

誰もが予想したアニメ版でのカット

アニメ化の際、誰もが「姉畑先生やるのか?」とか「どうせカットされるだろう」とざわつきが起きたが、親分と姫」と同じように姉畑先生のエピソードはカットされることが決まった。
尺的な都合なども絡んでカットされるエピソードもある本作だが、アニメ版の監督が自らカットされた理由のツイートをするくらい姉畑先生はいろんな意味でヤバかった模様(当たり前だ)。監督もそういうツイートをするほど姉畑支遁の人気の高さが窺い知れるということも考えれる。
一部のエピソードカットにファンの間では賛否はあったものの、姉畑エピソードに関しては「せやろな」とか「まぁ…いいか…」とか納得の意見が多かった模様。ただアニメ版声優陣の「ウコチャヌプコロ」や尾形の「男ってのは出すもん出すとそうなんのよ」などの名言が聞けなかったことを残念がるファンもいた模様。
しかしながら一部エピソードは単行本付属OVA化もしているため期待してもいいかもしれない…はず。と、思われていたが…2020年3月、まさかと言うべきか予想通りというべきか、コミックス23巻付属のDVDによるアニメ化が発表された。発売予定は2020年9月18日であった。

期間限定で1話~100話+108話~115話が配信されている。読むしかねぇ。
と言うか発売された。見ろ。

そして、無事特装版付属のOVAとして発売されたのだが、そのパッケージデザインがこれである
児童向け伝記漫画を彷彿とさせる色遣いとデザイン。タイトルの上下にはそれぞれ「学べるアニメ ゴールデンカムイ囚人伝」「命をかけて大自然に挑んだ男」というシリーズ名とサブタイトルらしきものが書かれている。
ご丁寧にも下部の帯を模した部分には、「自然を愛した刺青囚人 姉畑支遁の生涯」と書いてあり、笑顔の姉畑が写っている。
誰がここまでやれと言った

登場から4年、とあるゲームでまさかの話題に

2021年8月、ポケモンの新作「LEGENDSアルセウス」の情報が発表された。舞台は太古のシンオウ地方であるヒスイ地方。北海道がモデルとなっており、太古ということもあってアイヌやアイヌ神話をモチーフとしたものが作中での神話など様々な形で登場することも判明した。
そのアイヌ神話をモチーフとしたものの一つがポケモンと人間が結婚していたという、なんともロマンチックなものだった…

が。

これを知った一部の金カム民によって世にも最低な造語が作られてしまった。
そう、「ポケチャヌプコロ」である。
この単語のすさまじさは一気に広がり、その日のTwitterのトレンドに浮上し、同時に「ポケモンだいすきクラブのアネハタ」と姉畑まで話題に上がり、終いにはポケモンに欲情した過去を持つ一部の人が「姉畑予備軍」と呼ばれる始末になってしまった。

ゴールデンアルセウス4



関連タグ

ゴールデンカムイ
脱獄囚 眼鏡 ヒゲ
ウコチャヌプコロ 変態 特殊性癖 ヒグマ

えぞちほーけだものフレンズポケチャヌプコロ…他作品コラボタグ。高確率で姉畑絡みのネタが投稿される。

ウォーズマン(キン肉マン)、バーソロミュー・くま(ONEPIECE)…いずれも出版社と中の人が同じ、加えてそれぞれ「熊」由来の要素を持ち合わせていたりと妙に共通点が多い(前者は武器に「ベアークロー」という鉤爪を使用する)。ただし、コチラの二名は姉畑とは真逆の人格者である。また、堀氏はこれまで同社のアニメ作品でレギュラー格のクールな美形やシリアスな強キャラを数多く演じてきたこともあり、姉畑とのギャップに驚いたファンも多かった。

外部リンク

ゴールデンカムイ|ヤンジャン!|週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ

関連記事

親記事

脱獄囚(ゴールデンカムイ) にほんくっしのへんたいたち

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1272958

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました